相方が平日に休みだったので、普段列車を使っては行けないところへ行って山歩きをしてきました。
訪れたのは、冬はスキー客でにぎわうけど夏はひっそりとした、チロルのBerwang(ベルヴァング)という小さな村。
その村にあるHönig(ヘーニヒ)という山が、”Blumenberg(フラワーマウンテン=花山?)”とも呼ばれてるらしく、いろんな種類の花が咲くと聞いたてたので、その山を歩いてみることにしました。


歩いた日 2017年7月12日


このアウトバーン、週末はアウトバーンの終わり付近で必ず渋滞が発生するのですが、平日なのでガラガラです。
0_2017071706171129b.jpg
前方に、ドイツ最高峰のツークシュピッツェを見ながら走ります。


続きを読む

お天気がよくても時間がなかったり、時間があると雨や雷雨の予報が出てるお天気が続いたりでなかなか山にも行けてませんでしたが、数日前に久々に山歩きをしてきました。
その前に、何度か訪れたことがあり、周辺ではいろんな種類のお花が咲くことでも有名なアンデクス修道院周辺を散歩してきた時の様子をアップします。


歩いた日 2017年7月4日


アンデクス修道院(Kloster Andechs)です。ここに来たら修道院醸造のビールを飲むことを忘れてはいけません(笑)。
0_20170714062425bcb.jpg


続きを読む

この日は、Esterbergalm(エスターベルクアルム)というアルム小屋まで歩きたかったのですが、これだけだと駐車場(730m)からアルム小屋までは林道上だけを往復で楽しくないと思ったので、すぐ側にあって5月にも歩いたWank(1780m)の山頂までも歩こうと思いました。
でもそうなると、マウンテンバイクで周辺を走る相方にとって時間が長過ぎることになるので、Wankへはロープウェイで中間駅(1175m)まで移動して時短することにしました。


歩いた日 2017年6月26日


時間を気にしなくてよかったらこれには乗りたくなかったなあ・・・と思いつつ、中間駅までのチケットを買いました(^^;
0_2017070604524030c.jpg
山頂まで片道は14ユーロ、中間駅までは11ユーロでした。ちなみに山頂までの往復利用で21ユーロなので、中間駅までだけ片道利用するのはかなり割高でした(>_<)


続きを読む

今回は、Soiernhausゾイエルンハウス)という山小屋までの歩きです。カタカナ表記については、日本のGoogleサイトで出てくるとおりに表記しました。

私の山歩きの記事では時々、ルードヴィヒ2世の名前が出てきて、前回記事の最初の山小屋のところでもでてきましたが、今回の山小屋も彼関連の狩猟小屋です。
この山小屋は、ルードヴィヒの先祖から代々の建物ではなく彼自身が建設を命じた”狩猟小屋”とはなってるものの、ルードヴィヒ自身はここで狩りをすることはなく、静けさを楽しむためにやってきてたとありました。


歩いた日 2017年6月24日


スタートはKrün(クリュン)という村のイザール川(Isar)にかかるこの橋から。川の手前に駐車場(875m)があります。
0_2017062905180149e.jpg


続きを読む

典型的な尾根歩きができる、Herzogstand(ヘルツォークシュタント)とHeimgarten(ハイムガルテン)の二つの山の間の道はとても人気があります。人気がある理由のもう一つの理由は、ロープウェイで1600mの地点まで簡単に上まで行けることもありますが(^^;
今回は私もズルをして時短のため、上りだけロープウェイを利用しました。


歩いた日 2017年6月18日


電車でやってきました。降車駅はKochel am See(コッヘル・アム・ゼー)。
0_20170625185800b61.jpg
Kochelsee(コッヘル湖)という湖沿いにある駅です。


続きを読む