日本人に人気のチロルの観光地に、ツィラータール(タール=谷、渓谷)という渓谷がありますが、その中でも一番の人気はマイヤーホーフェンという村でしょう。
私もここに8年前の夏に一週間ほど滞在して、何箇所かで山歩きを楽しみましたので、今回は、その時のことを簡単に記録しておきたいと思います。




全て、ツィラータールカードという、現地のバスやロープウェイに有効なカードを利用して移動しました。

その1 Finkenberger Zirbenweg(Panoramaweg)  マイヤーホーフェンの村にあるPenkenbahnというロープウェイを利用、その後リフトに乗り換えて、そこから、Penken(2095m)までの30分ほどの簡単な山歩き。下りはFinkenberger AlmbahnというロープウェイでFinkenbergの村に下りました。

その2 Olpererhütte(2389m)  マイヤーホーフェンから、Schlegeisspeicherというダム湖までバスで移動、そこからの山歩きです。山小屋からはさらに先に進み、本来は別の山小屋方面へと周遊する予定でしたが、道がはっきりしない部分があったので引き返しました。

その3 Sundergrund(Grund=谷)  Zillergrund行きのバスに乗り、”Gasthaus in der Au ”というバス停で下車。そこからの谷歩き。

その4 Karl-von-Edel-Hütte(2238m) マイヤーホーフェンの村からAhornbahnというロープウェイに乗り、そこから山小屋へとその周辺の山歩き。

滞在日 2006年7月上旬



続きを読む