前回記事から続いてます。


宿に到着後、しばらくしてたら雨が止みました。夕食の時間まで2時間半ほどあったので、宿の方に、「近くを軽くお散歩したいのだけど」と言ったら、近くのコースを教えてくれました。
地図などは持ってませんでしたが、”散歩”だし、”とても簡単に歩ける”と言われたので、そのコースを歩くことに。

部屋からも見えてた、↓の青い矢印の部分、駐車場の『P』の看板がある所を右に曲がるように言われたのでそこからスタート。
q1_201507301721056e5.jpg


続きを読む

週末、イタリアは南チロルのアルペ・ディ・シウジ(独:サイサー・アルム)へ一人で行ってきました!たったの2泊の旅でしたが、一度行ってみたいなあと思ってたので、満足の2泊の旅となりました。
元々はオーストリアだったこの地、南チロルと呼ぶのはドイツ語圏の住民だけでしょうか。イタリアでは、この地を”チロル”と呼ぶことを禁じた時もあったようですね。
ドイツ語も普通に通じる土地なので、ドイツ語圏に住んでる私には旅はしやすかったです。

さて、私は公共の交通機関を利用して現地へ行ったのですが、ちょっとあれこれ分かりにくい部分もあったのと、ネットでの情報が古くて違う部分もあったので、記録のためにもまずは現地への行き方を今回はまとめておこうと思います。

旅した日 2015年7月23日~25日


ドイツからは列車で、まずはボルツァーノ(独:ボーツェン)へと走りました。こちらがボルツァーノ駅です。
q1_20150727020809f72.jpg


続きを読む

相方がマウンテンバイクで走るのに出かけるというので私も同行、でも時間が遅かったのと山歩きできる十分な時間もなかったので、私は周辺をちょっとだけ散策しました。そして相方が戻ってくるまでは車を停めたビアガーデンでのんびり待ってました。ビアガーデンで待つのを目的で同行したようなものです(笑)。

こちらがそのビアガーデンです。眺めがものすごくいいんですよ。 Kreut-Alm
q1_201507221951089b1.jpg
5月に行った屋外民族博物館はここから歩いて10分弱の場所にあります。




続きを読む

この日の予定は、ドイツ最高峰のツークシュピッツェへ行くことができる鉄道駅とケーブルカーの駅がある駐車場からチロル側へ歩き、Hochthörle Hütte(1479m)という山小屋へ歩く予定でした。
しかし、山小屋への登山道、林道ともに、その日は森林作業のために全面通行止めとなっており、急遽予定を変更せざるをえませんでした。
本格的な山歩きはしたくなかったので、どこか簡単に歩けるそうな所がないかを地図で確認、そこで目に留まったアルム小屋まで歩いてみることにしました。




・訪れたアルム小屋 【Neuneralm(ノイナーアルム) 910m】   Grainau(グライナウ)という村からだと約20分で行くことができるようです。食事も美味しかったので、この周辺で簡単にどこか歩きたいなという時にはお勧めかもですが、アルム小屋への道は林道ばかりでちょっと退屈ではあるかもしれません。
スタート地点よりは標高が低いですが、アルム小屋までの道はアップダウンがあるので、最終的には全行程で390mくらいの標高を歩いてた計算になりました。


・スタート地点 【アイプ湖、ツークシュピッツェロープウェイ、ツークシュピッツ鉄道アイプゼー駅・・・などがある駐車場、約千m】

 歩いた日 2015年7月15日






歩き始めは、世界中から観光客がたくさん訪れるアイプ湖方面へ。この時はまだ、予定してた山小屋への道が通行止めになってることは知りませんでした。
a1_20150720035540500.jpg


続きを読む

今回の山歩きは、ドイツとオーストリアの国境沿いにある、Trainsjoch(トラインスヨッホ)という山です。スタート地点はドイツからオーストリア内に入ってすぐにある駐車場からで、ずっとオーストリア(チロル内)を歩くことになりますが、途中から頂上までの道が国境沿いにあり、頂上はたぶんドイツ側に位置してます。山自体は、”Bayerische Voralpen”に属しています。
今回はちょっと雲が多くて遠くのアルプスまではいまいちはっきり見えませんでしたが、頂上からは360度の眺めを楽しむことができます。




・目的の山 【Trainsjoch 1707m】

・スタート地点 【Ursprungpassの駐車場 830m】  ドイツのBayrischzell(バイリッシュツェル)という村から車で約10分、国境を越えてすぐの場所です。そのまま真っ直ぐ走ると約20分でチロルのKufstein(クーフシュタイン)へ行くことができる場所です。

 歩いた日 2015年7月14日







道路沿いの駐車場の端の方にこの道標があるので、ここから歩いて行きます。途中、左下の看板のMariandlalm(マリアンドゥルアルム、1250m)を経由して行きます。
q1_20150717073636015.jpg


続きを読む

今は少しおさまりましたが、数日前まで猛暑が続いてました。ちょっと前まではお天気が悪い、悪いと嘆いていたけど、あまりにもよ過ぎて気温が35度もある中では山歩きをする気力も失せてしまいます。
ということで、今回は、写真はあまりありませんが、8年前に歩いたチロルのエーアヴァルトにあるロープウェイを利用しての簡単山歩きコースをご紹介します。このコースにある湖はどちらも抜群にきれいで、私が過去に見た湖の中ではどちらとも3本の指の中に入るほどの美しさだと思ってます。
最初のSeebenseeまではお散歩気分で歩けるので本当にお勧めです。




・訪れた山小屋、湖 【Seebensee(ゼーベン湖、1657m)、Coburger Hütte(1917m)】    Drachenseeは山小屋から見ただけで、湖岸までは歩いてません。
Seebensee到着直前にアルム小屋があって、そこまでならベビーカーを押してでも来ることができるのと、別の方向から入ってくる道がこのコースに繋がっててマウンテンバイカーにとても人気なので、途中まではかなり多くの家族連れ、そしてマウンテンバイカーでにぎわってました。

・スタート地点 【Ehrwalder Alm 1502m】  Ehrwalder Almbahnというロープウェイを利用して一気に山頂駅まで登り、その場所からスタートです。ロープウェイを利用しないで登るとなると、少しクライマー気分が味わえる道を歩くことになるようなので、私はもちろんロープウェイ利用です(笑)。
ロープウェイの麓駅までは、公共の交通機関ではEhrwaldの駅からバスが走ってて、約10分で到着です。

歩いた日 2008年8月10日






ロープウェイを下りて、山頂駅周辺の眺めです。いろんなコースがここから始まりますHochfeldern-Almいうところにある山小屋へも行きました。
a1_20150710063758417.jpg


続きを読む

久々にお天気がよくなり、時間が一日中たっぷりある日があったので、電車とバスに乗ってチロルのEngalm(エングアルム、1227m)まで行ってきました。ただ、ここへの交通アクセスは、平日は11時半頃にEngalmに到着し、帰りのバスは16時35分発が最後のため(平日は一日2往復のみ運行)、距離や高さのある山歩きはできません。
ということで、今回は、簡単にお散歩気分で歩ける、Enger Grund方面へ歩いてみました。標高差は200mもないし、往復で6km、2時間以内のコースとなってるので、年配の方もたくさん歩かれてるコースです。

Enger Grundの”Grund”は、ドイツ語で”土地、谷”などの意味があります。以前、マイヤーホーフェンからのSundergrundというコースのことを少しだけ書きましたが、そこも谷の間に傾斜の緩やかな道が続いてました。今回の場所も、距離こそはとても短いものの、コースの雰囲気は似た様な感じでした。

歩いた日 2015年6月30日




さて、出発は、このブログでも何度か書いたことのある、”BOB”という列車でです。
途中で3方向に切り離されるこの列車、行き先はどこも山方面のため、この列車に乗る人たちはほとんどがこんな格好です。
a1_20150702212325e7c.jpg

a2_20150702212327715.jpg


続きを読む