この日は日中の最高気温が27度まで上がると予報が出てたので、真夏に比べるとまだそんなに暑くはないのですが、それでもやっぱり早い時間に歩きだすにこしたことはないと思い、朝早くに列車に乗って現地へと向かいました。

歩いた山は、Seekarkreuz(セーカークロイツ)という山で、公共の交通機関を利用しての山歩きの本に紹介されてました。
しかし、この山への歩きは、最初に1時間以上平地を歩くことになって標高が全く稼げなかったので、最初の方は心の中でぶちぶちと文句を言いながらの歩きとなってしまいました^^;


歩いた日 2016年5月22日



この日もいつものようにBOBに乗ってやってきました。
降車は最終駅のLenggries(レングリーズ)です。       Lenggries 679m
1_2016052523410295a.jpg



こちらは駅前。
2_2016052523415684d.jpg

日中は暑くなるといっても、今の時期の朝はまだまだ寒い!朝の7時10分頃に駅に到着しましたが、気温は10度以下。
半袖のシャツにジャケットを着ただけでは寒過ぎたほど。でもドイツ人って体感温度が違います。既に半袖姿で普通に歩いてる人がけっこういて、見てるだけでよけいに寒くなってしまいました^^;



駅からは真っ直ぐに進むとこの道標が。山歩き関係は黄色い道標になります(Wanderwege=ハイキング道、山道)。
今回の山の”Seekarkreuz”は右側黄色上から3つ目に”Seekar”と記されてて、まずはその上の道標、”Hohenburg”方面へと歩きます。
3_20160525234157892.jpg
Hohenburugは以前はお城、今はギムナジウム(学校)になってます。



まずは、通常のスタート地点(駐車場)まで進まないといけません。
4_20160525234158131.jpg


順調に進んでたつもりが、ここ、Hohenburug(お城、今は学校の建物)に来て、道がなくなって、学校の敷地になったので、「あれ?道を間違った?」と思い、道を引き返しました。
でも引き返して道標を確かめたら、進んだ方向は間違っていません。おかしいなあ・・・と思ってうろちょろしてたら、建物の影になった門のようなところに道標発見!
5_20160525234201462.jpg


Durchgang=通り抜け・・・ということで、ここを通ってよかったんですね~^^;
6_201605252342112b1.jpg
こういうのはもっと分かりやすい場所に設置してもらいたいものです(汗)。



その後も道標がいまいちはっきりしない場所に設置されてたりしてて何度か迷い、やっと駐車場に着いたのは駅を出て約40分後(-_-;)
ここからが本格的な歩きになります。右に行っても左に行っても、途中通過の山小屋(Lenggrieser Hütte、1338m)へ行けるコースになるので、私は右に進んで時計と反対方向の周回コースを歩くことにしました。
7_20160525234213794.jpg


農家が立ち並ぶ村の中を歩いて行きます。
8_20160525234215b62.jpg


やっと村を抜けたと思ったら、山はまだずっと先の方向(>_<)
9_201605252342162ed.jpg


放牧があちこちで始まってるので、農家の方々が忙しくお仕事をされる中、テクテクと一人歩く私・・・。アジア人女性の一人歩きは目立つのか、時々ジロジロと見られます(汗)。もう慣れましたけどね・・・。


お花を楽しみます。

ヤグルマアザミ  Wiesen-Flockenblume (Centaurea jacea) キク科
10_2016052523421896a.jpg


”悪魔の爪”という名の花。
ラウンドヘッデッドランピオン  Kugelige Teufelskralle (Phyteuma orbiculare) キキョウ科
11_20160525234310bdb.jpg


フウロソウ(ウッドクレーンズビル) Wald-Storchschnabel (Geranium sylvaticum)  フウロソウ科
12_20160525234312d27.jpg


マツバトウダイ  Zypressen-Wolfsmilch (Euphorbia cyparissias) トウダイグサ科
13_201605252343130fa.jpg


やっとほんのちょっとだけ傾斜が始まってきました。駅を出てから既に1時間10分経過(-_-;)
14_20160525234315d9f.jpg


この付近では牛が放牧されてるので、牛避けも閉まってました。横の狭い門のようなところを通りますが、これ、狭過ぎてリュックが引っかかることが度々あります(汗)。
15_2016052523431623f.jpg


ここも狭かったな~。
16_201605252343279ba.jpg


やっと山歩きらしい道になりました。駅から1時間半経過^^;
17_20160525234328a0d.jpg


フタマタタンポポ  Gold-Pippau (Crepis aurea)  キク科
18_20160525234330104.jpg


やっと山歩きしてる気分になってきました(笑)。
19_20160525234331867.jpg


20_20160525234333346.jpg


21_20160525234435584.jpg


アスター・ベリディアストルム  Alpenmaßliebchen (Aster bellidiastrum)  キク科
22_2016052523443759b.jpg


途中の山小屋まではずっと登山道なはずだったのに、途中から林道になりました。それもなんだか歩きにくそうな林道・・・。
別方向からの登山道を林道に工事中のようでした。
23_20160525234438dfb.jpg


Karwendel(カヴェンデル)の山々が見えて眺めはいいのですが、
24_20160525234442ddb.jpg


道が・・・(-_-;)
25_20160525234441361.jpg


そしてこの林道はここで終わり、また登山道が始まりましたが、今後も工事は続けられるようにマーキングされてる箇所が登山道にありました。
26_20160525234458ad5.jpg
山小屋へは反対周りで立派な林道があるのに、なんでこんな道を作るんでしょう!


そしてずっと登山道を歩いてたら、山小屋が見えてきました。
27_20160525234455fa2.jpg


駅から2時間35分後、山小屋(Lenggrieser Huette、1338m)を通過して行きます。食事休憩、宿泊が可能です。
28_20160525234457c25.jpg


左奥に頂上が見えてます。
29_20160525234459e0d.jpg


最初は林の中を歩きます。
30_2016052523450151f.jpg


セイタカセイヨウサクラソウ  Hohe Schlüsselblume(Primula elatior) サクラソウ科
31_20160525234559326.jpg


そして明るい場所へと出てきました。左奥に山頂の十字架が見えてます。
32_201605252346008c2.jpg


33_20160525234601583.jpg


あとは稜線を歩いて行くだけ!
34_20160525234603348.jpg


この道沿いにはこのリンドウがたくさん咲いてました。
ヨーロッパリンドウ  Frühlings-Enzian (Gentiana verna)  リンドウ科
35_20160525234604677.jpg


そして到着!駅から3時間20分もかかってしまいました^^;
36_20160525234616fed.jpg


これが三角点なんですね~。
37_20160525234618c89.jpg


登頂簿に記入しました。
38_20160525234619ba7.jpg


南の眺め。Karwendel(カヴェンデル)の山々が一望です!
39_20160525234620a1d.jpg


東側の眺め。過去に歩いた山々もきれいに見えてました。
40_2016052523462275f.jpg


西側。下に見えるアルム(牧草地)は途中通過した山小屋がある場所です。
41_2016052523471777e.jpg


冷凍保存しておいた最後の1個のカレーパンを今日も持ってきました。また注文しなくては~。
42_2016052523471839c.jpg


食べ終わって、景色を楽しんだ後は下山です。山小屋までは同じ道を下ります。
43_2016052523472017c.jpg


山小屋に到着。
44_2016052523472123e.jpg


飲み物だけ飲もうかと思ったのですが、お昼ちょっと前でまだまだ登ってる最中の人が多く、席はたくさん空いてました。
ということで、じゃが芋のスープを注文しました。飲み物は、まだまだたくさん歩かないといけないので、ラードラー(ビールのレモネード割り)を注文しました。
45_20160525234723ad3.jpg


そしてまた歩きます。アルムの横を歩いて行きます。
46_2016052523473469b.jpg


土筆がたくさん生えてました。
47_2016052523473621e.jpg


アルムの最後の方で登山道へ。右の林道は、たくさんのマウンテンバイカーが走ってました。
48_201605252347376e8.jpg


コミヤマカタバミ  Waldsauerklee (Oxalis acetosella)  カタバミ科
49_20160525234739b67.jpg


滝の流れの音をずっと聞きながら下って行きます。
50_20160525234741449.jpg


滝の近くまで来ました。涼しくて気持ちよかったです。
51_20160525234839ba0.jpg


何度か橋を渡り、
52_20160525234842cc0.jpg


林道に合流です。ここも川から冷たい空気が流れてきて気持ちよかったです。
53_20160525234844b1e.jpg


ヤマヤグルマギク   Berg-Flockenblume (Centaurea montana)  キク科
54_20160525234843c23.jpg


そして、復路もやっぱり、最後は平坦な道が延々と続いて、いったいいつ駐車場のところに着くのやら・・・でした(-_-;)
55_2016052523485384d.jpg


そして駅に到着です。列車の時刻まであと10分はあったので、駅前のキオスクでビール買っちゃいました(笑)。
56_20160525234854dc5.jpg


この日歩いた距離は約16.8km、累積標高は980mでした。
歩いた時間は、休憩などを除くと約6時間でした。駅から通常のスタート地点までの往復の分もあるので、本やサイトに出てる情報よりはかなり長めに歩いたことになりました。

Geiertstein(1491m)からFockenstein(1564m)へ

Brünnstein(1619m)

comment iconコメント ( 12 )

おつかれさまでした^^

今回は、写真を見てても「えーっ、あんな遠くまで?」とビックリしました。

それにしても、空の色が~下界とは違う~!
遠くに見える山の景色も最高ですね。
6時間歩いた後のビールのお味も最高だったことでしょう^^

名前: pil [Edit] 2016-05-26 03:15

コメントありがとうございます♪

★pilさん
写真でもその遠さが分かるならよかったですー^^;
現地で登山道が始まるまでの距離を見て、正直、”今日のこれは間違った選択だったか?”と思ったほどでしたので(笑)。
でも早起きして歩いたご褒美は、多くの人がやって来る前に頂上からの景色を楽しめたことかもです^^
最後は飲むつもりなかったんですが、かなり暑かったので、”飲まなきゃ電車には乗れん!!”と思ってついキオスクに足が向いてしまいました^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-26 05:16

アルペン猫さん、こんにちは。

へー、海外にも三角点なんてあるんですね。
長距離お疲れ様でした。

だいぶ駅からは長かったみたいですけど、長距離歩くのも終わった後は気持ちいいですよね。

こちらも、5月にしては暑い日が続いています。
水分摂取には気を付けて登っていきましょう^^

名前: やまびこ [Edit] 2016-05-26 19:26

私も、「お疲れ様でした!」 (笑)
お日様ギラギラの元、なが~い車道、林道歩きは辛そうです。
靴はどちらを履いて行かれたのですか? これだとローカットでも良かった?

この村(町)から直接歩いて登れるんですね。 でも長いわ~、登山口まで。
日本でも林道造作で登山道がズタズタにされている事があります。
それと登山口が民家の庭先で、私も何度も探し回った事があります。
そちらでもあるんですね、そいう事が。

レングリースの駅前の雑貨屋さん(食器とか売っていた)でグムンデン焼きをお土産に買いました。 ドイツなのにね。(笑)

そういえば、サインは日本語でなさるの? アルファベットで?

名前: REI [Edit] 2016-05-26 19:33

こんばんは。アルペン猫さん。
滝が涼しげですよね。特にこんなに暑くなってくると。
でも、日本のように湿度は高くないでしょうから、体感的にはそうでもないのでしょうか?
そちらも三角点は、1等や2等もあるんでしょう。世界測地系移行ってやってますから、恐らく基準点の規格は統一していってるのかも・・?

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2016-05-26 22:07

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

私も今まで三角点についてはあまり注意して見たことなかったのですが、皆さんの記事でその存在を知って、それで撮影するようになりました^^

登山道に入るまで、終わった後、とにかく長かったんで歩いてる時は疲れましたが、終わってみると、”やってよかった!”になりました(笑)。

日本は既にかなり暑そうですね~。
こっちは日本に比べるとまだまだ歩ける気温ですが、乾燥してるのでやたら喉は渇いて・・・。
水分摂取、本当に大事ですね。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-27 01:26

コメントありがとうございます♪

★REIさん
ありがとうございます!^^
靴は、このコースだとローカットでもよさそうですが、今回はハイカットのを履きました。
山小屋からの下りの登山道がとてもぬかるんでたので、ハイカットで正解でした。

道、日本でも同じような状況があるんですね。
私はこっちの登山本は流し読みしかしないので(言葉のせいで、汗)、もしかしたら私のチェック不足かなあと思って後からさらっと読んでも、やっぱりそんなことは書かれてなかったりで・・・^^;

雑貨屋さん、駅から出てまっすぐの道の右側でしょうか?
そこ、いつも見ながら歩いてます^^

サインは、いつもアルファベットでやってます~。でも先日更新したクレジットカードだけは裏側は日本語でサインしたので、それをお店で使うとなったら日本語になりますね・・・←でも使わないと思う^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-27 01:32

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!

滝のところ、ずっといたかったくらいです^^
その後の川では、水浴びやってる人もいたほどでした。
そうなんですよ、湿度がそんなにないんで、日陰に入っちゃえばとっても涼しいので、例えば、自宅なんかは真夏でも日に当たらない部屋はひんやりしてることもありますよ^^
三角点、それまでに見ててもあまり気にすることなかったのですが、皆さんの記事を見て撮影するようになりました^^;
日本もこっちも同じような感じだから、統一なのかもですね。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-27 01:36

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-05-27 14:00

コメントありがとうございます♪

★鍵コメ05-27 14:00さん
HP、見ました!
上から2番目の写真の、向かって左側の建物ですー^^
ケーキ屋さん、違うかもだけど、駅から5分ちょっと歩いたところの”Konditorei Cafe Herrschmann”ってのが画像で見る限り店内いい雰囲気。これかなあ。
小さい街って興味深いですよね。私もまだまだ近郊でも行ったことのない町や村がたくさんで、興味津々です^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-27 19:56

アルペン猫さん こんにちは

なるほど~結構、寒暖の差あるんですねー。
僕なんか半袖Tに短パンで寝てますよ(笑)それでも全然寒くないです。

天気良くて爽快な稜線歩きできたみたいですね。
ところで日焼けとか大丈夫ですか?先日こちらで酷かったもので・・・。

やっぱりアルペン猫さんのザックだったんですねっ!
前回も思ったんですが可愛いですねー^^黄色いのは花のアクセかな。。。

僕もハイクしてて滝とか沢は大好きです。
水の流れる音聞いてるだけで癒されますよね~。

〆は、やはり(^^!
それ反則なんで一枚目のイエローカード切っておきます(笑)

名前: としパパ [Edit] 2016-05-27 20:27

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

早朝はまだまだ寒いです!
夜中、朝はまだ半袖じゃ寒いですよ~。だから日本が既に30度超えというのにびっくりでした。

この日の歩きでは、一応日焼け止めはバッチリ塗ってたので大丈夫でしたが、ちょっと前に歩いた時が塗ってなくてシャツの袖をめくって歩いたのでそこがかなり赤くなりました^^;

ザック、ドイターの女性用はなぜか黄色の花が飾りで付いてるんです^^
ただ、これ、嫌な人もいるようで、歩いてる時に、側にいた人から「うちの娘はこの花はすぐに外したよ」と言われたこともあるし、同じザックで花無しで歩いてる人も見ます^^;

この日は平地を長時間歩くのに疲れて・・・^^;
ジュースにしようかなあと迷ってたら、横にいたおじさんから「何を探してるんだい?」と聞かれたので、思わず、「ビールです!」と答えてしまったら、これを勧められました(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-28 00:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)