今回のコースは、山小屋ではなく、Kompar(コンパー)という山の頂上を目指すコースです。でも頂上に十字架などはありません。コースの始まりは、以前記事にした、Plumsjochhütteへのコースのスタートと同じ場所からです。
ハイキング関連の本やサイトには、Plumsjochhütteと繋いでの周遊コースとしてもよく紹介されてます。周遊コースとして歩けば、4時間半~5時間のコースとなるようですが、今回は周遊コースは歩かず、山の頂上までの往復を歩きました。
山頂までを往復するコースだと、途中にあるアルム小屋(Hasentalalm-Mitterleger)に、無人販売の飲み物(ビールとラードラー)はありましたが、食事処はないので、十分な食べ物、飲み物を持って行った方がいいでしょう。周遊コースをされる方はPlumsjochhütteで食事もできます。




・目的の山 【Kompar 2010m】  歩いた日 2014年9月6日

・スタート地点 【Haglhütte 1065m】  ←駐車場Wanderparkplatz 8、公共の交通機関では、Lenggriesからのバス(9569)のバス停”Haglhütte”で下車




スタートは、最初に書いたように、Plumsjochhütteという山小屋へ歩いた時と同じ場所からです。右手には、Engalmへの道路があります。
q1_20141007194932346.jpg



ロバの風見鶏の小屋を左手に見ながら進みます。
q2_201410071949342da.jpg

10分も歩かないうちにこの分かれ目に来ます。今回は左方向に進みます。
q3_2014100719493538c.jpg

最初は林道が続きます。15分ほどで、この牛避けのところに来ます。
q4.jpg

牛がたくさん放牧されてましたが、これより先の高地にあるアルムではもう牛はいなかったので、高所にいた牛たちはこの場所まで下ろされてたようでした。9月になると、牛たちも山から下山し、それぞれの所有者の住まいのある村まで戻って行くことになります。
q5.jpg

q6.jpg

歩きやすい林道が続きます。
q7.jpg

小さな滝の流れが林道を横切ってました。
q8.jpg

このコースにあるアルムは、”Hasentalalm(ハーゼンタールアルム)”といいますが、コースの途中3箇所に小屋があります。こちらが最初の小屋です。  Hasentalalm-Niederleger 1265m   ここまで40分。
q9.jpg

Engalm方面のカエデの地、Großer Ahornbodenが見えてました。
q10.jpg

道標が小屋に貼ってありました。このアルム小屋までが林道、その先からが登山道になります。
q11.jpg

小屋の後ろを右手に折れるように登山道が始まります。
q12.jpg

とても歩きやすい登山道に見えますが、
q13.jpg

何箇所か、とてもぬかるんでて、非常に歩きにくい箇所がありました。滑落の危険性などはないけれど、やはり防水加工の登山靴は必須です。
q14.jpg

Engtal(エング渓谷)がきれいに見えてました。
q15.jpg

↑の左奥の部分をズームで。Engalm(エングアルム)の集落が見えてます。
q16.jpg

アルム小屋が見えてきました。    Hasentalalm-Mitterleger 1565m
q17.jpg
ここまでスタート地点から1時間半経過。

この左側の小屋の手前のところに、水を溜めて中にビールとラードラーが冷やしてありました。お金を入れる箱が備え付けてありました。1本3ユーロでした。
q18.jpg

鶏が数羽、自由な状態で飼われてました。
q19.jpg

Plumsjochhütteへ行った時の道がきれいに見えてました。2本見える横線のうち、下の方が、往路で歩いた登山道、上の方が復路で歩いた林道です。左奥には、山小屋も見えてます。
q20.jpg

山小屋方面をズームで。
q21.jpg

そして先へ進みます。アルム小屋の後ろからは左に折れるように進みます。
q22.jpg

q23.jpg

7月頃までによく見かけたリンドウの一種が、一輪だけ咲いてました。
q24.jpg q25.jpg

秋の山歩きではこちらのリンドウの花をよく見かけます。ギザギザの花の形が特徴的です。 Gefranster Enzian(Gentiana ciliata
q26.jpg

これもリンドウの一種。たくさん咲いてました。 Rauer Kranzenzian(Gentianella aspera
q27.jpg

道の分かれ目の箇所が見えてきました。
q28.jpg

右方面へ行けばPlumsjochhütteまで行くことができます。私が目指すのは、一番下に表示のKomparなので、左へ曲がります。
q29.jpg

この道標のところからも、今回の目標の山がきれいに見えてます。奥の一番高い山です。
q30.jpg

道標の部分からはしばらく歩きやすい道が続きましたが、最後、頂上部分へと右へ曲がるこの箇所からが傾斜がかなりきつい道になりました。ということで、慎重に、慎重に歩きました。
q31.jpg

そして頂上付近に到着です!十字架もないし、Naviを持ってるわけではないので、たぶんこの辺りが頂上・・・と自分で納得(笑)。
q32.jpg
ここまでスタート地点から2時間40分経過。

奥に見える二人がいる場所を通り越してこの箇所まで来ましたが、どうもあっちの方が高そうなので、あそこがもしかしたら頂上かも^^;
q33.jpg

頂上付近は、全部の箇所がそうではないのですが、所々、横がこういうふうに急斜面になってるところもあるので気をつけて歩きましょう。
q34.jpg

頂上が雲に隠れた山はMondscheinspitze(モントシャインシュピッツェ、2106m)。日本語に直訳すると、月光山・・・ってところですかね。
q35.jpg

頂上からもEngtal(エング渓谷)がきれいに見えてました。
q36.jpg
下山後、↑の奥に見えてるEngalm(エングアルム)へと、チーズを買いに行きました。 下山は急いで歩いたので1時間半。

こちらがそのEngalm。牛舎、チーズ工房、レストラン、お土産屋、チャペル・・・などなどがあります。
q37.jpg

そのEngalmの北の方には、私が登った山、Komparとそのコースがきれいに見えてました。左の一番高い部分まで歩きました。
q38.jpg

この山歩き以後、まだどこも歩いてません。山歩きシーズンはまだまだ終わってないので今後もどこかを歩くかも・・・ですが、もしどこも歩かなかったら、過去、2006年からの山歩きのことを記録のためにアップしていく予定です。

Hämmermoosalm(1417m), Gaistalalm(1366m), Tillfussalm(1382m)

Brunnenkopfhütte(1718m)

comment iconコメント ( 8 )

山頂に何もないんですね。日本だと三角点か、どんな小さいピークでも山頂標識が立ってるんだけど。 (たまに私製のもあり)
この小屋はどれも放牧小屋ですか? 一番上のはカップとか置いてあって小屋番とかいるのでしょうか?

エングアルムがとても綺麗に見えますね。 私も行ったんだ・・と遠い昔の様な気がしてます。 アルムだけ陽が差してるみたい。

名前: REI [Edit] 2014-10-09 18:36

Re: タイトルなし

★REIさん
十字架がないのは、山歩きの本の写真を見て分かってたんですが、何かしら頂上の印はあるだろうと思って登ったら、それらしきものが全然見当たりませんでした^^;
小屋は、はい、放牧小屋です!鶏がいるところの小屋は、中に誰かいたようです。姿は見えなかったんですが、外にボディーシャンプーやらハンドソープがあったし、登りの時は自由にしてた鶏たちが、下りの時はみな網の中に入れられてたんで(笑)。
エングアルムをこの角度から見たのは初めてでした。
ほんとだ、そこだけお天気いいですね!10月終わりにはここへの道も通行止めになります・・・。

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-10-10 00:28

アルペンさんの記事って自分でも登ってる気がします
行ってもないのに行った気分でお得だわ(笑)♪
いくつかの写真を見ると高低差のある山に思うけど、2時間40分で1000mも登れるのね
登山は全然わからないので、標準も分からないけどスゴイなー
やっぱり緑の山と白い崖、下に広がる黄緑のアルムってステキだ~♪
雪山でskilanglaufはやらないの?
あ、雪っていうか寒いのダメなんでしたっけ???

名前: ししゅうねこ [Edit] 2014-10-10 22:39

Re: タイトルなし

★ししゅうねこさん
もし日本人の方で今後同じ山を登る方がいらっしゃって情報を探してらしたら、少しでもお役に立てたらな~というのもあって書いてますが、ちょっとでも登った気分になってもらえたらいいなと思ってるので、そう感じていただけると嬉しいですー♪←私自身が、日本語でこちらの山のことを書いてらっしゃる方のブログにものすごく助けられてるので・・・。
私も標準がいまいちよく分からないんですが、コースの紹介の本やサイトに書いてある時間よりは登りは時間がかかってます(下りは急ぐことが多いので同じくらいか早いペースが最近多くなりました)。
Skilanglauf、やらないというか、できないです(>_<)←見るのは好きだけど^^;
ウィンタースポーツは私、全くできないんです・・・。スキーもやったことないし(汗)。
寒いのは(最近は)大丈夫なんですが、元々運動は苦手で体育で2とってたくらいなので、冬のスポーツなんて怖くてできないんです(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-10-10 23:49

ふふふ、私も体育2。 かえってそういう人の方が山歩きは向いてるのかなあ。
Langulaufは歩くスキーだから、山歩きと同じで誰でも出来ますよ~。 ただ平らな所を上手に滑るのは私もできないけど。 歩くだけだと余り楽しくないし・・。 スノーシューは楽しいですよ、歩くだけだけど、アップダウンがある所を歩けるから。

アルペンさんの情報、とても有益で助かってます。
これがなければKarwendelには行かなかったもの。
そういえば検索したら、インスブルック側からのツアーがあるみたいでした。 山群の南側かしら。

名前: REI [Edit] 2014-10-11 16:31

REIさんも書いてるけどスノーシューは楽しいらしいですよー 
Skilannglaufもwandern趣味って人が楽しいって言ってたのでできるのでは?
でも多少滑れるのが前提なのかな~?
よく分からないで言っててスミマセン・・・

名前: ししゅうねこ [Edit] 2014-10-11 23:02

Re: タイトルなし

★REIさん
私、小学校の時に一度だけ体育で4をとって、その時のことが未だにはっきりと記憶に残ってるので、体育は本当にダメだったんです(汗)。
その点、山歩きは、運動神経の良い、悪いに関係なく楽しめていいですよね!!!^^;
Skilanglaufは、相方は子供の頃やってたそうです。でも今はやる気しないとか・・・(スキーも興味ない人)。
相方も、”山歩きと同じ感じで楽しめるスポーツかも”って、今、言ってました。
スノーシューも、私は、”スノー”と聞いただけでもう興味が失せるくらい、とにかく雪の上は怖いです(汗)。

インスブルック側からKarwendelだと、私が持ってるガイドブックみたいなのには、もうちょっと東側(Terfens)からKarwendelの山方面へ歩くコースが載ってますよ~。
この辺りもすごく興味あります!

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-10-12 04:28

Re: タイトルなし

★ししゅうねこさん
スノーシューと聞いて、よく分からなくって画像検索してしまったほどです(汗)。
うちの相方も今さっき、Skilanglaufはwandernみたいな感じで楽しめるって言ってました!
それでも今はもうやる気ないそうです(汗)。←私と同じく、冬のスポーツは見るだけの人・・・。
これ以上あれこれ道具揃えるのも大変そうなので、冬はやっぱり雪景色の中はお散歩だけにしときます^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-10-12 04:39

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)