平地では雪もすっかり融けてしまった先週末、雪のあるところを求めて出かけてきました。


出かけた日 2016年2月11日


お天気のよかった土曜日、考えることは皆さん一緒なのかな~。アウトバーン上はものすごい渋滞!
0_20170218055243c0f.jpg

ということで、急きょ行き先を変更。昨年9月に山歩きで訪れた、Wildbad Kreuth(ヴィルトバート・クロイト)方面へと行くことにしました。



見覚えのある駐車場に到着しました。バス停があります。
1_20170218055317c60.jpg


今回、山専ボトルにコーヒーを入れてきました。歩く前に体を温めるために一杯♪
2_20170218055319861.jpg
山専ボトルデビューの日でした^^



さて、これから相方はクロスカントリーを楽しみます。私は念のために山歩き用のストックを持ってきてましたが、この時間は道がつるっつるの場所が多かったので、これがあって本当によかったです。
3_201702180553208ed.jpg


橋を渡って、奥にある小さな小屋のところを右に曲がってスタート。
4_20170218055322411.jpg


”ZUR LOIPE”と、クロスカントリー用の案内も出てます。
5_20170218055324b10.jpg


山歩きの時もここから登山口へと歩きました。
6_20170218055324152.jpg


向かって左側がクロスカントリー用、右側が歩行者用。お天気がよくて融けたり凍ったりを繰り返してるので、ここを歩くのは怖かったです(>_<)
7_201702180553266ca.jpg


川沿いで眺めは時々いいのですが、あまりにもつるっつるで景色を楽しむ余裕もなし・・・。
8_2017021805532868b.jpg


雪の上を歩こうかと思ったのですが、クロスカントリーを楽しんでる人もいていきなり現れるので、もちろんですが歩行者用の道を歩くしかありません(汗)。
9_20170218055329d19.jpg


この辺りが一番危なかったかな~。
10_201702180553319d5.jpg


こんな風につるっつるに凍ってるんです。砂利が撒かれてる場所はまだいいけど、たまに砂利がないところもありました(涙)。
11_201702180553347e9.jpg


雪の上を歩けそうな場所があったらすかさず移動。
12_201702180553336d0.jpg


分岐点までやってきました。
13_20170218055335ca4.jpg


お天気がいいのでなかなかの眺め。
14_20170218055337f93.jpg


ここをまっすぐ進めば9月に歩いた山への登山口。
15_20170218055338a85.jpg
あの時は、この道標で、左側へは黒丸印(上級者用)になってないといけないところが赤丸印(中級者用)になってて、つい左側へと歩いて行ってしまい途中で引き返す・・・ということをやってしまいました^^;



今日はこの周辺をお散歩だけなので、左へ曲がりました。
16_20170218055342ae9.jpg


雪山は私は登れないけど、見るだけでも十分です^^;
17_201702180553419d8.jpg


ベンチがたくさんあったのを覚えてたので休憩しようかと思ったけどできませんでした^^;
18_201702180553439b1.jpg


歩くのに時間がかかるのでこれ以上先に行くのを断念してここで引き返しました、
19_201702180553446db.jpg


分岐点付近まで戻ってきたら、お散歩を楽しんでる人も増えてきてました。
20_201702180553460f9.jpg


魚の養殖場もあります。
21_20170218055412b91.jpg


そして写真を撮ってたら、目の調子が悪くなってきて歩けなくなりました。すぐ近くにこの屋根付きのベンチがあって助かりました。
22_20170218055413224.jpg
でもこのベンチ、ブランコ式になってるので、座ってる間は揺らさないように注意です^^;



目の調子は30分もすれば回復することは経験上分かってたので、とりあえずここでまたコーヒーを飲むことにしました。
23_20170218055415509.jpg
コーヒー、まだまだ十分に温かだったので、山専ボトルのありがたみを感じました^^



調子がよくなってまた歩きました。駐車場に戻ってくると、観光客用の馬車が走ってました。
24_2017021805541690d.jpg


相方も戻ってきたので後は移動。途中、チーズ屋さんによってチーズを買っていくことに。
25_2017021805541812e.jpg
ここ、大人気なのか、駐車場は常に満杯でした。  Naturkäserei TegernseerLand



お店の前でもクロスカントリーを楽しむ人がたくさんいました。
26_20170218055419d23.jpg


お店の中には、チーズを使ったお料理を提供するレストランがあったので、ここで食事をしていくことにしました。
27_20170218055421c52.jpg


まずはビールを一杯♪運転手じゃないのでこういうのは嬉しいです(笑)。
28_20170218055422ef3.jpg


Pflanzerl(プフランツェール)という、ハンバーグみたいなお料理を注文しましたが、とても美味しかったです♪
29_201702180554243e2.jpg
Pflanzerlはドイツ全土のお料理かと今まで思ってたら、バイエルンやオーストリアの郷土料理のようです。


・・・ということで、この日の歩きはおしまい(笑)。もっと上手に雪の上を歩けるようになりたいなあ、です^^;

今回も雪の上を散歩してきました

Regensburug(レーゲンスブルク)へぶらっと

comment iconコメント ( 6 )

これだけ積もってると、スパイクかアイゼン無しで歩くのはきつそうですね。
今年も危うく転倒しそうになったので、雪の日のお出かけは怖いです...
この時、閃輝暗点の症状が出たのですね。
こんな雪の中で...心細かったことでしょう...
大事に至らなくてよかったです。
Pflanzerl、初めて聞く名前です。
ハンバーグに似てるってことは、Frikadelleに似てるってことでしょうか?
おいしそうですね~。

名前: pil [Edit] 2017-02-19 04:44

アルペン猫さん、こんにちは。

たくさん歩いて、やっぱり最後はビールなんですね^^
美味しそうです。

ハンバーグにチーズですか。おいしそうです。

雪の風景よりも食事とビールが気になるのは、僕が食いしん坊だからでしょう(笑)

春はもう少しですね。

名前: やまびこ [Edit] 2017-02-19 20:44

コメントありがとうございます♪

★pilさん
アイゼンを買ったらどうかと言われたこともあるのですが、アイゼンが必要な山道は歩きたくないし、こういうところだとドイツ人は普通にすいすい歩いてるので、無駄な買い物はせずに危ない道は避ける・・・の方を選んでます^^;
私も昔、滑って背中を思いっきり打ったことが2回あるので、今は慎重になり過ぎてさらにのろのろ歩きです(汗)。
そうなんですー、ここであの目の症状が・・・。

お料理、そうです!Frikadelleとほぼ一緒・・・というか、違いがよく分かりません^^;
このレストランのは焦げてなくて上品なお味でした^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-19 23:24

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

空気がとても乾燥してて喉が渇いてしょうがなかったので、やはり最後はビールで〆になっちゃいます(笑)。

お料理も、チーズが嫌いでなければ日本人にも美味しく食べられる味で、ここはお勧めできるな~と思いました。
私も最後のビールと食事を目標にいつも歩いてるので、動機からして既に・・・です^^;

もうこれからは寒波がやってくる気配もなさそうで、春が本当に待ち遠しいです!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-19 23:27

アルペン猫さん こんにちは

日差しもあって心地よさそう。。。ホント景色のいい素敵な散策コースですね。
凍ったとこ歩くのは雪上歩くより難しいですよね。
僕も苦手です。未だに慣れません(笑)

早速、山専ボトルデビューですね^^
寒いときは特に活躍しますからこれからも重宝すると思います。

お近くにハイクできそうな標高の低いお山ってないのでしょうか。。。
新雪の上を長靴で歩くのって楽しいですよ^^

名前: としパパ [Edit] 2017-02-22 19:51

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

冬でもこんなに太陽が出てると歩いてると温まって気持ちいいですね。
凍った道、雪の上をすいすい歩かれてる方でも苦手と聞いて、少し安心しました^^;
現地の人は道が凍ってても颯爽と歩いていくので、それが不思議でなりません・・・。

山専ボトル、いいですね!
こんなにいいのならもっと早く買えばよかったと何度も思いました。

高度が低い山となると、だいたい1500mくらいかな・・・。
林道だと雪でも歩きやすいようにできてるので、昔は歩いてたんですが、今は怠けてしまって^^;
この時期はバスも走ってない路線が多いので、なかなか計画が立てづらいのもあります・・・。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-23 06:05

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)