お天気がよくても時間がなかったり、時間があると雨や雷雨の予報が出てるお天気が続いたりでなかなか山にも行けてませんでしたが、数日前に久々に山歩きをしてきました。
その前に、何度か訪れたことがあり、周辺ではいろんな種類のお花が咲くことでも有名なアンデクス修道院周辺を散歩してきた時の様子をアップします。


歩いた日 2017年7月4日


アンデクス修道院(Kloster Andechs)です。ここに来たら修道院醸造のビールを飲むことを忘れてはいけません(笑)。
0_20170714062425bcb.jpg



過去に何回かこの周辺を歩いたことがありますが、今回のこの方向へは初めて。
1_2017071406245103d.jpg


お花が咲くとされてる場所に到着前、野草もたくさん見られましたが、このヤグルマギクは周辺の草原が青い絨毯に見えてしまうほどたくさん咲いてるところもありました。
3_20170714062452a41.jpg


ヤグルマギク  Kornblume(Centaurea cyanus) キク科
4_2017071406245416e.jpg


とうもろこし畑の横を歩いて行きます。
5_20170714062456994.jpg


6_201707140624566f6.jpg


そして、以前歩いた場所は”自然保護区”や”天然記念物”の標識があったので入り口もすぐに分かったのですが、今回の場所はそういうのが見当たらず・・・。なので、保護区ではないのかもです。
ただ、周辺は草刈りがきれいに行われてるのに、一か所だけ草が生え放題、おまけに有刺鉄線で囲われてる状態のところがあったので”ここかな?”と思いそこを訪れてみたら、
7_20170714062459da4.jpg
草むらの中、細い道があります。



咲いてました!このユリの花は今までは山歩きの最中にしか見たことありませんでした。
ファイア・リリー  Feuer-Lilie(Lilium bulbiferum) ユリ科
8_2017071406245906e.jpg


テガタチドリもたくさん咲いてました。
テガタチドリ  Mücken-Händelwurz (Gymnadenia conopsea) ラン科
9_2017071406250194c.jpg


ファイア・リリー、ぽつぽつといくつか咲いてるのを見ることができました。
10_20170714062502376.jpg


これもうち周辺では見ることができない花。
グラジオラスの一種  Sumpf-Siegwurz(Gladiolus palustris) アヤメ科
11_20170714062504578.jpg


こちらもドイツではわりと珍しいお花の様で、保護種になってます。
アマ属の花  Klebriger Lein(Linum viscosum) アマ科
12_20170714062505150.jpg


ヤクヨウカモメヅル Weiße Schwalbenwurz(Vincetoxicum hirundinaria) ガガイモ科
13_20170714062506013.jpg


リュウゼツラン科の花 Rispige Graslilie (Anthericum ramosum)  リュウゼツラン科
14_201707140625085c5.jpg


周辺の草がきれいに刈られてるところももしこうやって生え放題だったら、ここと同じ様にいろんな花が咲いてたのかなあ。
15_20170714062510e5b.jpg


フェアリー・シンブルズ  Kleine Glockenblume(Campanula cochleariifolia) キキョウ科
16_201707140625113e6.jpg


このユリの花が咲いてる箇所はどこも直前まで踏み跡があったので、多くの人が撮影にやってきてるのでしょう。
17_201707140625133b8.jpg


引き返さずにそのまま森の中へと進みました。
19_20170714062514eb8.jpg


グレート・マスターワート  Große Sterndolde (Astrantia major) セリ科
20_20170714062515d67.jpg


クリーピング・ベルフラワー  Acker-Glockenblume (Campanula rapunculoides) キキョウ科
21_20170714062544183.jpg


道の真ん中にキノコがにょきにょき。
22_201707140625466f3.jpg


森を出たので、修道院には戻らずに、3月に訪れた”オキナグサが咲く丘”へと行ってみることにしました。
23_20170714062547871.jpg


中央の奥の方がその丘ですが、
24_2017071406254964f.jpg


3月は畑には何も植わってなくて草も伸びてなかったので、丘へ行く道(踏み跡)を見つけるのも簡単でしたが、今回はそういうのが全く見えないので畑の端の方を歩き、
25_20170714062550180.jpg


最後は生え放題の草の中を藪漕ぎ状態でやっと丘の入り口に辿り着きました(汗)。
26_20170714062552b6f.jpg


夏の山でよく見る花を早速発見!
27_20170714062553ebc.jpg


まだつぼみ状態でした。
イエロー・ゲンティアン  Gelber Enzian(Gentiana lutea)  リンドウ科
28_201707140625556ee.jpg


こちらではこのグラジオラス系の花がたくさん。
29_20170714062556b79.jpg


30_20170714062558c89.jpg


テガタチドリも。
31_20170714062559b46.jpg


マツムシソウもたくさん。
32_201707140626015cc.jpg


そしてまた、バス停のある修道院方面へと戻りました。
33_20170714062602de0.jpg


こちらの修道院は以前も書いたことがありますが、ビアガーデンが有名です。
34_20170714062604b12.jpg


バスの時間まであと約15分。ということで、修道院の醸造所直送のビールを1杯飲んで帰ります♪
35_20170714062605316.jpg
決してこれが目的でここへ来たわけではありません(笑)。



次回は山歩きの記事に戻ります!写真整理に時間がかかるのでいつになることやら・・・(汗)。

Hönig(2034m)

Wank(1780m)とEsterbergalm(1262m)

comment iconコメント ( 4 )

アルペン猫さん、こんにちは。

修道院醸造のビール。いや、これが目当てでしょう?暑いし(笑)

日本は梅雨入りして、とても暑いです。湿度が高いと、暑さが本当に煩わしいですね。
今日は予定があったので、明日はどこかに行こうと画策中です^^

ビールいつもより大きいジョッキのような気が・・・(笑)

ノンアルコールでも何とかキンキンに冷えたビールをお山に持っていけないか、検討中です^^

名前: やまびこ [Edit] 2017-07-15 18:34

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

はい、ビールも目的のうちの一つ・・・と言った方がよかったかも、です(笑)。
ジョッキは、いえいえ、いつもと同じ500mlサイズですよー(笑)。

それにしても今年の日本の夏もまたまたかなり暑そうですね(>_<)
こちらは今週は20度ちょっとの日々が多かったですが、雨や雷雨も多くて出かける計画を立てるのも難しいです。
来週はまた30度の日々になりそうですが(^^;

以前、ラードラー(ビールのレモネード割り)の缶のやつを山で頂いたことがあるんですが、とても冷えてて最高に美味しかったのを思い出します。
直前に冷凍庫に入れて・・・と聞いたような覚えが。
ノンアルコールビールでも、やはり凍らしたら味が変わりますかね(^^;
暑い日は私はスポーツ飲料を凍らして持参してます!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-07-16 01:27

こんばんは。アルペン猫さん。
トウモロコシ畑といい、今回撮影された写真、いずれも絵画のようですね。
ルノワールなど写実派の画家が描いた絵画は、やはり欧州の自然がもたらしたものなのですね。

それのしても修道院の醸造所直送のビールの泡、私には風景以上に美しく感じるのは邪道ですかね(笑)

名前: - [Edit] 2017-07-17 22:01

コメントありがとうございます♪

★ーーさん
こんにちは!
ビールの泡のコメントからして、居酒屋与太郎さん・・・かな?^^
歩いてる時も喉がからからに乾いてたので、このビールを楽しみに歩いてました(笑)。
ここに来る方々は皆同じ気持ちでやってきてると思います^^

こちらの田舎は日本のそれとはまた違った光景があるなあといつも感じます。
仰るように、有名な画家たちはこういう景色を見ながら育ったんだろうなあと実感します。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-07-18 00:53

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)