9月に入った途端お天気が悪い日が多く気温も低い日が続いてるので、今月はまだ一度も山歩きできてませんが、8月にやった山歩きの記録がまだできてないのでその日ことを・・・。

この日は、ちょうど一年前に歩いた、チロルにあるDaniel(ダニエル)とその横に並ぶようにあるUpsspitze(ウプスシュピッツェ)の山頂まで歩いてきました。下りの一部だけを昨年とは違うルートを取りました。
Danielは、属するAmmergauer Alpen(アマガウアー・アルペン)では一番高い山となってます。


歩いた日 2017年8月25日


列車でやってきました。降車駅はLermoos(レルモース)。 1007m
0_2017091318483055c.jpg
ほとんどの一日乗り放題のチケットは、平日は朝9時以降からと時間制限がありますが、この区間にも使えるRegio-Ticket Werdenfelsというチケットは平日でも時間制限なし、値段は一人20ユーロ(1人増えるごとにプラス6ユーロ)、列車の行き先であるWerdenfelser Landと呼ばれる地域で走るDBバスとミュンヘンのS-Bahnにも有効です。
今後、値段や有効範囲はいつでも変わる可能性ありです。




駅から東側に歩くとすぐにこの道標があります。山頂までは3時間半の表記。
1_20170913190125a66.jpg
私はここからはのんびり歩きで3時間35分後に山頂に到着したので自分にしてはまずまずです。



ドイツは既に快晴だったのに、チロル領域に入った途端このお天気。でもこの後は快晴になる予報でした。
2_20170913190127d89.jpg


この時間はまだ閉じてましたが、下りの時はきれいに咲いてました。
イヌサフラン Herbstzeitlose(Colchicum autumnale) ユリ科
3_20170913190129fc1.jpg


グレート・マスターワート  Große Sterndolde (Astrantia major) セリ科
4_20170913190130591.jpg


放牧されてる羊たちはこの時間は忙しくお食事中。
5_20170913190132161.jpg


Lermoos(レルモース)。冬はスキー客でにぎわう村です。
6_201709131901338ca.jpg


ゆっくり歩きなので、次から次に追い抜かれます(^^;
7_201709131901350d4.jpg


歩くのが簡単な山で普段山歩きしないような方がたくさん歩いてる山では私もたまに追い抜くことはあるんですけどねぇ・・・(笑)。
8_20170913190136179.jpg


牛の放牧領域に入ります。ここに入ると、
9_20170913190137b51.jpg


山頂がきれいに見え始めます。中央よりちょっと右側が最初に歩くDaniel、左側がその後に歩くUpsspitze。
10_20170913190139565.jpg


秋になると咲き始める、ギザギザ花弁のリンドウ。
リンドウ Gewöhnliche Fransenenzian (Gentianopsis ciliata)  リンドウ科
11_20170913190140ac6.jpg


歩き始めて約一時間後、やっと眺めもよくなりました。左側の山はZugspitze(ツークシュピッツェ、ドイツ最高峰)です。
12_20170913190142c03.jpg
ツークシュピッツェ山頂に国境が走ってて、これはオーストリア側からの眺めになります。



途中通過のアルムの領域に入ります。
13_20170913190143364.jpg


Tuftlalm(トゥフトゥルアルム、1496m)。食事休憩ができるので、下り時に時間があればビール休憩の予定♪
14_20170913190145e54.jpg
このアルム小屋は生ビールを提供してるので飲まないわけにはいきません(笑)。



朝の10時ちょっと前だったのでまだひっそりとしてました。トイレだけお借りしました。
15_2017091319014664c.jpg


アルム小屋の後ろにあるチャペルの横を通って山頂方面へと進みます。
16_201709131901485ba.jpg


アイブライト(コゴメグサ) Wiesen-Augentrost(Euphrasia officinalis) ゴマノハグサ科
17_201709131901498dc.jpg


チャボアザミ  Silberdistel (Carlina acaulis) キク科
18_20170913190151565.jpg


この日の一週間前に死傷者が出るほどの大きな嵐があったのですが、その影響か、倒れたばかりのような木が多かったです。
19_20170913190153aae.jpg


マーキングがしっかりされてるので間違えないですよ~と思って撮影してたけど、昨年の記事とほぼ同じ場所ばかり撮影してました(^^;
20_20170913190154e4d.jpg


大きなベニテングタケ。でも半分近くはナメクジに食べられちゃってるのかな。
21_20170913190223e2c.jpg


山頂がまた見え始めてテンションが上がります。
22_2017091319022553a.jpg


カルーナ属の花
ギョリュウモド Besenheide (Calluna vulgaris) ツツジ科
23_2017091319022611f.jpg


ヨウシュトリカブト Blauer Eisenhut(Aconitum napellus) キンポウゲ科
24_20170913190228761.jpg


ちょっとだけ岩登り。
25_20170913190229576.jpg


左手はLechtaler Alpen(レヒターラー・アルペン)の眺め。今年歩いた山も見えてましたが、一度歩くとどれがどの山かはっきりしてきますね。
26_20170913190231743.jpg


道が少しずつ険しくなってきます。
27_201709131902320f1.jpg


この付近に咲いてたのは4枚花弁の方のリンドウ。
フィールドゲンティアン Feld- Kranzenzian(Gentianella campestris) リンドウ科
28_201709131902347c2.jpg
昨年はこれの珍しい白いのを発見したので今年も探してみましたが、咲いてませんでした。



矢印のマーキング、分かりやすくてよかったです。
30_2017091319023537e.jpg


右奥が最初に行く山頂。昨年は左側の山頂から歩きました。
31_2017091319023724f.jpg


ツークシュピッツェを右手に眺めながら歩きます。
32_20170913190238fa3.jpg


岩場が多いと、
33_20170913190240141.jpg


こういう花が見られるようになります。
マンネングサ属の花  Dunkle Mauerpfeffer (Sedum atratum) ベンケイソウ科
34_20170913190241ccd.jpg


この辺りからは5枚花弁のリンドウがたくさん咲いてました。
リンドウ  Rauer Kranzenzian (Gentianella aspera) リンドウ科
35_2017091319024365f.jpg


ツークシュピッツェを背景に。
36_20170913190244f41.jpg


山頂もだいぶ近くに見えるようになりました。
37_201709131902468ef.jpg


昨年はこの辺りから少しズリズリと滑りながら歩いたような記憶があったのですが、今回は割と普通に歩けました。
38_201709131902479e9.jpg


イワガスミ;ハナイトナデシコ  Kriechende Gipskraut (Gypsophila repens) ナデシコ科
39_20170913190249e33.jpg


そして山頂を前方に見ながらのラストスパートになります。
40_20170913190250ad7.jpg


ここからは傾斜もそんなにないのでこの付近が一番楽に歩けたような(笑)。
41_201709131903435cd.jpg


両脇にマーキングがあるので、向こうに抜けるのか!?と昨年も今年も思ってしまいましたが、ここから右へ。
42_2017091319034509b.jpg
抜けたら滑落します(汗)。



フェアリー・シンブルズ  Kleine Glockenblume(Campanula cochleariifolia) キキョウ科
43_20170913190347cba.jpg


イエロー・サクシフリジ  Fetthennen-Steinbrech (Saxifraga aizoides) ユキノシタ科
44_20170913190348ee6.jpg
昨年と二日違いの日に歩いてるので、今年は同じ山でのお花の数が少ないのを実感しました。



そして・・・、
45_20170913190349625.jpg


到着です♪最初に書きましたが、登山口からは3時間35分でほぼコースタイムどおり。
46_20170913190351bd2.jpg


山頂からの眺めです。




またまたリブステーキサンドを駅で買っちゃいました。
47_20170913190352ddf.jpg


到着したLermoos(レルモース)村とその周辺の山々。
48_2017091319035400f.jpg


そしてもう一つの山頂へ移動です。右端がその山頂で、下りはその先へと進みます。
49_201709131903557c6.jpg


岩場を通過すると・・・、
50_201709131903573ba.jpg


もう一つの山頂、Upsspitze(ウプスシュピッツェ)に到着。ここは十字架ではなく金属棒だけ(^^;
51_2017091319035845b.jpg


下山する方向、西側の眺めです。
52_201709131904002e1.jpg


昨年はここは歩きませんでした。この方向の眺めは、最初の山頂Danielからよりもいい眺め。
53_20170913190402a43.jpg



パラグライダーさんが二人見えてました。イタリア人のようでした。
54_20170913190403076.jpg


これとこの後の画像は眺めを撮影したのに写ってたのを拡大して切り取った画像ですが、中央のパラグライダーさん、これから飛ぶ準備に入ってます。
55_20170913190404de8.jpg


そしてこれはもう言い訳にもなにもならないし、全て自分の責任ではあるのですが(山では全て自己責任です!)、このパラグライダーさんが矢印のところにあるマーキング付近に翼を広げて準備を始めたために、私、そこを通過する時にマーキングを見落として先へ進んで道を間違えました(汗)。
56_2017091319122580c.jpg


運悪く(?)、間違えて進んだ先には上級者用コースのための別の山への赤い印があったために、これを私は、自分が歩くコースのマーキングだと思ってしまったんです(-_-;)
57_201709131904074e0.jpg
この付近で左方向に進むと分かってたので左に進んだら、「えっ?これが道??」と思えるような箇所で・・・。
結果的にはそれは道ではなかったのですが(汗)。正直、ちょっと怖い思いしました。そこで引き返せたのでよかったですが・・・。
自分への戒めのために書いてます。


怖い思いしてる時に、さっきのパラグライダーさんが私の上空すれすれを「ヒャッホ~!」みたいな叫び声を上げながら飛んでいきました(>_<)


そして引き返した先で、正しい曲がり角、正しいマーキング発見です(-_-;)
58_201709131904098a1.jpg


先へ進むと道標も。なんか力が抜けました~(汗)。
59_20170913190410389.jpg


まだまだ力が抜けそうな気分のまま下ってました(汗)。
60_20170913190412f28.jpg
でも転んだりはしてませんよ!ちょっとだけ滑ったけど(笑)!



アルパイン・トードフラックス  Alpen-Leinkraut (Linaria alpina) ゴマノハグサ科
61_2017091319043166f.jpg


ブルーグリーン・サクシフリジ  Blaugrüner Steinbrech (Saxifraga caesia) ユキノシタ科
62_20170913190432bf6.jpg


眺めのいい歩きだけど、道を間違ったショックからまだまだ立ち直れてませんでした(汗)。
63_2017091319043497e.jpg


Grüner Ups(グリューナー・ウプス)を通過。 1852m
64_20170913190435497.jpg


まだまだハイマツの中を歩いて行きます。
65_20170913190437706.jpg


ウメバチソウ  Sumpf-Herzblatt (Parnassia palustris) ウメバチソウ科
66_201709131904385ed.jpg


ウーリーシスル  Wollkopf-Kratzdistel (Cirsium eriophorum) キク科
67_201709131904406a3.jpg


牛の鳴き声がだいぶ近くに聞こえるようになってきました。
68_201709131904416eb.jpg


アルム小屋はもうすぐ。
69_201709131904435c5.jpg


往路でも通過したアルム小屋に到着!
70_2017091319044432e.jpg


ビールが待ってます(笑)!
71_201709131904468c7.jpg


やっぱ生ビールはいいですねぇ♪
72_20170913190447d22.jpg


そしてその後は往路と同じ道を下ります。電車の時間には余裕があるのでゆっくり、ゆっくりと下りました。
73_201709131904495e0.jpg


往路では気づきませんでしたが、↑の門の上には牛が。
74_20170913190450fa3.jpg
昨年はここのこういう入り口はなかったので新しく設置されたのだと思いますが、なかなかかわいらしい♪



駅がある村も近くなってきました。
75_20170913190452905.jpg


イヌサフランもきれいに開花してました。
76_20170913190453fbb.jpg


そして駅に到着です。
77_20170913190455620.jpg


数分の遅れのみで電車はやってきました。
78_20170913190456816.jpg

そして無事に地元に到着しました。


この日歩いた距離は約12.32㎞、累積標高は上りが1358m、下りが1379mとなってました。
道を曲がる様な箇所では、誰かそこに人がいて何かやってたとしても、道をはっきりと確認すること、これが今回の大きな学びでした。
人をじろじろ見るのを避けるためにチラッ、チラッとだけ確認しながら歩いたのが大きな失敗となった一日でしたが、それ以外では満足のいく歩きができた日となりました。

Krottenkopf(2086m)とHohe Kisten(1922m)

Oberbrunnalm (1523m)とZäunlkopf(1746m)

comment iconコメント ( 6 )

こんにちは!

ドシャーっと降って来るのではないかと思う雲でしたが、予報通り晴れて良かったですね♪
8月とはいえ、朝は寒かったんじゃないですか?
それなのに、短いズボンをはいて登っていく人たち...
いまだにドイツ人の感覚が理解できません^^;

マンネングサ属の花、変わったお花ですね。
ベンケイソウの仲間と言うことは、きっと葉っぱもかわいいでしょうね♪
リンドウは、相変わらずの美しさ^^
ブルーグリーン・サクシフリジ、白いお花とツブツブの葉っぱがかわいすぎます♡

それにしても、道がなくなってしまった(?)時は、慌てられたでしょうね。
すぐに引き返すことができて良かったです。
パラグライダーさん、「ヒャッホ~!」ちゃうで!(笑)

慣れていらっしゃるアルペン猫さんにも、こういうことが起こるんですね。
初心者は、一人で歩いちゃダメだな~と、改めて感じました。

名前: pil [Edit] 2017-09-14 00:14

コメントありがとうございます♪

★pilさん
こんばんは!^^

チロルに入った途端こんな色の雲に覆われてたので「えーーっ!!」な気持ちになりましたが、ちゃんと晴れてよかったです^^
朝、めちゃくちゃ寒かったですよ(>_<)
電車下りた時はまだよかったけど、その30分くらい前に乗り継ぎをした駅のホームではガタガタ震えて、歯もガチガチ鳴ってしまったほどです(汗)。

ベンケイソウ科のお花、私けっこう好きなんですが、私が歩く地域、高度の山でだとこの一種類くらいしかなかなか見る機会ないです(^^;
昔、休暇で行ってたもっと南の方のチロルではいろんな種類が咲いてました。
ブルーグリーン・サクシフリジのようなユキノシタ科のお花も好きなんですが、今年は山のお花がどこもいまいちで、あまり種類を見ることができませんでした。

道がなくなって、パラグライダーが「ヒャッホ~!」とやってた時は、私、正直ちょっと危ない場所にいまして、”ここで自分に何か起こったら、あのパラグライダーが目撃者になるんだ~。ちゃんと言ってくれるかな~・・・”などと考えてたくらいです(-_-;)

遭難の理由はやっぱり道迷いが一番多いみたいです。
私みたいなのはできたら山歩きはソロより二人以上が望ましいかなとは思うんですけど、初心者の方の一人歩きは特に危ないと思います!(>_<)

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-09-14 05:05

アルペン猫さん こんにちは

いつもながら素敵な眺望ですね~。
レポの写真とか拝見してると同じコース歩きたくなってきます(^^

ルートロスはどんなベテランさんでもあるみたいですよ。
僕なんかしょっちゅう間違えてるので、もう慣れてきました(笑
とにかく引き返すのが鉄則のようです(←分かってるのになかなか出来ない^^;)

お天気、不安定みたいですね。
こちらも週末は台風で山歩きはダメっぽいし。。。>_<

秋晴れにまったりとハイクして美味しい生ビール飲みたいです^^

名前: としパパ [Edit] 2017-09-14 22:07

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

久々に2千m超えてる山まで歩いて、やっぱり眺めが違うな~と実感してきました^^

道を間違った時、こうやって自宅でだと冷静に”引き返すこと”とか思うんですが、なぜか現地では私もそれができません(>_<)
というか、間違ったと思ってなくて先に進んでしまってます(-_-;)
おかしいと思ったら引き返せばいいのに、それができてません(涙)。
今回も間違ったと思ってなくて先に進んでしまって・・・、”ヘリ要請か?”もちらっと頭に浮かんだくらいです(汗)。

9月はほとんど雨ばかりで、気温も15度以下の日が多いです(涙)。
山はもっともっと寒いです(;_;)
台風、お気をつけくださいね!

本当に、私も秋の山歩きを楽しみたいのですが・・・(^^;
せめて10月に持ち直してくれたらなあと思ってます。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-09-15 03:25

こんにちは。アルペン猫さん

最近はさりげなく、高度差をこなしていらっしゃいますね。
でも、いつもながらお山から見る風景が広大で、ついつい足が進む姿が思い浮かびます。
ツークシュピッツェというお山は、これまた切り立った個性的な姿をしていますね。次に登りたいと思うんですね、気になるお山を見かけると・・
羨ましいな。周辺にあれだけ魅力的な山々が並び立っているんですから。

アイブライトは可憐な花ですね。ちょっと白スミレのような色相です。

今度はは牛が・・空中に あんなところ登るんですか。色んなシチュエーションで楽しませてもらってます(笑)

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2017-09-17 11:25

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!

高度差がある場所は私は時間がかなりかかってしまうので、雪の心配がなく日暮れもまだそんなに遅くない8月に挑戦するようにしてます。
この周辺の山、ツークシュピッツェもそうですが上級者コースが多いのでなかなか私が登れる山がありません(汗)。
ツークシュピッツェは山頂の近くまでロープウェイがあるのでいつかそれで・・・とは思うのですが、これがけっこうなお値段なのでなかなか行く機会がありません(^^;

アイブライト(コゴメグサ)は日本でも咲いてるようですよ~^^

そういえばビールを飲んだこのアルムにいた牛たちも一週間前に麓に下りました。
山に行って牛がいないと、なんだか寂しく感じるようになりました(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-09-18 16:21

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)