今回は、最近歩いた山のことから書きたいと思います。





・目的地の山小屋 【Lamsenjochhütte 1953m】  歩いた日  2014年8月2日

・スタート地点 Alpengasthof Eng(Hinterriß、オーストリア) 1203m




このスタート地点からは、昨年、いくつかのコースを歩きました。その時のことは、今後、順次に書いていく予定です(いつになるかは・・・??)。

こちらがスタート地点からの風景です。ここからいろんなコースが始まります。
aa1.jpg



今回は↑の道は真っ直ぐには進まず、Engalm(エングアルム)への門の後、すぐ左手に道標があるので、そこから左に曲がります。目的地の山小屋、Lamsenjochhütte(ラムゼンヨッホヒュッテ)までは2時間半の表示になっています。
道標の横の看板に”Binsalm”とありますが、このアルム経由で歩きます。Binsalmへは昨年歩きましたが、Binsalmだけに行くのなら、この場所で曲がらず、真っ直ぐにEngalm方面へ歩いて、林道のみを歩いて行く道、もしくはパノラマ道をお勧めします。今回は時間短縮のためここで道標どおりに曲がりました。
aa2.jpg

しばらくは沢沿いの道を歩き、途中からは森林の中の山道になります。
aa3.jpg

そして林道に合流します。
aa4.jpg

林道沿いの岩壁には、カンパニュラがたくさん咲いてました。 
aa5.jpg

歩いてきた方向を振り返って・・・。見えてる山小屋はBinsalm(ビンズアルム、1500m)です。私は林道をそのまま真っ直ぐに進みましたが、この山小屋の右手の方に、草原の上を歩いていく近道がありました。復路はその道を歩きました。
aa6.jpg

Binsalmの近くで。ここで左に曲がります。曲がらずに真っ直ぐ進むと、Engalmに続くパノラマ道になります。
aa7.jpg

男性二人が道を外れて歩いて行ってますが、これも近道でした。この場所では、男性たちが歩いてるところに道が見えなかったので私はそのまま通常の道を歩きましたが、このコースでは、林道を外れて少しだけ近道になる山道がこの先も時々ありました。
aa8.jpg

アルペンローゼがたくさん咲いててきれいでした。
aa9.jpg

この道も、林道から外れた道です。林道から外れる場所に道標はなかったのですが、多くのハイキング客はこの近道を歩いてたので、これが山小屋へ続く道というのはすぐに分かりました。
aa10.jpg

でも!ちゃんとした道のようであっても、一応コースからはほんのちょっと外れてるせいか、こういう場所も歩くことになります。
aa11.jpg
↑と↓の箇所、水は流れてなかったけど、沢の箇所かもしれません。特に危険と言うわけではないのですが、ストックがないと歩きにくいかな・・・と感じる箇所もありました。なので、楽に普通に歩きたい方は、林道からは外れないことをお勧めします!
aa12.jpg

そしてずっと先に進むと、牛たちが放牧されてるのが見えてきました。ここも道はあるものの、まだまだ通常コースの道からは外れた近道になります。
aa13.jpg

でも、当日、この道の整備をがあってたので、この道もいずれきちんとした道になって、道標が立つかもしれません。木材で簡単な階段を作ってある最中でした。左側に小さくマウンテンバイカーが写ってますが、そこが林道です。
aa14.jpg

歩いてきた方向を振り返っての眺めです。
aa15.jpg

そしてこの辺りから、山小屋方面へ続く、ちゃんとしたコースの道となります。
aa16.jpg

門がある場所までくると、山小屋はもう奥の方向に見えてます。中央付近に、ジグザグになってる道が見えるでしょうか?この道は、Achensee(アッヘン湖)沿いのPertisau(ペルティサウ)という村から続く、Gramaialm(グラマイアルム)へと続く道になってます。
aa17.jpg
↑の写真の山小屋、後ろの岩山と色が同化してしまってよく分からないので、山小屋部分だけを拡大してみました。
aa18.jpg

道を進みます。左手の谷の草原部分に見えるのがGramaialmです。目的地の山小屋までは、このGramaialmから歩いてくる人もとても多いです。ジグザグの道も右下に見えてます。
aa19.jpg

この道は、特に危ないということはありませんでした。軽装で歩いてる人もけっこういましたよ。
aa20.jpg

そして山小屋が目の前に見えてきました!写真、動画撮影などで時間を取りましたが、2時間50分で到着です。
aa21.jpg

山小屋の後ろの風景。右の一番高い山はLamsenspitze(2508m)、クライミングコースになってます。
aa22.jpg

近くにあったチャペルです。Karwendelの山々で亡くなられた方々の遺影などがありました。
aa23.jpg

Schwaz(シュヴァーツ)の山岳救助隊の車が停まってました。Schwaz方面からだと、山小屋へは、車も走れる林道が続いてます。一般車はもちろん走れませんよー。
aa24.jpg

山小屋で休憩したかったのですが、外の席は満席状態。おまけに、クライミングを終えて戻ってきた人たちが、「ここからは見えないけどあっちは空が真っ暗だった。雷雨にならないとも言い切れない」と言うので、山小屋では休憩はせずにすぐに下山を開始しました。

そしてまた、行きも通ったBinsalmまで来ました。この三角形の建物はチャペルです。お花がたくさん飾ってあって、なにやら神聖な雰囲気がするなあと思ってたら、結婚式があってました!
aa25.jpg

中央が花嫁、花婿。こんな場所で結婚式とは、地元の人かな・・・?と思ってたら、なんと、ドイツのフランケン地方からの方たちでした(笑)。なんでわざわざそんなところから・・・??
aa26.jpg

そして、ガストホフのあるスタート地点まで戻ってきました。喉がすごく渇いてたので、とりあえずラードラーを飲みました!
aa27.jpg

駐車場のあるAlpengasthof Engでは、レストランはもちろん、お土産屋、それから↑の写真のようにチーズ、サラミなどを売ってる店があります。Engalmの集落の場所にも、レストランが1軒、チーズやサラミ、ちょっとしたお土産が買える店が1軒あります。

喉の渇きを癒してのんびりしてたら、カウベルの音が聞こえてきました。その方向へ進んでみると、放牧されてた場所から牛小屋へ戻る、牛軍団に出会いました(笑)。牛たち、自主的に牛小屋方面へ戻ってて、感心しました。
aa28.jpg

最後尾に牛飼いさんが歩いてました。全部で228頭の牛がいるそうです。一軒の農家の牛ではなく、もちろん、いろんな農家からの牛たちです。
aa29.jpg

その後、夕食をガストホフで食べたのですが、その時に雨がポツポツと降ってきました。でも雷雨にはならず、ホッとしました。


歩いてみての感想:特に危ないと感じた箇所はなかったので、個人的には、とても歩きやすいコースだと思いました。林道から外れた道では、途中、石がゴロゴロした箇所があるので、注意するとすれば、下山時に石に足を取られないように気をつけることくらいでしょうか。8月始めに歩きましたが、雪が残ってる箇所はなかったです。

Gramai-Hochleger 1756m

はじめまして

comment iconコメント ( 8 )

こちらのブログはあちらにリンクを貼らないのですか?
カテゴリーが地域別になりそうなので、検索するときに便利になりますね。
しかし景色は荒々しいですねえ。 岩山が怖いくらいです。

名前: REI [Edit] 2014-08-22 17:33

Re: タイトルなし

★REIさん
ブログができました・・・とは書きませんが、この山のことをあっちにちょっと書いた時に、”詳しく知りたい方はこちらへ・・・”と、記事内にリンクを貼ろうかと思ってます!
(そうでないと、興味ない方も誘導させてしまっては申し訳ないので、汗)。
こちらでは、過去に登った山で既にアップしたことも、新たにもっと詳しく書いていこうかなと思ってます。
景色、なかなかでしょう!でも道が簡単なので、ティーンエイジャーで、遠足気分で来てる子が多かったです^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-08-22 22:10

こんにちは~^^/
これからは、牛軍団や可憐なお花、山でのビールやお食事は、コチラで拝見できるんですね^^
ふふふ、楽しみだ~^^

結婚式、勿論、このチャペルまで、花嫁花婿さんや参列者の方も、歩いてこられたのかしら??
なんだか、楽しそう~

名前: ほんなあほな。 [Edit] 2014-09-06 11:55

Re: タイトルなし

★ほんなあほな。さん
コメント&ご訪問、ありがとうございます!
あちらの猫ブログであまりにも山の写真が増え過ぎてごちゃごちゃなってしまうので、山の部分だけ画像容量が多いこっちに移動しましたー。
あっちが満杯になったら猫ブログもfc2で新たにやろうかと思ってる最中です^^
(画像アップ問題が皆さんのおかげで解決したのでこっちがよさそうです)。

このアルムまでは許可された車両だけは走れるので、もしかしたら一部の方は車で来た可能性ありです。
でもみんなとなると多過ぎるので、やっぱり招待客は歩いて・・・かも。
簡単に来れる場所なんですよー^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-09-06 15:11

ほんなあほな。さんのコメントを拝見して、結婚式をするにはここまで来ないといけないんだと改めて思いました。
お天気のいい日でよかったですね。雨が降ったら大変。
たくさんの牛さんたちは上手に歩いていますね。
雄大なアルプスの風景ですね。
ラードラーがおいしそう~

名前: Luna [Edit] 2014-09-06 20:36

Re: タイトルなし

★Lunaさん
コメントありがとうございます~!
このアルムまでは、農家の方やらの、許可された車両なら走れますが、これだけの招待客なので、皆さん歩いてきてるのかもしれません。
アルムまでは歩きやすい林道があるので問題はなしですが、それでも300m登って来るのは普通の結婚式ではないことですよね・・・。
たくさん歩いた後のラードラーは何倍も美味しく感じますよ~^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-09-07 19:42

うわあ!山歩きブログ開設おめでとうございまぁす!
これは雰囲気もあちらと違ってまたいいにゃ!^^b
すごい景色なのにゃあ!
おねえ・・・車のことあんまし詳しくないけど・・・
ディフェンダーに見えるけど気のせいにゃあ?
オーストリアだとゲレンデワーゲンだよねー?
オチリやルーフがディフェンダーっぽいけど・・・
それともドイツやオーストリアでもディフェンダー・・・ランドローバーってお山では一般的なのかなぁ・・・

名前: Gavi [Edit] 2014-09-07 21:18

Re: タイトルなし

★Gaviちゃん
コメント、ありがとうね~!!←コメントくれたみんにゃは勝手にリンクに入れちゃったよー(笑)。
記録でもっと詳しく書いておきたかったからこっちに分けて書くことにしたけど、猫ブログもたぶんfc2で新たに開設しようかなと思ってるから、その時はよろしくね^^
車ね、私も全く分からないけど、これ、”メルセデスGW改(山岳救助隊特別仕様車)”って書いてた人がいたの。
ということは、ゲレンデワーゲン、だよね??
Gaviちゃんのおねえちゃん、すごいよー、あれこれ名前書けるだけでも!
ドイツの山で見た山岳救助隊の車はTOYOTAだったよー^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2014-09-07 23:29

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)