グロースファクター

前回記事の続きです。



ロープウェイで下に降りてきた後は、ホテルへと戻りました。まだ時間的にはそんなに遅くないので、農家のトラックがまだたくさん走ってました。
a1_20150810045155415.jpg
乗用車もトラックもけっこうなスピードで走ってるのでこの道を歩いてる時は本当に要注意。この道、歩行者用の道路を端の方に設けてほしいものです・・・。


続きを読む

前回記事の続きです。

Saltria(サルトリア)からバスでCompatsch(コンパス)までバスで戻って来た後は、とりあえずゴンドラに乗って上まで行くことにしました。


コンパスの中心部方面へ歩きます。左の水色の建物が、初日に乗ってきたロープウェイの山頂駅です。右側の茶色の建物(レストラン)の前で右に曲がって下って行くと、ゴンドラ、リフトの麓駅に到着します。
q1_2015080616242562d.jpg

現地にはたくさんのロープウェイなどが設置されてます。その多くは冬用ですが、現地のサイトを見ると、今の時点では全部で8つ営業してるようです。


続きを読む

前回記事から続いてます。


滞在した宿の朝食は7時半からでした。朝食に行く前の部屋からの外の風景。この時はまだ日が差してました。
q1_201508022335483e7.jpg



続きを読む

前回記事から続いてます。


宿に到着後、しばらくしてたら雨が止みました。夕食の時間まで2時間半ほどあったので、宿の方に、「近くを軽くお散歩したいのだけど」と言ったら、近くのコースを教えてくれました。
地図などは持ってませんでしたが、”散歩”だし、”とても簡単に歩ける”と言われたので、そのコースを歩くことに。

部屋からも見えてた、↓の青い矢印の部分、駐車場の『P』の看板がある所を右に曲がるように言われたのでそこからスタート。
q1_201507301721056e5.jpg


続きを読む

週末、イタリアは南チロルのアルペ・ディ・シウジ(独:サイサー・アルム)へ一人で行ってきました!たったの2泊の旅でしたが、一度行ってみたいなあと思ってたので、満足の2泊の旅となりました。
元々はオーストリアだったこの地、南チロルと呼ぶのはドイツ語圏の住民だけでしょうか。イタリアでは、この地を”チロル”と呼ぶことを禁じた時もあったようですね。
ドイツ語も普通に通じる土地なので、ドイツ語圏に住んでる私には旅はしやすかったです。

さて、私は公共の交通機関を利用して現地へ行ったのですが、ちょっとあれこれ分かりにくい部分もあったのと、ネットでの情報が古くて違う部分もあったので、記録のためにもまずは現地への行き方を今回はまとめておこうと思います。

旅した日 2015年7月23日~25日


ドイツからは列車で、まずはボルツァーノ(独:ボーツェン)へと走りました。こちらがボルツァーノ駅です。
q1_20150727020809f72.jpg


続きを読む