FC2ブログ

2020年4月7日のスーパームーン(Supermond)。
DSC_0525.jpg


DSC_0574.jpg


DSC_0580.jpg



早く普通の日々が戻ってきますように!

今回のこの記事に関しては、外出制限が出てるこちらの状況下でのことであり、日本にこれがそのまま当てはまるわけではありませんので、よろしくお願いいたします。



こちらでの外出制限はまだまだ続いてます。日本と違って警察の取り締まりも行われてて、違反者には罰金も科せられることになっています。
”屋外での新鮮な空気を吸うための運動やその他必要な活動のための外出”は一人または二人までで、3人以上は家族との外出のみ許可…となってます。
あと、”公共空間において,他人との距離を必ず最低1.5メートル,可能であれば2メートル以上とること”…ともなってます。


そういったことをふまえて、山岳協会では、”山歩きはしないようにしましょう、でも運動はしましょう”とHPでも呼びかけてます。
山歩きを今のこの時期に推奨しない理由として、今はまだ多くの山で雪も残ってるので、人気の里山には人が集中してしまうことが書かれてました。
今はグループ活動などは厳しく禁止されていて、同じ山に人が集まるのは非常に危険。そして山頂が狭かったり、登山道が狭かったりすると、他の人との十分な間隔が取れずにそれも危険だとありました。
山歩きでもそうですが、スポーツをやってる最中は、誰もが呼吸を深くやってしまうもの。そのことも、他の人と十分な距離が取れない山頂や登山道ではリスクになるともありました。


あと、こんなのもありました。ドイツ山岳協会より画像はお借りしました。
d1.jpg
”私たちのことも念頭に置いてください。自宅にいましょう!”とあります。
もし事故などが起こり救助隊要請となると、救助隊にも感染のリスクがあるということです。そして救助されて病院に運ばれたとしても、今はどこの病院も大変な時期なので、こういったレジャーによる患者は病院側によけいに負担になる…とありました。


…と、まあ、考えればどれも普通に分かることではありますが、どうしてもどこかに抜け道を探してしまって自由を満喫しようとする人がいるのも事実。だからこういったことをわざわざ書かれてるのでしょう。

お天気がいい日が続いててのこういう状況はとても残念ですが、その分、また普通に山に行くことができるようになったらその分喜びも大きいかな?
早く今の状況が終息するといいなあと思ってます。



お散歩するのは許可されてるので、先週はうちの隣の森でベアラオホ(ラムソン、熊ニラ)摘みを楽しんでました。
d2.jpg

唯一の外出は、スーパーへの買い物とお散歩のみの日々が続いてます。