グロースファクター

公共の交通機関を利用しての山歩きの本に、”ドイツで一番高いところに位置する農場(Hohe Asten、1103m)”までの山歩きが紹介されてました。この標高だったらもう雪の心配はないし、スタート地点からの標高差も、単純計算で600mちょっとで平日でも歩けそうだったので、次はここへ・・・と考えてました。
今回、車を利用して移動できることになったのですが出発がちょっと遅くなりそうだったので、ここを行き先に決めました。

トレーニングのための歩きだし、頂上は目指さないし・・・と、午後からゆっくり歩き始めたのですが、途中、今までに見たことのなかった野生動物を見ることができて、楽しい歩きをすることができました。


歩いた日  2016年4月19日



車はアウトバーン上を走ります。途中でオーストリアのクーフシュタイン方面へと進みます。
a1_20160421004017904.jpg


フリンツバッハ(Flintsbach)という村に到着後、スタートはこちらの駐車場から。      Wanderparkplatz Petersberg(481m)
a2_201604210045007db.jpg


右側へ進みます。
a3_20160421004236eee.jpg


歩きだしてすぐに、左側に廃墟が見えてきます。    Burg Unter-Falkenstein(536m)
a4_201604210042391d3.jpg


セイヨウカノコソウ。   Echter Baldrian (Valeriana officinalis) オミナエシ科
a5_2016042100423966e.jpg


イエロー・アネモネ。    Gelbes Windröschen(Anemone ranunculoides) キンポウゲ科
a6_20160421004250adb.jpg


ヒメツルニチニチソウ    Kleines Immergrün(Vinca minor)
a7_20160421004252a8f.jpg


こちらがその廃墟、ファルケンシュタイン城です。
a8_20160421004255f6b.jpg


13世紀頃に建てられたようで、1784年に焼け落ちたそうです。
a9_201604210042556d2.jpg


この廃墟の方に進む道もあるようですが、今回の目的は別方向。そのまま林道を進みます。
a10_20160421004257c80.jpg


最後まで林道を歩くこともできるのですが、本に勧めてあったように、途中だけ登山道を選んで歩きました。
a11_20160421004539a70.jpg


しかし、前日までの雨で道がとても滑りやすく、おまけにかなりの傾斜だったので、林道を歩けばよかったかも・・・と、少しだけ後悔^^;
a12_20160421004539a40.jpg


林道に合流した時はホッとしました^^;
a13_20160421004541d83.jpg


新緑が気持ちよかったです。
a14_201604210045444ed.jpg


カルダミネ・ブルビフェラ。    Zwiebel-Zahnwurz(Cardamine bulbifera) アブラナ科
a15_20160421004544426.jpg


セイタカセイヨウサクラソウ。   Hohe Schlüsselblume(Primula elatior) サクラソウ科
a16_20160421004557e1b.jpg


a17_20160421004559100.jpg


a18_20160421004601da2.jpg


セイヨウフキ。   Rote Pestwurz(Petasites hybridus) キク科
a19_20160421004602e5e.jpg


リュウキンカ。   Sumpfdotterblume (Caltha palustris) キンポウゲ科
a20_20160421004603254.jpg


a21_201604210047061f3.jpg


この花、たくさん咲いてたのですが、何の花か分からず・・・。手持ちの植物図鑑にはそっくりな花は載ってるのですが、葉っぱの形が全然違ってました。
a22_20160421004708dc4.jpg


ヤブイチゲはもうそろそろ終わりですねぇ・・・。    Buschwindröschen(Anemone nemorosa) キンポウゲ科
a23_201604210047094bd.jpg


そして農場の入り口に到着です!全部は写しきれませんでしたが、とても広大な農場にびっくりしました。
a24_20160421004712c38.jpg


羊が放牧されてました。
a25_2016042100471238b.jpg


右側に進むと、オーストリアになります。国境までは10kmくらいの距離。
a26_2016042100472852d.jpg


農場の建物が並ぶ所に到着です。スタート地点から約1時間40分経過。
a27_20160421004730d21.jpg


a28_201604210047313d6.jpg


右側の小さな建物はチャペル。その左側、ちょうど真ん中になる建物にレストランが入ってます。その左側の奥の建物は厩舎。
a29_20160421004733f90.jpg


右側の建物の1階部分がレストランです。
a30_20160421004734956.jpg


こちらが厩舎。
a31_2016042100483570c.jpg


牛は奥の広々とした方の中にいました。
a32_20160421004837ed5.jpg

この農場のレストランで飲み物休憩でもしようかと思ってたのですが、今回は駐車場でまた待ち合わせをしてて、帰りに食事をして行くことになってたので、ここでは休憩せずに下りることにしました。

帰りは同じ道を下ります。


そして、その途中で、これを見ることができました!ヨーロッパオオライチョウです!
a33_201604210048396e3.jpg


今まで、剥製でしか見たことなく、いつか本物に出会えたら・・・とは思ってたものの、なかなか出会うことの少ない生き物です。それにここで出会えるなんてと、大興奮してしまいました!
a34_20160421004840c86.jpg


離れた場所からズームで撮影しましたが、このオオライチョウ、かなり気性が激しい生き物のようでして、私を二度ほど攻撃しようとしてきました(-_-;)




刺激しないように離れた場所から撮影してたんですけどねぇ・・・。
a35_201604210048432c4.jpg


怒って道まで出てきてしまって、私もかなりの恐怖を感じたので、これで撮影は終了にしました(汗)。
a36_201604210049205d1.jpg


途中、右側に進んで、教会のあるPetersberg(847m)の方へと進みます。
a37_20160421004921e09.jpg


かなり急な坂道・・・。
a38_20160421004923486.jpg


ワスレナグサ。
a39_20160421004924192.jpg


マツバトウダイ。  Zypressen-Wolfsmilch (Euphorbia cyparissias) トウダイグサ科
a40_20160421004925acd.jpg


教会が見えてきました。
a41_201604210052242eb.jpg


入り口はけっこう地味なんですが、
a42_20160421005225f3e.jpg


中はとても綺麗な教会でした。
a43_20160421005228941.jpg

この教会の敷地内にも小さなレストランがあります。


4月始めに簡単な歩きをした、ブランネンブルク(Brannenburg)の村、山が見えてました。
a44_20160421005229bb7.jpg


そしてまた駐車場へと歩いて行きます。
a45_201604210052309a3.jpg


そして歩き終えた後はもちろんビール♪
a46_20160421005242494.jpg


地元のビール会社のマークは、この日初めて見ることができたヨーロッパオオライチョウ。
a47_2016042100524267c.jpg


コースターももちろんこの柄です。
a48_20160421005243f33.jpg


食事は、これから旬になっていく、ホワイトアスパラガスの料理を注文です。ステーキとじゃが芋添え。
a49_2016042100524596d.jpg


ビールをもう一杯飲んでしまいました♪
a50_20160421005246baf.jpg


この日の歩きは約10km。最後のビールと食事でカロリーも帳消し~・・・ではありますが、ヨーロッパオオライチョウの発見と美味しいご飯で、とても気分よく一日を終えることができました^^

Rechelkopf(1330m)

Berggasthof Neureuth(1264m) 山小屋までの歩き

comment iconコメント ( 12 )

はじめまして

ヨーロッパオオライチョウ、初めて見せていただきました。
尾がまるで扇のようで、印象的です。
鳴き声が、予想に反して地味で、これもまた印象的(笑)
貴重な映像、ありがとうございました。

名前: pil [Edit] 2016-04-21 03:29

アルペン猫さん、こんにちは。

ヨーロッパオウライチョウですか?鳥が威嚇してくるなんてすごいですね。こちらではクマさんが活動を始めたようです。
特に静かであまり人が行かない山に行くと、怖いことがあります。

お花多いですね。新緑もきれいですし、楽しんで登れますね。

名前: やまびこ [Edit] 2016-04-21 05:40

コメントありがとうございます♪

★pilさん
はじめまして&ご訪問ありがとうございます!
ヨーロッパオオライチョウ、やっとやっと見ることができてものすごく興奮してしまいました。
鳴き声、地味でしょう~(笑)。だから油断してしまって・・・(汗)。
動画の続きは、私に向かって攻撃寸前になります(>_<)
最初はゆっくり近付いて、直前で一気にやってくるんですよ・・・。
たぶんもう今後は出会えない生き物だと思うので、怖かったけど、とてもいい経験をしました。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-21 23:26

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!
私、まさかこうやって威嚇してくるとは思いもよらなかったので、とにかく怖くて怖くてたまりませんでした(汗)。
帰ってからネットで調べたら、”人間を攻撃する”とありました・・・。
でもこのオオライチョウはとにかく珍しくて出会うことはほとんどないと思うので、普段は安全に歩けます^^;
熊、怖いですね(>_<) こっちにいなくてよかったです。
いたら一人ででは絶対に歩けません・・・。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-21 23:30

すごい!動画も撮ってらしたんだ@@/
ああ、本当に、威嚇されてる(;・∀・)しかも、結構な大きさですねぇ
こんな珍しい子と出会えたなんて、ラッキ~!
宝くじ、買ってみるとかww

この季節、ヨーロッパブログの方の所で、ホワイトアスパラを季節の風物詩の様に見掛けて、ごっくん♪
さすが!ジャガイモとステーキ添えで、メインがホワイトアスパラなんですねw

名前: ほんなあほな。 [Edit] 2016-04-22 06:51

@@!この子、こんなに派手できれいなのに、お声はかっちょ悪いのにゃあ!
おっきいしおでぶだし、攻撃されたら恐いよね!

名前: Gavi [Edit] 2016-04-22 11:17

アルペン猫さん こんにちは

僕も昨年一度だけライチョウ見たんですが、人の気配にも無関心でおとなしい鳥でしたけど、挑発してくるなんて生息地によって姿形だけでなく性格も全然違うみたいです(^^でもブランドマークに使われるってことは、余程有名なんですね。
イエローアネモネ・・・ドイツではよく咲いているお花なんですか?
キンポウゲ科の花は時季的にもよく見かけてきますよね。

あっ、カロリー気にしないほうがいいですよっ!
美味しいビールのためのハイクなんですから(笑)

名前: としパパ [Edit] 2016-04-22 19:11

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
ズームでですが、なんとか動画も撮りました!^^
動画の最後というか続きは、こっちにすごいスピードで向かってきたので、慌てて逃げました(汗)。
この鳥を見ただけでもう運は使い果たしたかも・・・(-_-;)

そうなんです~、今、アスパラガスがあちこちで売られてて、ドイツは6月半ば頃までの期間限定ものなのでついつい食べてしまいます^^
アスパラがメインなんです!
メニューにも、アスパラガス(+じゃが芋)の値段が載ってて、その下に、付け合せニューで、ハムや魚、お肉・・・が載ってる事が多いです^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-23 01:34

コメントありがとうございます♪

★Gaviちゃん
声、どすの効いたような低い声、かわいくないでしょー^^;
鳥の声ってかわいいのが多いのにね、残念よねぇ(笑)。
でもこの声で相手を威嚇してるのかもしれない・・・。
動画は、私に向かって威嚇してる最中よ(汗)。
途中からものすごいスピードで向かってきたから怖かった(>_<)

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-23 01:36

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!
ライチョウをご覧になったのですね~。
画像検索で見てみましたが、日本のライチョウはかわいいかも^^
こちらのライチョウは、ググると、人間を攻撃してる動画が他にも出てくるくらいなので、やはり危ないようです・・・。
この辺りに昔から生息してたんでしょうね、こうやってマークに使われるくらいだから。
イエロー・アネモネ、はい、こちらではよく咲くお花みたいです!
キンポウゲ科のお花、もっと高地に行くと珍しいお花もあるので、そういうのを今年はまた見れたらなあと思ってます。

そうですね、じっと家にいて飲むビールと、たくさん歩いた後のビールの味は全然違いますね^^
これからは気にせず飲みます(&食べます)、笑。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-23 01:43

おはようございます。アルペン猫さん。
ヨーロッパオオライチョウ。貴重なものを見せていただきました!
同じライチョウでもおとなしい日本の奴とは迫力が違いますね。ちょっと感動です。
ファルケンシュタイン城といい、教会のビールといい、とてもシュールな感じのトレイル、やはりドイツ羨ましいです!

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2016-04-23 08:13

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんばんは!
私自身、たぶんこの先もこの鳥を山歩き中に見かけることはないと思ってたので、本当に驚きました。
最初は、ほとんど動いてないから置き物だと思って、”山にこんなものを置いたのは誰だ”と思ったくらいでした^^;
Wikiに、ライチョウの中では一番最大とあるので、日本のに比べたらかなり大きいのかもしれないです。
とにかく怖くて、必死で逃げました^^;

私は、皆さんの山歩きのお写真を拝見させていただいて、日本の山も素晴らしいなあ、歴史を感じるものがあるなあといつも思ってます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-24 06:59

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)