グロースファクター

4月最後の週は雪が降るという予報が出てたので、先週の金曜日、せっかく解けた雪がまた積もる前に・・・と、標高が1400m以下の山を探して、Rechelkopf(レヒェルコプフ)という山の頂上まで歩いてきました。
その日は気温も平地では16度くらいと、歩くのには汗もそんなにかかず気持ちのいい歩きができました。

歩いた日 2016年4月22日


ちなみに、翌日の土曜日からお天気は下り坂になり、昨日の日曜日から雪がずっと降ってます^^; 気温が氷点下になることはないので私が住んでる場所ではかろうじて積もってはいませんが、山の方はWebcamで見てみたらどこも真っ白になってました。
水曜日まで雪は降り続けるようです。4月に雪が降ったことは過去にもあったけど、後半に数日間続けてはさすがになかったように思います・・・。



金曜日は一日中いいお天気でした。今回もまたこの列車、BOBに乗ってやってきました。
終点レングリーズの二つ前の駅、ガイザッハで下ります。 Gaißach 667m
1_20160425223258265.jpg



こちらがガイザッハ駅です。
2_20160425223314ab6.jpg


登山口まで20分ほど歩きます。ここからは頂上は見えませんが、道路からまっすぐ進んだ場所の奥の方に今回の山の頂上があります。
3_20160425223316788.jpg


右手、南の方にこういう景色を見ながら歩きました。
4_20160425223317cf0.jpg


レーエン(Lehen)という小さな村の中を通って行きます。
5_2016042522332035e.jpg


道路の奥に駐車場が見えてきました。登山口もその場所から。今回登る山、”Rechelkopf”の標識もここからありました。
6_2016042522333652a.jpg


駐車場を過ぎると最初はなだらかな道です。
7_20160425223340380.jpg


そして最初少しだけ林道を歩きます。
8_201604252233401cc.jpg


9_20160425223341825.jpg


登山口から10分ほどで、右へ曲がって登山道へ。
10_20160425223344ca7.jpg


牛避けを何度も通りますが、牛はまだ麓の牛舎の中。この辺りだと5月くらいから放牧が始まると思います。
11_201604252236364ed.jpg


コミヤマカタバミ。  Waldsauerklee (Oxalis acetosella)  カタバミ科
12_20160425223637297.jpg


駐車場には5~6台の車が停まってましたが、誰も歩いてません・・・。
13_20160425223638658.jpg


14_20160425223640ad0.jpg


15_2016042522364193e.jpg


ヤブイチゲ。  Buschwindröschen(Anemone nemorosa) キンポウゲ科
16_20160425223653b5f.jpg


駅から歩いてきた道が見えてました。奥に見える山は、昨年12月末に歩いたBlomberg(1248m)とZwiesel(1348m)。
17_2016042522365527d.jpg
今はこの山々も新雪が被ってます^^; スキーが好きな人は嬉しいでしょうねぇ。



マーキングはしっかりされてます。
18_20160425223657066.jpg


19_201604252237014ed.jpg


セイタカセイヨウサクラソウ。  Hohe Schlüsselblume(Primula elatior) サクラソウ科
20_20160425223700b86.jpg


奥の方は列車が通過してきたバード・テルツ(Bad Tölz)の街。
21_20160425223802fda.jpg


エゾネコノメソウの仲間。エゾネコノメソウはこれの変種だそうです。 Wechselblättrige Milzkraut (Chrysosplenium alternifolium) ユキノシタ科
22_20160425223808164.jpg


リュウキンカ。  Sumpfdotterblume (Caltha palustris) キンポウゲ科
23_201604252238050c3.jpg


林道を横切るように登山道がありましたが、たまに並ぶように二つの道がありました。
24_201604252238073bb.jpg


林道はトラックが通ってぬかるんでるところが多かったですが、登山道の方はどこも乾いてて歩きやすかったです。
25_20160425223808de3.jpg


分かれ道は右の方へ。
26_20160425223820a6d.jpg


左手に見えてるアルムには帰りに寄ってみることに。
27_20160425223822689.jpg


28_201604252238230d1.jpg


ドイツ語で”Verbissschutz”と呼ばれるもの。野生動物が食べてしまわないように、若い木の先にクリップのようなものが留められてます。
29_20160425223824dca.jpg


アルムの横を歩いて行きます。
30_201604252238257c8.jpg


セイタカセイヨウサクラソウがたくさん咲いてました。
31_20160425223944bfa.jpg


32_20160425223943f08.jpg


カンムリガラ。   Haubenmeise(Parus cristatus) シジュウカラ科
33_201604252239502fc.jpg


誰も乗ってないのにエンジンがかかったままでした。
34_20160425223945e31.jpg
運転手のおじさん、ちょっと先まで歩かれてたようでした^^; 森林作業があちこちで行われてました。



35_2016042522394946e.jpg


36_20160425224004e41.jpg


道を塞いでるこの木もたぶん後で片付けられたことでしょう・・・。
37_20160425224004b42.jpg


頂上近くになって、残雪が。
38_20160425224006657.jpg


フキタンポポ。  Huflattich(Tussilago farfara)フキタンポポ キク科
39_20160425224008c3c.jpg


フキ。   Weiße Pestwurz(Petasites albus) キク科  
40_20160425224008357.jpg


雪、道の上には残ってなくてよかったです。
41_20160425224110c47.jpg


山頂の十字架が見えてきました。
42_2016042522411458e.jpg


到着です!駅からはちょうど2時間で着きました。  Rechelkopf(1330m)
43_2016042522411229f.jpg


ドイツ語で、”~kopf(頭)”という名前の山の頂上はどこもこんなふうに広々としています。
44_201604252241124f6.jpg


夏の間はここにも牛がいそうです。
45_2016042522411493e.jpg


ネコヤナギが飾られてました。
46_20160425224131428.jpg
1328mになってるけど、本やサイトの情報どおり、タイトルには1330mにしました。



登頂簿にも記入しました♪
47_2016042522413028d.jpg


日本のパンが販売される日に買って冷凍保存しておいた、貴重なカレーパンを休憩に食べました♪
48_20160425224132c5d.jpg


休憩した後は同じ道を下ります。

途中、こちらのアルムにちょっと寄ってみました。  シュヴァイガー・アルム(Schwaiger Alm)
49_20160425224134c7e.jpg


アルムにあるチャペルの雰囲気がとてもよかったです。
50_2016042522413733e.jpg


51_201604252242368ca.jpg


そして下まで降りてきました。駅へと進みます。
52_20160425224238277.jpg


一番奥の建物が駅。少し時間があったので、左のスーパーでビールでも買うことに♪
53_2016042522423850b.jpg


ホームで飲んでたら列車がやってきました。
54_20160425224240987.jpg


車内では、私以外にもこうやって飲んでる人がけっこういて、盛り上がってました(笑)。
55_201604252242414ff.jpg

しかし、ビールを飲んだのは間違いでした!(>_<)
花粉症が最近ひどいので、朝、鼻炎の薬を半量だけ服用してました。おかげで歩いてる時は鼻水に悩まされることはなく気分よく歩けたのですが、そのことをすっかり忘れててビールを飲んでしまい・・・(汗)。
薬の量が半量だったとはいえ、アルコールと合わさったことで、列車の中でふわふわ気分になってしまいました。これきしのビールでは酔わないのに、なんでかなあ・・・と思いながら列車を下りて、地下鉄に乗り換える駅で転びました(-_-;)
転んだ後に、「あっ!薬飲んでたのにビール飲んじゃった!」・・・と気づきました(汗)。

幸い、膝をすりむいただけで済みましたが、今後は注意しなくては・・・と、肝に銘じました^^;

この日歩いた距離は約11.3kmでした。
登りですれ違ったのは2人のみ、頂上には2組4人の方、下りでは1組2人の方にすれ違っただけでした。マイナーな山なので、歩いてる人も少ないようでした。

Rampoldplatte(1422m)

Hohe Asten(1103m)、ドイツで一番高い場所にある農場まで

comment iconコメント ( 12 )

アルペン猫さん、こんにちは。

花粉の時期ですから、大変ですね。
僕も花粉症ですが、登山の後のお酒がやめられないので、タオルを片手に我慢して登っています(笑)

とりあえず、くしゃみは不快ですが、目がかゆくなったりまではしないので(^-^;

残雪も少なくなって、今シーズンも開始ですね。ドイツの山々レポ楽しみにしています

名前: やまびこ [Edit] 2016-04-26 05:59

先日はコメントを入れて頂き、ありがとうございました。
無事に日本に戻っておりますが、前途多難です(;^ω^)
でも普段食べられない沢庵や柏餅など、ささやかな楽しみもあります(笑)

人が少ないコースは、いくら目印があるとは言え不安になりそうですね。
薬の飲み合わせは、怖いですね。
膝ぐらいで済んで良かったです。
またドイツの山の景色と太郎ちゃんに会いに、お邪魔させて頂きます。

名前: かみーれ [Edit] 2016-04-26 16:14

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

そっか、お酒のこと考えて、前もって飲まない、その方がいいかもですね。
歩いてる途中にティッシュを何回も取り出すのが面倒で、今回はそれがなくて楽だったんですが、次回、考えちゃいます^^;
目が痒い方がひどいんですが、これは強めの目薬差しておけば歩いてる最中はなんとか大丈夫だし、目薬もいつも持ち歩いてます。

今週雪がまたたくさん積もってしまいましたが、気温はあるので、早く解けてくれるかなと期待してる最中です^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-27 00:19

コメントありがとうございます♪

★かみーれさん
無事に日本に戻られてたんですね!
お忙しい中、わざわざ日本から見てくださってありがとうございますm(__)m
日本に帰った時の一番の楽しみはやはり食べ物ですよね~。
柏餅!!最近日本のパンが買えるようになって喜んでましたが、私が住んでる街では和菓子の販売はなく・・・、うーっ、食べたくなりました^^;←冷凍では売ってるのもありますけどね・・・。

そうなんです、人が歩いてないので、”もしかして間違った道歩いてる??”と不安になって、森林作業中のおじさんに、この道で合ってるのかすかさず聞いちゃいました^^;
怪我も、友人から、”年齢が年齢だから気をつけるように”と言われました(-_-;)

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-27 00:24

こんばんは。アルペン猫さん。
そちらも、花粉の飛散が多いのですか?自然林が多いのでそのようには見えませんけど。
日本は、植林の放置で荒れた里山が多く、そういったこともスギ花粉等の飛散に拍車をかけているようです。実は一応私も、車にはかゆみ止めの目薬常備してるんです。鼻炎はそこまでひどくはないのですが、忘れたころに症状が出たりするんですよ。

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2016-04-27 23:02

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんばんは!
こちらだと、シラカバの花粉、これが一番こちらではひどいようで、私もこっちに来てシラカバ花粉症を発症しました。
冬が終わる頃にヘーゼルナッツの花粉から始まってあれこれあって、私もシラカバ以外にもそれらの花粉症も発症しました(涙)。
スギはこちらでは聞かないので、また日本とは違うみたいです(北海道みたいな感じなのかも)。
私は目の痒みがひどいのですが、先週は鼻水もひどくなってしまいました。
目薬はリュックにいつも入れるようにしてて、持って行くものリストにも書いてます^^;
お互い、目の痒みに耐えながら、山歩きも楽しみましょう!

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-28 04:37

あら?花粉の薬とアルコールの組み合わせ、ダメなんだ(;´・ω・)
ついこないだまで、花粉の薬を飲んでたけど、お酒も毎日飲んでたわ(;´▽`A``
どうりで、直ぐに寝ちゃってたはずだ(´-∀-`;)
カレーパン、貴重なんですね^^そうか、海外だと、日本の様な総菜パンってあんまりないですもんね。

名前: ほんなあほな。 [Edit] 2016-04-28 13:55

アルペン猫さん こんにちは

雪降ったんですか(驚)春らしい記事が続いてたのでビックリです。
ミヤマカタバミ?って思ったんですが、コミヤマカタバミというお花があるんですね。大変失礼しました^^違い調べたら、なるほど・・・葉っぱがハート型してます。また、ひとつ憶えました^^

マイナールートでソロの女性の方を見かけると、ちょっと心配ですね。
平日なら尚更です。山歩き、気を付けてくださいね。

みなさん、花粉症対策で大変そう・・・。
僕は今のところ逃れてます(笑)でもいきなり症状でるんですよね?
なんとか花粉症とは無縁でいたいです^^

名前: としパパ [Edit] 2016-04-28 21:09

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
薬とアルコール、ダメです~~^^;
私もそれを昨年は普通にやってて・・・、午後からいつもお昼寝やってしまってましたよ(;´▽`
肝臓にもかなり悪いらしいです(汗)!!
日本のパン、私の街では限られた日しか買えないので、ものすご~く貴重なんです!
先日、アンパンやらいろいろと、10個以上まとめ買いして冷凍してます(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-28 23:52

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!
雪、4日続けて降りまして、昨日は吹雪いてました^^;
おかげで山はまたまた真っ白、今回歩いた場所の麓も真っ白になってました。
でもこれから気温も上がるので、早く解けてくれるのを祈るのみです。
お花は似たようなのがいろいろとありますよね!名前が微妙に違ってたりとか。
コミヤマカタバミ、今回はたくさん咲いてました^^

ソロでの歩き、いつどこで何が起こるか分からないので、気をつけたいと思います!
ありがとうございます^^

花粉症、私はこっちに住み始めて数年後、30代後半からの発症です・・・。
ある程度高地に行くと花粉は飛んでないとあちこちに書いてあるんですが、それとは関係なく、今の時期は慢性的に鼻水出ちゃって歩いてる時はけっこう大変です(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-28 23:57

そうそう、薬とお酒は効き目倍増だし、肝臓も解毒が忙しくなるから良くなさそうですね。 でもホンワリ気持ちよくなりそうだなあ。
怪我が大したことがなくてホットしました。

レングリース、懐かしいです。 あの村ももう一度行ってみたいと思ってます。
宿泊するとエーデルワイスの咲いてる所への無料ハイキングがあると、観光案内所にありました。 BOBの沿線は歩く所が沢山あっていいなあ。
こちらだと中央線沿線は駅毎にハイキングコースがあるんですよ。

ネコノメがそちらにもあるんですね! 日本のネコノメ、ヤマネコノメと同じ感じです。 でも名前はそちらの方が植物に則してますね。 ネコノメには見えないものね。(笑)
カンムリガラは初めて知りました。 可愛い。 とても良く撮れてるけど、どの位の距離だったのですか?
それと、頂上のZum Gdenkenの下には何が書いてあるのでしょう?


名前: REI [Edit] 2016-04-29 12:23

コメントありがとうございます♪

★REIさん
山で歩いてる途中に飲んだのではなかったので、それだけがホッとしました(汗)。
山歩きの途中で転んだら大変ですので、今後は気をつけます!

レングリースの観光局から案内されてるイベント、開催場所がHinterriss(エングアルムの手前の村)だったりすることが多いんですよ。だからエーデルワイスのハイキングももしかしたらその周辺かも(咲いてるところあります)。アッヘンゼーへも近いし、けっこうチロル側まで行ってるのかも。
レングリース周辺、私もお気に入りです^^ BOBも、私の場合中央駅まで行かずに乗車できて便利なので、今年もまた一番利用する列車だと思います^^

日本も駅からスタートするコースがあれこれあるんですね!こういうの、車を利用しない人には便利ですよね。日本でも一度歩いてみたいです♪

ネコノメ、こっちのは”Milz(脾臓)kraut(葉)”って名前だから、ミスミソウのドイツ語名のように臓器の名前になってます^^;
カンムリガラは、私も以前見たことあったのかなかったのか覚えてないのですが、5mも離れてない場所にいたので撮影してみました。ただ、動くので、オチリだけしか撮れてなかったりとかあって、これが唯一お見せできるまともな写真でした(笑)。

Zum Gedenkenの後は、”An unsere verstorbenen Kameraden Gebirgs ~ und Antlaßschützenkompanie Gaißach”・・・とあるので、たぶん、地元の、”~~隊”みたいな集まりの方々からによる、亡くなった方々への追悼の言葉かなあ・・・?

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-04-29 23:02

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)