FC2ブログ

5月5日はキリスト昇天祭でこちらでも祝日でした。ただし、移動祝日なので来年のこの祝日は5月25日です。
お天気もよかったので、この日は車で移動して山歩きをしてきました。

歩いた日 2016年5月5日

行き先は、4月始めに一人で行ったブランネンブルク(Brannenburg)という村で、登る山の名前はRampoldplatte(ランポルドプラッテ)といいます。
どうせ車で1時間しかかからないし、夜も遅くまで明るいし・・・と遅めにスタートしたら、アウトバーン上で渋滞にはまってしまいました(汗)。
00.jpg
お天気がいい祝日、皆さん考えることは一緒なんですね。ラジオを聞いてたら、”山方面へはどこも渋滞中”との交通情報が・・・(汗)。


アウトバーンの分かれ道付近に来たらやっと渋滞は解消されてました。右のインスブルック方面へと走ります。
0.jpg


予定より1時間くらい遅れて現地に到着です。


そして、大きめの駐車場は満杯で、やっと道沿いに一台停められるスペースを見つけてここから出発です。
Parkplatz Lechen(Lechenの駐車場)  670m
a0_201605070428309ec.jpg
林道、右の登山道、どちらを歩いても上の方でひとつに繋がると書いてあったので、登山道を選びました。



歩いて30分くらいのところに食事休憩ができるアルム小屋があるので、そこまで歩いて帰ってきてる人がものすごく多かったです。
a1_20160507053552e36.jpg


エゾノヘビイチゴ。   Wald-Erdbeere (Fragaria vesca) バラ科
a2_20160507053554f88.jpg


マツバキンポウゲ。  Brennende Hahnenfuß (Ranunculus flammula) キンポウゲ科
a3_20160507053557d11.jpg


ズアオアトリ。    Buchfink (Fringilla coelebs) スズメ目アトリ科
a4_20160507053558545.jpg


ヤブイチゲ。  Buschwindröschen(Anemone nemorosa) キンポウゲ科
a5_201605070535591a0.jpg


登山道は10分歩いて終了、ここで林道に繋がりました。残念!
a6_201605070536185c6.jpg


マツバトウダイ。  Zypressen-Wolfsmilch (Euphorbia cyparissias) トウダイグサ科
a7_20160507053620752.jpg


川沿いをずっと歩きます。
a8_2016050705362161e.jpg


こちらが、ほとんどの人がここまで歩いてた、食事休憩ができるアルム小屋です。  Schlipfgrubalm 854m
a9_20160507053623ccc.jpg


ハイキンポウゲ。  Kriechende Hahnenfuß (Ranunculus repens) キンポウゲ科
a10_201605070536248ad.jpg


最初一時間半くらいはずっと林道を歩くことになります。
a11_20160507053725bb8.jpg


セイタカセイヨウサクラソウ。   Hohe Schlüsselblume(Primula elatior) サクラソウ科
a12_20160507053727ebd.jpg


エゾネコノメソウの仲間。  Wechselblättrige Milzkraut (Chrysosplenium alternifolium) ユキノシタ科
a13_2016050705372926f.jpg


フキタンポポ。  Huflattich(Tussilago farfara) キク科
a14_20160507053730a3c.jpg


リュウキンカ。  Sumpfdotterblume (Caltha palustris) キンポウゲ科
a15_201605070537313a2.jpg


オオイヌノフグリ。  Persischer Ehrenpreis(Veronica persica) オオバコ科
a16_20160507053741bfc.jpg


分かれ道は右側へ。気軽な格好で歩いてる人が多かったです。
a17_20160507053742b6a.jpg


コミヤマカタバミ。  Waldsauerklee (Oxalis acetosella)  カタバミ科
a18_20160507053744820.jpg


眺めがよいところに出てきました♪
a19_20160507053745468.jpg


右奥に次のアルム小屋が見えてます。
a20_20160507053747d8f.jpg


ここはマウンテンバイカーにも人気のコースとなってるので、たくさんのマウンテンバイカーとすれ違いました。
a21_20160507053852461.jpg


シロイヌナズナ。   Acker-Schmalwand (Arabidopsis thaliana) アブラナ科 
a22_2016050705385478d.jpg


リンドウ、今年の山歩きでは初めて見ました♪この青さはやはり目を引きます。
ヨーロッパリンドウ。  Frühlings-Enzian (Gentiana verna) リンドウ科
a23_20160507053855806.jpg


ツクシもたくさん生えてました。
a24_2016050705385613f.jpg


このアルムの前で左に曲がり、この先は登山道になります。  Schuhbräu-Alm 1139m
a25_2016050705385842f.jpg
通常はもう営業してますが、この時は”事故”のため休業となってました。



やっぱりこういう道を歩く時の方がワクワクします♪
a26_20160507053910d6d.jpg


左側にこういう景色を見ながら歩きます。
a27_20160507053912a7b.jpg


a28_20160507053913502.jpg


トキワヒメハギ。  Buchs-Kreuzblume (Polygala chamaebuxus), ヒメハギ科
a29_201605070539144b9.jpg


牛避けがあるけど放牧はまだ始まってません。途中通過のアルム小屋、牛舎の屋根も見えてます。
a30_20160507053916eb3.jpg


a31_2016050705401322b.jpg


牛舎の中はまだ空っぽです。   Rampoldalm 1244m
a32_20160507054014224.jpg


アルムの後ろを右へ曲がって、先に見えてる道標のところを左へと進みます。
a33_2016050705401640f.jpg


周辺にはリンドウがたくさん咲いてました。
a34_2016050705401712a.jpg


雪解けの後でお花がいろいろと期待できそうです。
a35_2016050705401989f.jpg


アルパイン・アネモネ。  Alpen-Kuhschelle(Pulsatilla alpina) キンポウゲ科
a36_201605070540311ef.jpg


イワカガミダマシ。  Alpen-Soldanelle (Soldanella alpina) サクラソウ科
a37_20160507054033343.jpg


a38_20160507054034836.jpg


雪が所々に残ってるけど、道の上のは全て解けていました。
a39_20160507054036e77.jpg


今回目指す山の名前、”Rampoldplatte(ランポルドプラッテ)”の”Platte(プラッテ)”には、”岩棚”という意味があります。最後の”e”を外して”platt”だけだと、”平たい、平坦な”の意味になります。
頂上間近になってこういう平らなところに出てきて、その名前を理解できました。
a40_20160507054037651.jpg


頂上までは後10分もかからない場所です。
a41_20160507054139edb.jpg


右側にこういう景色。
a42_20160507054140caf.jpg


山頂の十字架が見えてきました。
a43_201605070541423d5.jpg


頂上へは右へ、左側にはこういう眺めが。
a45_201605070541449b1.jpg


あと少し!
a46_20160507054145b2e.jpg


到着です!2時間20分かかりました。
a47_2016050705415704e.jpg


登頂簿に記入しました。
a48_20160507054158c17.jpg


Inntal(インタール、イン谷)の眺め。
a49_20160507054200f58.jpg


登ってきた方向の眺め。
a50_20160507054201443.jpg


段々と人が増えてきました。手前のワンちゃん、私がビニール袋を触る度に私の目の前までやってきて物欲しそうな目をしてました^^;
a51_20160507054203d6a.jpg

下りは登りと同じ道を引き返します。


お花、じっくり見てたつもりでも、登りの時に発見しなかった花を発見。

こちらはまだつぼみ状態です。
アツバサクラソウ。  Alpenaurikel (Primula auricula)  サクラソウ科
a52_201605070543163d7.jpg


ヤヨイエリカ。  Schneeheide (Erica carnea) ツツジ科
a53.jpg

下りは1時間25分で駐車場に到着することができました。


食事をして帰ることにしました。
4月に一人で入ったこのお店のお料理がとても美味しかったので、またやってきました♪
a54.jpg


まずはビールから♪
a55.jpg


4月と同じ、鹿のソーセージ(皮無し)とじゃが芋の炒め物のお料理を注文しました。相方はじゃが芋の代わりにザウアークラウトで。
a56.jpg

鹿料理は普段は苦手だけど、この店のだったらもしかしたら食べられるかなあと思えるほど、このソーセージ、とても美味しかったです。


この日の歩きは約10.3km、累積標高は760mでした。

Seebergkopf(1538m)

Rechelkopf(1330m)

comment iconコメント ( 12 )

アルペン猫さん、こんにちは。

登山道も明るくていいですね。
ヨーロッパリンドウの青色が映えますね。とても綺麗です。
知らないお花もいっぱいあって、いいですよね、今の時期(^-^)

下山後にビールもいいですね~(^-^)

・・・・あれ、車で行かれたのでは?(笑)

名前: やまびこ [Edit] 2016-05-07 10:11

こんにちは!
日本はゴールデンウィークもいよいよ終盤で、関東地方は夏日です。
いよいよ山歩きも本格的にできるシーズンの到来でしょうか。
日差しが強いのがよくわかります。緑や花がなんてあざやかなのでしょう!
鹿のソーセージって、どのような味なのでしょう。
そちらの山を歩きたいです~!

名前: Bonheur [Edit] 2016-05-07 11:46

にゃるほど、名詞になるんだ。 場所も確認しました。 イン川ってずっと東西に流れてると思っていたのですが、クフシュタインの所を流れているのもイン川なんですね。 って、私が間違っていただけか。

いつも思いますが、アルペン猫さんは本当に偉い!
お花の名前をちゃんと調べて、しかも和名まで調べて下さっているのだもの。
気持ち良さそうなお天気でしたね。 りんどうの青が本当に綺麗。
日本でもハルリンドウは綺麗な青ですが、やはり紫や白が多いと思います。
私は鹿肉大好き! また食べたいなあ。

アウトバーンの地名が懐かしいです。 でもヴェローナ方面なんだと関心しました。

名前: REI [Edit] 2016-05-07 12:19

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!
今の時期はまだ暑くないので、上の方で日陰がなくともとても気持ちよく歩くことができました^^
リンドウ、これからいろんな種類が咲き出しますが、こっちのはこういう濃い青い色のが多いです。
秋が近くになると紫色っぽいのが増えてきます。
ビール、美味しかったです~♪
あ、私は運転してないので・・・^^;
運転手はこの前にアルコールフリーのを飲んでて、ここでは小さいサイズのグラスで注文、二口飲んで残りは私が全部頂きました(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-07 19:48

コメントありがとうございます♪

★Bonheurさん
こんにちは、お久しぶりです♪
こっちはまだ夏日までとは行きませんが、やっとシーズン到来といえるようなお天気が続いてます^^
この日は最高気温16度くらいで、まだまだ長袖で着てても暑く感じないし汗もあまりかかない程度でした。
鹿料理は、ちょっと臭みがあったりで私はあまり好きではないのですが、新鮮なものだと臭みも減るので、やはり山の近くで食べる方がいいかなと思います。
ここでは鹿もたくさん飼ってらっしゃって、新鮮そのものというか(笑)。
日本の山もなかなかいいじゃないですか!
私は日本の山を歩いてみたいですよ~^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-07 19:54

コメントありがとうございます♪

★REIさん
そうです、そうです、クーフシュタインのもイン川です。
Inntalも、ドイツ側は正式に書くと”Das bayerische Inntal”と、”バイエルンの”がつくみたいです。

お花、分かるのだけしかアップしてないのですよ~(汗)。
この他にもいくつか撮影してるのありましたが、名前が結局分からずでアップしてません(-_-;)
リンドウ、日本のも素敵ですね!先日、他の方々の記事で画像を拝見させていただきましたが、こちらにはない種類ですごく惹かれました。
鹿肉、新鮮なところのならいいかもですが、うち周辺でだと高いうえに臭みもけっこうあるので、普段は食べる気しません^^;
でもこの店のは本当にお勧めです!

アウトバーンのヴェローナ方面は、列車の路線と一緒ですね。
昨年南チロルに行った時、列車がインスブルックからはヴェローナ行きになってたので、列車の路線と車のアウトバーン、同じ谷を走ります。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-07 19:59

いいお天気ですね

連休中はいいお天気続きで、今日は暑いくらいでしたが、そちらもきっと同じですね。
山からの景色は本当に素敵ですね~。
それに山でしか見ることのできない綺麗なお花。
いつか自分の目で見てみたいです!

名前: pil [Edit] 2016-05-08 03:39

コメントありがとうございます♪

★pilさん
お天気、本当によかったですね!
皆さん一気に半袖、ノースリーブ姿になっててちょっとびっくりしました^^;
山歩き中も半袖姿の人が増えました。
今日も歩いてきたのですが、お花、またいろいろ咲いてました^^
山で咲くお花に出会うと、疲れも一気に吹き飛びます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-09 01:43

アルペン猫さん こんにちは

渋滞ですか・・・先月は下旬まで雪が降っていたようですし好天で皆さん出掛けられたんですね。
そんな暑くもなかったようですし、山歩きにはベストタイミングでしたね。

同じコースでマウンテンバイク乗られてる方がいらっしゃるんですね。
ハイカーさんと接触事故とか大丈夫なのかな・・・気をつけてくださいね。

イワカガミダマシって、和名がちょっと・・・^^
確かに似てるけど紫色だし可愛いお花ですねー。
こちらでは見たことのない花がいろいろ咲いてて興味深いです。

ビールのグラス、デカッ!
料理まだ食べてないのにビールの量が半分になってるってことは。。。。。
きっと間違いないはず。。。。。左がアルペン猫さんのでしょ?(笑)

ええっ?どっちも?? (≧0≦;)あちゃー!飲んじゃったみたい・・・^^

名前: としパパ [Edit] 2016-05-09 20:18

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

そうなんです、今だとまだそんなに暑くないのにこの好天気なんで、それでハイキングを計画した方がものすごく多かったようです^^;

林道を歩くとどうしてもマウンテンバイクに乗ってる人とたくさんすれ違います(禁止の場所でも、汗)。
一応、歩いてる方が優先というルールがありますが、一部の人はそんなこと無視しますから・・・。
こっちの人はマナーの良い人、悪い人、両極端なので戸惑うこと多いです^^;
イワカガミという花を、居酒屋与太郎さんのところで知ったので、ああ、こっちの”イワカガミダマシ”はそれから~・・・と学びました^^
お花、私も日本に咲いてるのを拝見させていただくのが興味深いです^^

ビールは、大きいのはこっちの”通常サイズ”になります(笑)。
0.5リットルサイズですが、小さい方(0.3)がよければそれはちゃんと言わないと、0.5がでてきますよ~^^
飲んだ方は、はい、正解です(笑)。
歩き終わった後だし、後は車に乗るだけだったので遠慮なく両方飲んじゃいました♪

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-10 01:08

こんにちは。アルペン猫さん。
この時期、キンポウゲやイチゲなど日本のお花と植生が似てるんですね。
でもイワカガミダマシってのは初めて聞きました。色以外本当に似てますよ!

それにしても、最後のソーセージ美味しそう!!ビールが止まらないような気がします。

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2016-05-10 18:02

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!

キンポウゲ科のお花をよく見るようになりました。
場所は遠く離れてても、時期的にやはり同じ種類のお花から開花していくんですね^^
居酒屋与太郎さんの記事でイワカガミという花を知ることができて、それからこっちのこのお花の名前が付いたと学ぶことができました。
日本には咲かない花の和名は、やっぱり日本で咲くお花を基準につけられてるようですね。

ソーセージは皮なしタイプで脂分も少なく、ビールに合ってすごく美味しいかったです♪
もし自宅の近くでだったとしたら、間違いなくもう1杯飲んでると思います(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-11 00:47

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)