FC2ブログ

やっとお天気が回復した先週末、またまた歩いてきました!

まずは土曜日に歩いた記録から。
今回の山は、Brünnstein(ブリュンシュタイン)という山で、南の方のオーストリアの国境から約5kmくらいの場所に位置してます。最近の山歩きはこの周辺の山が多かったです。
この山へはほとんどの人たちが、私が今回入った方向とは全く逆側から入ってくるため、途中の山小屋まではとても静かな山歩きとなりました。私は、Kiefersfelden(キーフェルスフェルデン)という村(町?)側から入りました。


歩いた日 2016年5月21日


この日は車で移動することができました。4月中旬5月始めに走った方向と同じ方向へ走ります。
学校などが2週間の休暇中で渋滞も予測されたのですが、この時間は、アウトバーン上の交通量は増えてたものの速度制限だけで済みました。
0_201605230359437c2.jpg


1_201605230359455eb.jpg



途中、パン屋さんに寄ったらそこでちょっと時間を食ってしまい、おまけに、駐車場へと続く道が封鎖されてました。かなり遠回りで駐車場に到着となったため、結局予定よりかなり遅い時間に到着になってしまいました。
ただ、こちら側から歩く人は少ないせいか、駐車場はまだ空きがたくさんありました。
2_20160523040024d4c.jpg
                       Parkplatz Mühlau 620m



ここからスタートです。道標には、途中の山小屋(Brünnsteinhaus)までは2時間45分と表示されてましたが、ネットで見てた感じでは2時間くらいで着きそうで、そこから山頂までは45分くらいのようでした。
3_20160523040027510.jpg


なぜこちら側から入る人が少ないかというと、山小屋までは林道ばかりで、それほど楽しい道ではないからのようです^^;
4_20160523040028006.jpg

ちなみに、反対側(Bayrischzellの村)からだと、アルム(牧場)を経由するような眺めのいい道がずっと続くようですが、私たちはこちらから入った方が、自宅からは距離的、時間的に短くて済むと分かったのでこちらからに決めました^^;
山歩きはいつものように私一人で、相方はマウンテンバイクで別のコースを走ってます。


ずっと林道ばかりで眺めもないので、お花探しを楽しむことに・・・。

アルパイン・コルツフット  Alpen-Brandlattich(Alpen-Brandlattich)  キク科
5_201605230400292c5.jpg


ヤマヤグルマギク   Berg-Flockenblume (Centaurea montana)  キク科
6_20160523040040143.jpg


山小屋までの道標は分かりやすく設置されてました。
7_20160523040042f33.jpg


途中、とても小さな村の中を通って行きます。ここだけアスファルトの道になりました。右の大きな木の右奥に、今回登る山の頂上付近が少しだけ見えてます。
8_20160523040042eb1.jpg


レッドキャンピオン   Rote Lichtnelke(Silene dioica) ナデシコ科
9_2016052304004319a.jpg


カルダミネ・ブルビフェラ  Zwiebel-Zahnwurz(Cardamine bulbifera) アブラナ科
10_201605230400451e0.jpg


マツバトウダイ  Zypressen-Wolfsmilch (Euphorbia cyparissias) トウダイグサ科
11_20160523041137638.jpg


まだ蕾ですが、このお花好きなので、撮影してしまいました♪
セイヨウキンバイ  Trollblume (Trollius europaeus) キンポウゲ科
12_2016052304113854e.jpg


トキワヒメハギ  Buchs-Kreuzblume (Polygala chamaebuxus) ヒメハギ科
13_201605230411396ab.jpg


ハイキンポウゲ  Kriechende Hahnenfuß (Ranunculus repens) キンポウゲ科
14_20160523041142007.jpg


なかなか急な傾斜の林道で、かなりゼェゼェ言ったかも^^;
15_20160523041143c7b.jpg


コミヤマカタバミ  Waldsauerklee (Oxalis acetosella)  カタバミ科
16_201605230411576df.jpg


やっと眺めがよくなってきました。
17_20160523041158eed.jpg


真ん中に、今回登る山が見えてます。
18_20160523041200385.jpg


ユキワリザクラ  Mehlprimel (Primula farinosa)  サクラソウ科
19_2016052304120103e.jpg


ヨーロッパリンドウ  Frühlings-Enzian (Gentiana verna)  リンドウ科
20_2016052304120301d.jpg


トランペット・ゲンティアン  Clusius-Enzian (Gentiana clusii)  リンドウ科
21_2016052304143702c.jpg


クリーピング・シンクフォイル  Kriechende Fingerkraut (Potentilla reptans) バラ科
22_2016052304143807b.jpg


ムシトリスミレ  Alpen-Fettkraut(Pinguicula alpina) タヌキモ科
23_20160523041439997.jpg


アスター・ベリディアストルム  Alpenmaßliebchen (Aster bellidiastrum)  キク科
25_2016052304144248a.jpg


日当たりがいい場所にはかわいいお花がたくさんで、撮影にも時間がかかってしまいますが、私にとっては、お花撮影=小休憩・・・で、ちょうどいい感じです。
26_20160523041455699.jpg


手前下の小屋は山岳警備用の小屋、その右上が、途中経過する山小屋(Brünnsteinhaus、1360m)で、食事休憩、宿泊も可能となってます。その後ろが今回登る山で、山小屋のところから登山道が始まります。
27_201605230414551bc.jpg


山小屋に到着です。駐車場から約2時間かかりました。
28_20160523041457b1a.jpg


山小屋のテラスを突き抜けて行った所に、山頂までのクライミングの道(Klettersteig
)の入り口があります。
29_20160523041500c49.jpg
クライミングコースの画像がありました→
上から6段目くらいに山小屋の画像があるので、そこから先の写真になります。



私はもちろん一般登山道を選びます。右の細い道です。
30_201605230415003e6.jpg


この登山道、最初はよかったのですが、
31_20160523041554364.jpg


途中からとてもぬかるんで傾斜のきつい箇所もあったので、下りのことを思って既に少し恐くなりました(汗)。
32_201605230415560da.jpg
案の定、ここの下り時、足に力を入れ過ぎたのか、何度か足首付近がつりそうになりました(汗)。


乾いた道に出た時は安心しました。
33_20160523041557fb4.jpg


中央の木の下に一人男性が立ってますが、そこから左方向へ、ワイヤーが張られてる道が始まります。男性は順番待ち中です。
34_201605230415586bf.jpg


下ってきてる人たちをズームで撮影です。
35_20160523041559128.jpg


私も順番待ちです。奥に見えてる谷の向こう側はチロル(オーストリア)側です。アルプスもきれいに見えてました。
36_20160523041615f26.jpg


さて、ここから登りますよ~。
37_2016052304161732b.jpg


この道、なかなかおもしろかったです。思ったよりは恐怖心もなく歩けてホッとしました。
38_20160523041618c92.jpg


頂上にあるチャペルがすぐ近くに見えてきました。
39_20160523041620770.jpg


到着!駐車場からは約2時間40分経過です。
40_20160523041620711.jpg


山頂の十字架はどこにある~・・・と探してたら、チャペルとは逆方向にありました^^;
41_20160523041743277.jpg
真ん中よりちょっと左寄りのところに山頂十字架が見えてます。

私がチャペルに到着した時点では、ほとんどの人はチャペル周辺で休憩してて、山頂十字架のところには数人しかいませんでした。なので、十字架のところへ行くべきか、ちょっと迷いました。


こちらはチャペルのところから奥方面(東)の眺め。クライミングコースはこの道の奥に続いてます。
42_20160523041744954.jpg


↑から左にずれた、北東方向の眺め。
43_20160523041746202.jpg


↑から左へ、登ってきた方向(西)です。
44_20160523041751d60.jpg


さらにまた左へ・・・。
45_20160523041748071.jpg


南東方向。ぐるっと360度の眺めが楽しめます。
46_20160523041813992.jpg


チョウノスケソウ  Weiße Silberwurz(Dryas octopetala)  バラ科
47_20160523041815463.jpg


アルパインバターカップ  Alpen-Hahnenfuß (Ranunculus alpestris)  キンポウゲ科
70.jpg


さて、十字架の場所へはどうしようかなあと思ってたら、ちょうど十字架の場所から下りてくる人たちがいたのでそれを見てました。中央よりちょっと左側にいる人たち。
下の犬連れの二人は私の後から登ってきた人たち、右の黒い服の人はこれから十字架方向へ向かう人。
48_2016052304181618b.jpg


見学してたらなんとか大丈夫そうに見えたので、私も十字架の方へと移動しました!歩く道幅は十分にあったので大丈夫でした♪
49_20160523041817322.jpg


ここでランチ休憩です。途中のパン屋さんで買った、チーズと野菜の乗ったパンです。
50_20160523041824f28.jpg


十字架付近も段々と人が増えてきました。
51_20160523041939a46.jpg

ということで、食べ終えた後は下山です。
同じ道を下ります。カメラはリュックの中へと仕舞って、下山に集中です。


山小屋のあるところまで無事に戻って来て、後はまたひたすら林道の上を歩きます。
52_20160523041940ee8.jpg

下りは駐車場まで約2時間半で到着です。


帰りに、途中の別の村で夕食を食べていくことにしました。けっこう暑かったので、外で食べることにしました。
53_20160523041941800.jpg


自家製のチーズのクッキーをサービスでいただきました♪
54_201605230419439d8.jpg


お料理は、最近よく食べてるホワイトアスパラガスの料理です。七面鳥のお肉と、じゃが芋を揚げたのと一緒に、美味しかったです。
55_201605230419457af.jpg

喉がカラカラに渇いてたので、運転手には申し訳ないですが、ビール、2杯飲んじゃいました^^;


この日歩いた距離は約12.17km、累積標高は1020mでした。
いつか機会があったら、反対側の眺めのいい道がある方向からまた登ってみたいです。

Seekarkreuz(1601m)

ローカットのシューズ購入♪

comment iconコメント ( 10 )

アルペン猫さん、こんにちは。

相変わらずお花が多くていいですね。
頂上からも360℃見渡せて気持ちよさそうです。

日本は5月にしては暑い日が続いています。22日は30度近くまで上がって、ヘロヘロになりながら登っていました。

今年の夏は涼しい山にいっぱい行こうと思っています。

名前: やまびこ [Edit] 2016-05-23 19:52

お花がいっぱい!

今回も、たくさんのお花の写真をありがとうございます^^
山のお花って、本当に素敵!

山頂からは、360度の景色が楽しめるなんて最高ですね。
写真で見た限りでは、十字架の場所まで行くのが、ちょっと危なそうでしたが...行っちゃったのですね、すごい!

夕食の白アスパラ、おいしそうです。
そんな風に盛り付ければいいのか、フムフム...勉強になりました。(笑)

名前: pil [Edit] 2016-05-24 03:48

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんばんは!

ちょっと前までは雪に埋もれてた場所に一気にお花が咲き出してます^^
頂上からの眺めはここまでいいとは知らなかったので、到着した時は感動しました。

もう既に30度ですか!
こちらも22日は27度まで上がりました。早朝に出発して歩いてきましたが、半袖シャツプラスジャケットでは、早朝は寒過ぎました^^;(10度以下でした)。
これから暑さとの戦いになっていきますね・・・。
今回の記事のコースでは、歩いてる途中でシャツの袖をめくってしまったので、腕の部分には日焼け止め塗ってなくてそこだけ赤くなってしまいました(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-24 05:54

コメントありがとうございます♪

★pilさん
こんばんは♪

お花、いろんな種類のが一気に咲き出した~・・・と実感しました^^
特に日当たりのいい所では濃い青い色のリンドウで埋め尽くされてるような場所もあって、ずっと見てても飽きないです。

この山、本で見た時にチャペルが印象的だったのでいつか行ってみたいなあとは思ってたのですが、頂上からの景色がこんなにいいとは知らず、とにかく感動しました。
十字架の場所までは、最初は行くつもりはなかったんです^^;
で、ずっと見てたら、小学校低学年くらいの子も行ってたんですよー!
それ見て、「私もー!」な気持ちになりました(笑)。

アスパラのこんな盛り付け方、私は初めて見ました!
じゃが芋のコロコロしたやつなんて、他では付け合わせでは出たことないし^^;
アスパラも後一ヶ月ですね。お互い、楽しんで食べましょうね♪^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-24 06:01

なかなかに岩山。 岩登りコースの方もみましたけど、こちらのコースの方が最後が難しそう。 岩登りコースはかなり整備されてるから、登るのはむしろあちの方が良い様な気も・・・。 もっとも岩場嫌いで高度感がある狭い道嫌いだから躊躇いますけど。
アルペン猫さんは得意そうですね。

ああいう整備された岩場(針金や梯子)を登るのをフェラータ(伊語?)というのですか?
ああいう所で簡易ハーネス付けて登る人はいるのかしら?
(本格的なレッグループなんかじゃなくて、シットハーネス程度)

最後の十字架への道は、右の黒い人は稜線を行ってるけど、登りが上で戻ってくる人達が下を歩くの?
私はこういう狭い稜線の方が絶対ダメ。 同じ様な所を四つんばいで通った事があります。 普通の人はちゃんと立ってあるける場所なのに。
カイザー山群の北側の山みたいで、Scheffauとは反対側からを初めてみました。 ドイツ国境沿いは岩山が多いですね。

この天気でこのルートなら、私もビール飲みたくなります。(笑)

名前: REI [Edit] 2016-05-24 12:32

アルペン猫さん こんにちは

山小屋からは、なかなかの斜面ですね~。
上りより下りのほうがヤバイ感じです。落石とかは心配ないんですか?

ううっ・・チャペルから十字架まで写真ではかなり危険そうに見えます。
右側も切れ落ちてそうですし。。。

『アルパインバターカップ』検索すると黄色いお花が多いようですが、白い花もあるのかな・・・。今回、僕が探してたお花によく似てます。同じキンポウゲ科ですね。
咲いているお花がこちらと随分違うので似ている花だと興味深いです。
ユキワリザクラにそっくりなお花は来月あたり咲きそうなので探してきます(^^

名前: としパパ [Edit] 2016-05-24 20:32

コメントありがとうございます♪

★REIさん
別のコースのも見てくださったんですね。
あのサイト、とても頼りになるサイトというか、私はこのサイトであれこれチェックして私にも歩けるコースかどうかを判断してることも多いのですが、Klettersteigの方はクライミングとしては一番下のランク、たぶん普通の登山者にも歩けるのかな・・・?のランクになってます^^;
実際、歩いてるんですよ、普通の山歩きの格好の人たちが。ヘルメット被ってる人たちも一応見ましたが、そうでない人の方が多そうです^^;
あれこれ読んでたら、子供はハーネス着けた方が無難とかなんとか書いてるサイトもありました。たぶん、ちゃんとしたクライマーには、ここはどうなんだろう・・・の印象はありました^^;
フェラータという言葉、私の知識不足で聞いたことは今のところないですねぇ・・・。
十字架への道は、上り、下りの決まりは特になさそうでしたが、私も上りは黒い服の女性のように、下りは下の方が歩きやすそうだったので写真の人たちのように歩きました。
十字架までは普通に歩けましたが、それより先は怖くてダメでした^^;
でも、いたんですよ、それより先にも2人の女性が!←水色の服着た人が小さく写ってます。
運がいいとその先の方でSteinbockがいることもあるそうです(こういう暑い日中は無理だろうけど)。
Wilder Kaiserはきれいに見えてましたよ!ズームのをアップすればよかったなあ。
最後に山小屋でビールでも・・・と思ったのですが、あまりの人の多さにあきらめました(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-24 23:49

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

山小屋からの道は、本では一応”赤丸印(中級)”になってるんですが、現地の道標には”黒丸印(上級)”となってました^^;
でも下りて来る人に普段山歩きなんてしないような格好の人がけっこういたので、それで私も大丈夫かな~・・・と楽に考えて先に進んじゃいました(笑)。
落石はこちらのコースではないのか、皆さん普通に歩かれてました。山小屋からの別のコースだとヘルメットを推奨されてるし、他のサイトで画像を見る限り、ちょっと危なさそうです。
十字架の方へは行かないと決めてたけど、なんだか危なっかしいおじさんも歩いてたし、あと、小さな子供も行き始めたので、私もそれにつられて行ってしまいました^^;

アルパインバターカップ、私も検索してみたら、ほんとだ、黄色い花がほとんどですね!こちらでは白しか見たことないです。
岩場の場所によく咲いてますよ、こっちだと^^
日本で咲いてるお花もいつもすごく興味深いです!
これからいろんなお花が期待できますね^^
としパパさんのお花の写真、いつも楽しみです。今後もまたいろんなのを見せてくださいね^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-05-25 00:01

お久しぶりです。
日本に発つ前は温かいメッセージを頂いて、ありがとうございました。
母の体調も良くなり、先日無事にドイツに戻りました。

ここはかなり危険そうに見えますね。
私だったらひるんでしまいそう・・・。
でも上からの眺めが最高ですね。
シュパーゲルが美味しそうです。

名前: かみーれ [Edit] 2016-06-01 21:46

コメントありがとうございます♪

★かみーれさん
お久しぶりです&おかえりなさい!
お母様の体調、やはり実の娘さんのかみーれさんが側にいらしたことでよくなられたことと確信しております。
お母様のお話で、あれこれとうちの母にも共通するような部分があって、そうそう・・・と思うこと、ありました^^←娘の数の自慢とか(笑)。

ここ、実際に歩いてみると、最後の方は意外と歩きやすかったんです。
私は道が濡れててつるつる滑るような場所がいつもとても恐怖なので、他の方がスタスタと歩いてる場所でもたもたしてること多いです^^;
シュパーゲル、ドイツ産のもかなり安くなりましたね。
自宅でもたくさん食べてます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-06-02 00:31

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)