グロースファクター

ただのお出かけ日記です。コメントはお気遣いなく~m(__)m


先週末、やっと雪も融けてしまって太陽が出てたので、これは外に出たいかも~な気分になり、大好きな街、レーゲンスブルクへと久しぶりに行ってきました。
気温はまだ3度くらいしかなかったけど、雪がなくて太陽が出てるだけで”暖かくなった”という気分にさせてくれます(笑)。


出かけた日 2017年2月4日



乗車した列車はRE(快速列車)。2階建てになってるので2階の席に座りましたが、土曜日なのにガラガラでした。
0
やはりこの季節は、列車でお出かけする人もそう多くないのかな。



雪がすっかり融けた・・・のはずなのに、現地に近づくにつれ外の景色は真っ白。おまけにお天気もいまいち~^^;
1


野生動物のノロジカ(独:Reh)が時々見えたので撮影に挑戦。けっこう遠くにいたけど写ってました♪
2


レーゲンスブルクの駅に到着です。
3


ここから先は、私の大好きな漫画、池田理代子先生の”オルフェウスの窓”の舞台となった場所を中心に撮影をしてます。漫画をご存知ない方には”これの何が特別?”と感じる場所もおありかと思います^^;


レーゲンスブルクへ来るのはもう5回目くらいかも・・・。いずれも日帰り。道はよく覚えてないけど駅の場所さえ覚えておけばどうにかなるので適当にぶらぶら歩きます。


こちらはケプラー記念碑。ケプラーはドイツの天文学者ですね。
4


レーゲンスブルクへ来たら、↑で書いた漫画ファンとしては絶対に行きそびれてはならない場所があるのでそちらへと向かいます(笑)。
5_20170210003348312.jpg


すぐに到着です♪トゥルン・ウント・タクシスというお城です。 Schloss Thurn und Taxis
6_20170210003350b68.jpg


入場料を払えば中に入られるようですが、私はこの眺めだけでけっこう満足です^^
7_20170210003350e8f.jpg

↑の建物を見た後、道を引き返そうとしたらビール瓶を片手に持った酔っ払いに声をかけられ、”↑内にある教会には行ったことあるか?”と聞いてくるので、”ない”と答えると、”あの教会は素晴らしい!この先に行けば入り口がある!”などとずーっと話しかけてきて面倒でした(>_<)
せっかくいい気分で歩いてたのに・・・。嫌だなあ、昼間の酔っ払いは(-_-;)



こちらは街中にある高級ホテル。漫画に関係のある場所なので思わず撮影です^^;
8_201702100033510d1.jpg


”鍵”もストーリーにかなり関係してくるので、これも思わず撮影です^^;
9_2017021000335218d.jpg


適当にぶらぶら歩きました。
10_20170210003355f4d.jpg


この細い路地道を歩くと、
11_2017021000335510f.jpg


レーゲンスブルク大聖堂(聖ペーター大聖堂)の近くに出てきました。
12_20170210003357e8c.jpg


2本の尖塔は105mの高さ、一番上まで入れての撮影がなかなか難しいです。
13_20170210003358561.jpg


中はまだクリスマスの飾りがありましたよ~。もう2月だというのに・・・^^;
14_20170210003401a15.jpg


外に出ると、何かの撮影が行われてました。
15_2017021000340112f.jpg


また適当に歩きましたが、これもクリスマスの飾りっぽいですね^^;
16_201702100034037eb.jpg


混むほどではないけど、思ったよりも観光客の方がいらしてました。
17_2017021000340413d.jpg


ドナウ川にかかる石橋の方へと進みます。
18_201702100034051cb.jpg


ドイツの石橋の中では最古の石橋だそうです。
19_20170210003407edd.jpg


石橋がちゃんと見える場所に来ました。この場所に、
20_20170210003409350.jpg


ドイツ最古のソーセージ屋さんがあって、観光客の方々に人気なのですが、私は過去に一度も食べたことがありません。
21_20170210003438626.jpg


・・・ということで、ソーセージをパンに挟んだのを注文することにしました♪
22_201702100034394f6.jpg
この女性が一人で焼いてました。


小さいソーセージ2本、ザウアークラウト、マスタードが挟まれてて、これで3ユーロ弱でした。小さめのパンなので、小腹がすいた時に食べるのもいいかと思います。
23_20170210003441d2c.jpg


また適当にぶらぶら・・・。
24_20170210003442dba.jpg


城砦”カストラ・レギナ”跡。179年、ローマ帝国によって築かれました。
25_2017021000344416f.jpg


お腹がまだちょっとすいてたので、こちらの緑色の建物のカフェで休憩することにしました。
26_20170210003445ada.jpg


グリューワイン(ホットワイン)とレモンケーキを注文しました。
27_201702100034471d3.jpg
ドイツの、生クリームやフルーツたっぷりのケーキは苦手ですが、こういう素朴なケーキは好きです♪フォークは最初から刺さって出てきます^^←いつもではないですが、多いです。



そしてまた列車に乗って帰ります。
夕焼けの車窓がきれいでした。
28_20170210003448058.jpg


29_2017021000345007c.jpg


またお天気がいい日が続きそうです。雪も降らないし、日中は氷点下という寒さではない日々なので、どこかまたお散歩できたらなと思います。


雪の中をお散歩

山専ボトル買いました♪

comment iconコメント ( 6 )

アルペン猫さん こんにちは

平地でもまだ少し雪が残っているようですね。
こちらはちょうどまた寒波が来たのですが例年に比べると
まだ雪が少なくて降っても道路とかあまり積もらないです。

陽が射してくると外に出掛けたくなりますよね(^^
気温が低くても散策気持ちよさそうです。

漫画ですか?意外でした(^^そういえば最近読んでないなぁ。。。
本場のソーセージって美味しいんでしょうね~、一度食べてみたいです(笑)

名前: としパパ [Edit] 2017-02-11 20:53

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

うちの方は日陰に積み上げられた雪はまだ少し残ってますが、2月なのに降らないです。
この写真の場所のももう融けてしまってるかも・・・。
今週はもっともっと暖かくなるみたいです。
日本も一部の地域ではすごく降ってるみたいですが、そちらは例年より少ないんですね。

昨日はいいお天気で久々に車で出かけましたが、みな考えることは一緒なのか、すごい渋滞でした(>_<)

漫画、ははは、今回書いたのは30年以上前にはまった漫画です(笑)。
昔はかなり読んでました^^;
今は目がもうしょぼしょぼで、本を読むのもつらいです(涙)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-12 23:59

Regensburug、素敵な街ですね。
漫画の舞台になった町なんですか。
ベルサイユのばらは、何度も読みましたけど、オルフェウスの窓は知りませんでした。
機会があれば、読んでみたいです^^

ドイツ最古のソーセージ屋さんのソーセージ、食べてみたいです!
最古の石橋を眺めながら、最古のソーセージやさんのソーセージを頬張るなんて、サイコーですよね。(笑) おやじギャグで失礼いたしました^^;

雪景色に夕焼け、こんな景色が電車の窓から見えたら、すごく得した気分ですね♪

名前: pil [Edit] 2017-02-13 07:44

コメントありがとうございます♪

★pilさん
今ではもう数が多過ぎてそこまでありがたみも感じませんが、ずいぶん前から世界遺産に登録された街みたいです。
ベルばらは私も好きで子供時代に読みましたが、その後に読んだオル窓にはかなりはまりました~(笑)。
中学生の時で・・・、もう30数年前のことでした(;´▽`

ソーセージはニュルンベルガーだと思うのですが、私が今まで食べたのより豚肉の味を濃く感じました。
寒かったから私は飲まなかったけど、これはビールと一緒が美味しいと思います^^
コメ、読んで素直に笑ってしまいました(笑)!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-13 20:31

アルペン猫さん、こんにちは。

まだ平地でも雪が残っているんですね。
僕の地元では、標高500mぐらいまでは雪がないです。

春がちょっとづつ近づいてますので、低い山で足慣らしをしています。
春のお山は、鈴鹿から行こうかと思っています。

名前: やまびこ [Edit] 2017-02-16 06:58

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

うち周辺だとすっかり融けてはいますが、それでもずっと日陰の場所だとまだまだ融けずに残ってる所もあります。
私が住んでる街自体が既に標高500mくらいあるんで、まだまだ山の上は雪がけっこう残ってるのがWebcamでもよく見えます。

既に足慣らしをなれてるんですね~。
私はすっかり体が鈍ってしまってるので、今年の夏は大丈夫かと今からすごく不安です(>_<)

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-02-17 01:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)