グロースファクター

2週間前に、”Auerhahn(ヨーロッパオオライチョウ)を自分も見たい”という相方の希望で、Großer Risenkopfという山まで歩きました。
昨年はその途中の農場、Hohe Astenまで歩いてその鳥を私だけ偶然にも見ることができたのですが、2週間前はお天気もとてもよかったせいか、ライチョウに出会うことはできませんでした。

その後もこのライチョウを見たという情報が出てました。野生動物を見るならお天気が悪い方がいいということもあるので、雪が数日続いた後の週末にまた同じコース、今度は昨年と同じく農場(Hohe Asten)まで歩いて下るという歩きをしました。


歩いた日 2017年4月23日


お天気がよくないのにこの日も駐車場はほぼ満杯でした。 Wanderparkplatz Petersberg(481m)
0_201704262227301d4.jpg



4月始めにクロッカス草原を見た後に登ったHeubergとWasserwandが前方に。山頂付近にはその後積もった雪が見えてます。
1_201704262228086ac.jpg


2週間前にここを歩いた後に雪も降ってるので、お花に何か変化はあるかなあと思って今回は歩きました。

今回はこの花が一番たくさん咲いてました。
カルダミネ・ブルビフェラ  Zwiebel-Zahnwurz(Cardamine bulbifera) アブラナ科
2_201704262228102e3.jpg


3_201704262228145f0.jpg


セイヨウカノコソウ   Echter Baldrian (Valeriana officinalis) オミナエシ科
4_20170426222814da4.jpg


うちの近所で見るカタツムリよりは5倍以上の大きさはありそうでした。
5_20170426222815e3a.jpg


廃墟ファルケンシュタイン城。  Burg Unter-Falkenstein(536m)
6_20170426222816f06.jpg


午後から歩き始めたので下って来てる人が多かったですが、この時間でもまだまだ歩き始める人もけっこういらっしゃいました。
7_201704262228198b3.jpg


ヒメツルニチニチソウ    Kleines Immergrün(Vinca minor)キョウチクトウ科
8_2017042622281906d.jpg


2週間前には咲いてなかった花。
ヒロハキンポウゲ  Wolliger Hahnenfuß(Ranunculus lanuginosus) キンポウゲ科
9_20170426222820073.jpg


ヤブイチゲはそろそろ終わりでしょうか・・・。
10_20170426222821a6f.jpg


今回気になったのがこれ。たくさん見ましたが、お花が咲くのかなあ・・・。
11_201704262228234d8.jpg


エゾネコノメソウの一種  Wechselblättrige Milzkraut (Chrysosplenium alternifolium) ユキノシタ科
12_20170426222824e36.jpg


この辺りは雪はすっかり融けてしまってます。
13_2017042622282670c.jpg


2週間前にオランダエンゴサクがたくさん咲いてた場所にはこの花が咲いてました。
スポッテッドデッドネトル Gefleckte Taubnessel(Lamium maculatum) シソ科
14_20170426222828daa.jpg


15_2017042622282992d.jpg


これも2週間前にはまだ咲いてなかった花。
ウォーター・アヴィンズ  Bach-Nelkenwurz (Geum rivale) バラ科
16_20170426222831ba1.jpg


リュウキンカ  Sumpfdotterblume (Caltha palustris) キンポウゲ科
17_201704262228323c3.jpg


雪や雨の重みですっかり下を向いてしまってます。
セイタカセイヨウサクラソウ Hohe Schlüsselblume(Primula elatior) サクラソウ科
18_20170426222834668.jpg


スミレとコミヤマカタバミもこんな状態・・・。
19_20170426222835149.jpg


雪が増えてきました。
20_20170426222837823.jpg


でもこの日は農場までの歩きで林道だけなので危険な箇所は全くなく安全です。
21_20170426223247c86.jpg


22_2017042622324931f.jpg


農場の入り口に到着。
23_201704262232524f1.jpg


今回はここで引き返します。
24_201704262232535d5.jpg


すっかり雪に埋もれちゃってます。
25_20170426223253f10.jpg


同じ道を下ります。前方に見えてる教会の横にある小屋で休憩予定です。
26_201704262232557b7.jpg


ズームで。右が教会で、左が食事処。 Petersberg(847m)
27_20170426223256371.jpg


左が登って来た道。右へ進んで教会方面へと進みます。
28_20170426223258e9c.jpg


これから咲き出しそうです。
クルマバソウ  Waldmeister (Galium odoratum) アカネ科
29_2017042622325931e.jpg


苔がすごくきれいでした。
30_20170426223300222.jpg


ブルー・ビューグル Genfer Günsel(Ajuga genevensis) シソ科
31_20170426223302a09.jpg


ワスレナグサの一種
ノハラムラサキ Acker-Vergissmeinnicht (Myosotis arvensis)  ムラサキ科
32_20170426223303ba9.jpg


教会が見えてきました。
33_201704262233058b4.jpg


オランダエンゴサク Hohler Lerchensporn(Corydalis cava) ケシ科
34_20170426223306dfe.jpg


マツバトウダイ  Zypressen-Wolfsmilch (Euphorbia cyparissias) トウダイグサ科
35_20170426223308092.jpg


アウトバーンとイン川が見えてます。 
36_20170426223309200.jpg


前方は4月始めに登った山。
37_2017042622331017d.jpg


山頂十字架が両側に見えてます。登った時は雪なんて全くなかったのにまた真っ白状態。
38_20170426223312941.jpg
右側(Heuberg)は誰かいらっしゃる!


ここで休憩です。
39_201704262233144c7.jpg


まずはビール♪
40_20170426223315d14.jpg


地元のビール醸造所のマークはこの地域あちこちに生息してるヨーロッパオオライチョウ。
41_20170426223448111.jpg


レンズマメのスープ(シチュー)を食べました。美味しかったです♪
42_20170426223450fd7.jpg


食後は下山。ファルケン城が横に見えてきたら・・・、
43_201704262234516e9.jpg


駐車場はすぐです。
44_20170426223453f06.jpg


さて、目的のヨーロッパオオライチョウですが、今回は見ることができました!
ビール会社のシンボルマークにもなるくらいなのでこの地域にこの鳥が生息してることは有名なようですが、道のどの辺りにいたのかはちょっと書かないようにしておきます。私のブログはドイツ人は来ないし(読めないし)、現地で山歩きする日本人の方も読んでないようだし、それ以前に訪問者数自体が少ないので問題ないとは思うのですが念のため(^^;



ドイツ語でAuerhahn、オスのヨーロッパオオライチョウです。
45_2017042622345590a.jpg


こちらを睨んでるような・・・(汗)。
46_201704262234569cc.jpg


近づかないように気をつけてましたが、威嚇して下りてきたのでもっと距離を取りました。
47_20170426223457d39.jpg
この時は怖かったです(>_<)



オスはこんなにきれいだけど、メスは地味です(^^; 
48_2017042622345945b.jpg
ドイツ語のWikiのページにはメスの画像もあります。中央付近



男性ホルモンが通常の100倍以上になる今のこの時期、4月が一番この鳥に出会う確率が高いそうです。
49_20170426223500447.jpg


これくらいの距離で動画を撮影しました。
50_201704262235029a5.jpg





独特の鳴き声を出してる最中。
51_201704262235038be.jpg


昨年見たのと同じライチョウだと思います。ここがこのライチョウの縄張り。
52_20170426223505b01.jpg
実は2週間前の歩きで、”ここのライチョウは死んだらしい”と言ってる人がいました。でもまだ元気にここに生息してるようで、なんだかホッとしました。
今年もまた姿を見せてくれてありがとうな気持ちになりました^^



この日歩いた距離は約10.6㎞、累積標高は645mでした。
今週もまた、私が住んでる所でも雪が降ってるので、山の方はまた積もってきてるかもしれません(^^;

次はどこを歩けるかなあ・・・。

アスパラガスの産地で白アスパラガスを食す

Zwiesel(1348m)とStallauer Eck(1213m)

comment iconコメント ( 14 )

こんばんは♪

旦那様、今回はヨーロッパオオライチョウに会えてよかったですね^^
野生動物を見るなら、お天気が悪い方がいいなんて~。イジワル。
そう簡単には会えるものではないということなんですね。

Waldmeisterにも、蕾がついてる♡
まだ雪まで積もってて、相当冷えそうですが、植物たちがんばってますね!

そちらは、しばらく荒れたお天気が続きそうですか?
4月も終わりなのに...もうしばらくの我慢でしょうか。

名前: pil [Edit] 2017-04-29 03:31

コメントありがとうございます♪

★pilさん
今回やっと見ることができて、これでもう”自分は見れなかった・・・、あんなに歩いたのに・・・”のつぶやきを聞かなくて済むのでホッとしました(笑)。
野生動物、私の経験上は、お天気が悪い方が出てくる確率がぐんと上がるような気がします(歩いてる人も少ないし)。
お天気がよくて気温もそれなりにあると寝てることが多いと聞いたこともあります。

Waldmeister、一度聞いたら忘れられない名前ですよね^^
雪が今週もたくさん降って積もってるようだけど、もう5月になって雪解けも早いと思うから、その後に咲き出す花を見るのが楽しみです^^
ちなみにうちは今日、雪、積もりました!^^;
でも明日から気温少し上がるようでホッとしてます(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-04-29 04:54

アルペン猫さん、こんにちは。

オオライチョウですか。立派ですね。

日本の山では、なかなか珍しい動物には出会えません。

でも今年はアルプスに雷鳥を探しにいこと思ってます。

雪が残ってるところもあるんですね。こちらの低山はもうほとんど融けました^^

名前: やまびこ [Edit] 2017-04-29 19:42

アルペン猫さん こんにちは

天気よくないのに駐車場いっぱい・・・人気のお山なんですね。
そういえば最近カタツムリ見てないなぁ~。
こちらでも今の時期エンゴサクがよく咲いています。
種類が多くてなかなか見分けがつかないんですが、
レポのような赤紫のもあるんですね。

動画を撮られている後姿がアルペン猫さんなんでしょうか?
春のお花は咲いてるのにダウン着てるってことは結構まだ寒いんですね。
ちょっと不思議な光景です。
雪解けが待ち遠しいですね~^^

名前: としパパ [Edit] 2017-04-30 20:15

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

オオライチョウ、身体もとても大きくて、これに襲われたら大変なことになりそうです^^;
こちらでもオオライチョウは珍しくて、私は正直、通常の山歩きでは出会うことはないと思ってたんですが、昨年からこのライチョウが生息してる所をよく歩くようになったせいか、今年もまた見ることができました。

やまびこさんも今年、雷鳥に出会う機会がありますように!

雪、数日前までたくさん降ったので、今週末は山に行くのをあきらめたほどです^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-01 04:19

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

ちょうど出て行く車が一台あったのでなんとか停められましたが、そうでなかったらちょっと待つ羽目になったほどの満車ぶりでした。
カタツムリ、雨が降るとうちの近所にもたくさん出ますが、山にいるのはサイズが大きくて毎回びっくりします。
エンゴサク、先日、リスと一緒の風景写真(北海道)をヤフーニュースのトップ記事で見ましたがとても素敵でした^^
その写真で見た水色っぽいエンゴサクがこっちでは見ないので興味深かったです。

後ろ姿、はい、私です(笑)。
この日は最初は毛糸の帽子も被ってたので寒かったです。
今週は金曜日までたくさん降ってたので、今日はお天気がとてもよかったけど山へ行くのはあきらめました(涙)。
早く本格的に歩きたいです!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-01 04:25

オオライチョウ、凄い迫力ですね〜!
怖いけど本物が見たくなりました(笑)

お花が沢山咲いているのが見られて、おまけに雪山まで!
自然ってなんだかとっても不思議ですよね。
あっ、ドイツで驚く大きさのカタツムリを私も見たことあります〜♪

名前: komomo姉 [Edit] 2017-05-03 17:17

コメントありがとうございます♪

★komomo姉さん
なかなか見る機会のない鳥で私も昨年偶然に見ることができたのですが、その後にあれこれと調べて、それで今回もまた見ることができました^^
近づかなければ大丈夫なんですけど、つい撮影のために一歩先に出ちゃうと・・・、襲ってきます(>_<)

お花は、今のところ高山植物はリンドウくらいしか見てないけど、これからどんどん咲き出しますよ^^
雪解け後に咲き出すお花が一番きれいだと思います。
カタツムリ、山にはでかいのしかいないんですよ!
あと、カエルもでかい!(>_<)
あっ、でも、カエルって近所で一度も見たことないです^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-03 20:34

春の到来を感じさせる山野草、きれいですねぇ。
黄色の花たちの色味が淡く軟らかいなぁ。
それにしてもオオライチョウ、あちらにも書きましたが、
白いイメージがあったのですが、それは積雪の多い時期が
そうなのかしら・・と思ったけど、グラスに描かれたライチョウも黒っぽいな。
胸のあたりの羽の色はみどり?凶暴だけど、見た目はきれいかも。(^艸^)

そしてビール!(笑) 手前と奥と種類が違いますね。奥はエール?
レンズマメのスープにトッピングされている緑のもの、
ネギのように見えるんだけれど・・・

名前: ぱんとら [Edit] 2017-05-04 01:16

コメントありがとうございます♪

★ぱんとらさん
お花も咲き出してやっと春・・・でしたが、4月に何度も雪が降って私は今は歩けなくなりましたが、山のお花ってこういうことを何度も経験してもまた咲いて、本当に強いなあと思います。
ライチョウ、オスの方は黒です!
そして仰るように緑が胸のあたりにあるし、羽は茶色に白模様、目の上は赤・・・となかなかおしゃれなのに凶暴です(;^ω^)

ビール、どちらもヴァイツェンなんですが、奥はアルコールフリーなんです。
相方、運転があるので、まあ仕方ないですが(^^;
スープの上のトッピングのネギ、これこっちではいつものことでうちでも毎回そうやってますが、そうか、日本ではネギじゃなかったような!??
お味噌汁にネギ・・・は、あっ、あれはトッピングではなくて具ですね(汗)。
こっちは、スープ=トッピングはネギ(アサツキも)、・・・がスタンダードだと思います(^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-04 04:26

こんにちは。アルペン猫さん。

このお山はオオライチョウの生息地として有名なのですか?沢山の登山客はそれ目的なんでしょうね。
昨年も、オオライチョウ拝見してビックリしましたが、動画はよりリアルですね!それにしても貴重な映像ありがとうございます。やはり日本の人懐っこいライチョウとは異質です。

大カタツムリもビックリ!お花といい風景といい見どころ満載の登山コースなんですね!

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2017-05-04 07:58

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!

ここで見たという人をネットでちらほら見かけるので、もしかしたら山歩きをする人の間では有名なのかもしれません。
私は昨年は偶然見かけましたが、その後ググるとやはりここの情報が多いんです。
こちらにはアップしませんでしたが、威嚇されて逃げてしまった時の動画もありますので、もしお時間あったらどうぞ^^(20秒です)。
https://www.youtube.com/watch?v=w0iixKkdpXY

どうもこの時期だけがこんなふうにとても狂暴になるようです^^;

歩くのは林道ばかりで、山歩きに慣れた方には物足りないコースかもですが、この時期は仰るように見どころ満載のところでまた来年も歩きたいと思ってます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-04 20:47

ヨーロッパオオライチョウ、インパクト大ですね~
七面鳥かと思いました・・・ (^^;
お花もとってもきれい!種類も豊富ですね~
雪にびっくりしちゃった・・・・

名前: tokidokitasu [Edit] 2017-05-04 20:55

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
迫力満点でしょう!
これが最初はゆっくり、最後は一気にダダダッと駆け寄ってくるので怖いですよ(>_<)
お花、せっかく咲いてたのに、この翌週もまた雪が降ってるので、どうなってるのかすごく気になります。
雪のせいでなかなか本格的な歩きができないです(ノД`)

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-04 21:01

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)