グロースファクター

山歩きができなかった週末のお出かけ日記です。


先週はうちの方でも三日間雪が降り続け、金曜日は量は少ないけど一日積もってました。
翌日の土曜日はまあまあいいお天気にはなったものの、山は雪がたくさん積もってて私には歩けないので、これを機に、今が旬のホワイトアスパラガスの産地まで出かけて採れたて新鮮のホワイトアスパラガスを食べることにしました。


出かけた日 2017年4月29日、30日(両日とも日帰りで)


まずは有名な産地、Schrobenhausen(シュローベンハウゼン)へ。現地が近くなると周りはアスパラガスの畑だらけになります。
1_2017050400093248f.jpg



この日はちょうど、”アスパラガスマーケット”が旧市街の一角で開かれてました。
2_20170504001001cfe.jpg


小さなマーケットです。アスパラガス以外に、現地の農家から直送のお野菜なども売ってました。
3_20170504001002bbe.jpg


ここで試食ができるということで来てみたら、あまりかわいくないゆるキャラっぽいアリがいました(^^;
4_20170504001006a0a.jpg


パイ生地の下にホワイトアスパラガス、そしてレモン風味のソース。これがとても美味で、もっと大きなサイズで食べたかったです!
5_201705040010050cc.jpg


アスパラガスに合うワインを買うこともできますが、グラス一杯2ユーロでも飲めたので左から2番目のSilvanerを飲んでみることに。
6_20170504001008d5f.jpg


辛口のさっぱりワイン、美味しかったです♪
7_20170504001009ffd.jpg


桜を見ながら飲みました。
0_20170505012413884.jpg


ホワイトアスパラガスのスープも無料で頂きました♪
8_201705040010104de.jpg


こちらの女性たち、向かって左側の方は、こちらSchrobenhausenの街の、”2017Spargelkönigin(アスパラガス女王)”に選ばれた方だそうです。そんなのがあるとは知りませんでした(^^;
9_201705040010119d6.jpg
向かって右側の方は、2015~2017の、”Bayerische Weizenkönigin(バイエルンの小麦女王)”・・・だそうです。

アスパラガスの女王に小麦の女王・・・、いかにもドイツって感じでしょうか(^^;



マーケットも終わりだったので、街中をぶらぶらして見ることに。
城壁で囲まれた旧市街はとても小さく、一周するのにも30分もかからないと思います。
10_20170504001014da8.jpg


11_20170504001014ef7.jpg


12_20170504001016ce2.jpg


城壁側にも時々住まいがあります。ちょっと住んでみたいかも。
13_2017050400101761b.jpg


家賃いくらくらいなんだろう・・・とか、そんなことばかり気になってしまいました(笑)。
15_20170504001020122.jpg


所々に塔があって、こちらのは15世紀の始め頃に建てられたようです。
14_20170504001018659.jpg


ここにはアスパラガスの栽培の簡単な様子が設置されてますが、奥の方が”アスパラガス博物館”になってます。
16_201705040010218b7.jpg
博物館は入場無料です。



館内にはアスパラガスの歴史やそれに関する展示物などがありました。
こちらのガラスケースの中には小さな人形で昔の宮廷の様子が展示されてますが、
17_201705040010237f8.jpg


ホワイトアスパラガスがどっさりと運ばれていて、
18_20170504001024a2b.jpg


テーブルにいる貴族の様な人たちもホワイトアスパラガスを食べてます(笑)。
19_201705040010262cc.jpg


旧市街を歩いていると、コウノトリが飛んでるのを時々見かけます。
20_20170504001027da8.jpg


巣があちこちにあるんです。
21_20170504001029826.jpg


これは↑の巣を別の角度から撮影したもの。
22_20170504001150611.jpg


こちらは別の巣。つがいでいるのが見えます。
23_20170504001151168.jpg


これもまた別の巣。
24_20170504001153f75.jpg
全部で5つの巣を見ましたが、探せば他にもあるかもです。



マウンテンバイクで走ってた相方が戻ってきたのでレストランへ。この日はこれが目的です♪

まずはビールから♪
25_201705040011545cb.jpg


そしてもちろんホワイトアスパラガス料理を注文です♪

私の(手前)は、じゃが芋、ハム、マッシュルームの上にチーズがかけられたもの。奥の相方のは豚肉の燻製添え。アスパラガスがメインになります。
26_20170504001156938.jpg
やはり産地の採れたて新鮮なホワイトアスパラガスは今まで食べたものと味が違いました!もちろん、今まで食べた中で一番美味しかったということです^^
お値段も私が住んでる街のよりとても安いので、これは毎年わざわざここまで食べに来る価値があるなあと思いました。



そしてまたアスパラガス畑を見ながら帰ります。
27_201705040011572a4.jpg


今の時期は菜の花(セイヨウアブラナ)もきれいです。
28_20170504001201a08.jpg


そして翌日は、前日に行ったSchrobenhausenからは車で約20分離れた場所にある、Aichach(アイヒャッハ)を訪れました。
この地域ももちろんアスパラガスの産地です。
29_20170504001200939.jpg


この村でもこの日は旧市街でアスパラガスマーケットが行われてました。
30_201705040012030e9.jpg


相方がマウンテンバイクで走ってる間、私はお腹を空かせるためにお散歩をします(笑)。
31_20170504001203da9.jpg


32_20170504001205e87.jpg


全行程で8㎞程歩きましたが、最後、住宅街の駅の裏で羊の放牧がされてるのを見ました。
33_201705040012067b2.jpg


そしてこの日もレストランでまずはビールから♪
34_20170504001208b21.jpg


私は手前の豚肉料理、奥が相方の牛肉のステーキ、どちらも美味でした♪
35_2017050400121187b.jpg


食後、アスパラガス畑の横を少しお散歩。
36_20170504001211e73.jpg


この時期はあちこちに菜の花の黄色の絨毯が見えてきれいです。
37_20170504001212c2d.jpg


ホワイトアスパラガスを堪能した週末となりましたが、次回はお天気がよかったらもちろん山歩きをしたいです!
雪が早く融けますように(-人-)

Farrenpoint(1273m)

Hohe Asten(1103m)とPetersberg(847m)

comment iconコメント ( 16 )

アスパラ三昧

やっぱり採れたてアスパラは、一味違うでしょうね~。
どれも美味しそうですが、レモン風味のソースが、一番気になります^^
ビールもいいけど、辛口の白、いいですね~♪
白アスパラの収穫って、体験できたりするんでしょうか?
一度やってみたい。(笑)

コウノトリって、すごい所に巣をつくるんですね。
思わず笑っちゃいました。

来週辺り、お山歩きも行けそうじゃないですか?
もう少しの辛抱ですよ~^^

名前: pil [Edit] 2017-05-05 02:48

コメントありがとうございます♪

★pilさん
安さも手伝ってか(笑)、現地の物はよりいっそう美味しく感じました!
レモンソース、アスパラガスのソースとしてはこれが今までで一番美味しく感じました。
ここでこれを作るための粉をセットで販売してたんですが、それを買ったらもしかしたらレシピが入ってたのかも~と、買わなかったことをちょっと後悔!(>_<)
収穫、どうかなあ、現地ではそういうのは見聞きしませんでしたが、私もちょっと興味あります!^^

コウノトリ、赤い旗の巣のところからは煙も出てたんですよー(^^;
危なくないのかものすごく気になりました。

山、今週末はまだ雪が積もっててまだ無理そうだけど、来週はだいぶ融けてると思います!
早く本格的に歩きたいです~~!!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-05 06:01

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-05-05 22:05

なんと美味しそうな。
夜中に見るのが酷だわーという写真の数々。
おなかがぐうぐう。
もちろんこれは夜中じゃなく、更にお腹いっぱいで見ても
ちょっと食べたくなってしまうっぽいですが。
美味しそうですねえ。...じーーーーーっ。

ミニチュア系の人形って興味があるので
そこもジーっと見ちゃいました。
なんとかの女王って、日本でも食べ物には
もれなくいる気がします。特産物の食べ物のクイーン。
フルーツとかだとこう、かっこいい感じがするけど、
日本でもたぶんうどんとか、じゃがいもとか、微妙な響きの
クイーンがたくさんいらっしゃるのでしょうね。
ドイツはやはりお芋の女王様がいなければと言う気がします。
いらっしゃるのかな。小麦とアスパラときたらお芋もいてほしい。

コウノトリかっこいいーーー!!
でっかい鳥だから、迫力がありますね。雀とかが
屋根の上に巣を作るのとは違う大迫力。

名前: めんまねえちゃん [Edit] 2017-05-06 00:32

コメントありがとうございます♪

★鍵コメ05-05 22:05さん
私も博物館の存在は前日、ネットで初めて知ったのです^^;
他にもあれこれ撮影しちゃったけど、どこまでアップしていいのか分からなくてとりあえずこのミニチュア人形のをアップしましたが、私も、トングみたいなので食べてるのがものすごく気になりました!
ナイフとフォークじゃないんだ~って(笑)。

ええっ、お店で頼んでそんなに出てくるところがあったんですね!!
私は今のところ、こんな風にお皿に6本くらいが乗ってくるのしか経験ないですが、そんなに出てくる店も気になる~!!

すごいですよね、ドイツ人のホワイトアスパラガスに対する執着!
でも私も最近そうなっちゃってるかも?^^;
今の時期はあちこちにスタンドができてますが、どっさりと買っていく人をよく見かけます。
ホワイトアスパラガスだけは高くてもドイツ産~というドイツ人がほとんどのような気がします。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-06 00:50

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
日本には一年中いろんな美味しいものがありますが、ドイツで美味しいもので自慢できるといったらこれくらいかも(笑)。
今週は自宅でも毎日食べてしまいましたが、うちではこんなに贅沢にはせずに目玉焼き乗せて胡麻ドレッシングで食べるのが定番です^^;←合うんですよ~(笑)。

ミニチュアのは、上の丸い輪っかの中にある絵画もアスパラガスが一緒に描かれてました(笑)。
じゃが芋の女王!!
気になって、”Kartoffelkönigin(ジャガイモの女王)”でググったら、いましたー!
いろんな街にじゃがいもの女王の方がいらっしゃるようです^^;
そしてもっと気になって”ビールの女王”もググったら、やっぱりいました(笑)。

コウノトリ、地元のパンプレットに絵がよく描かれてるのですが、こんなにたくさん巣があってびっくりしました。
でも巣の下の煙突から煙が出てるところもあったので、それって大丈夫なのか??ととても気になりました(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-06 01:04

アルペン猫さん、こんにちは。

最初にワインが出てきたときには、今日はビールはないかと思いましたが、やっぱりビールなんですね^^

白アスパラは、小さいころに食べた缶詰が口に合わなかったからか、好んで食べてません。缶詰のイメージなんですよね。売ってないですし^^;

アスパラ畑広いですね。日本では見ない光景です^^

名前: やまびこ [Edit] 2017-05-06 10:58

先日、フランクフルトに出張に行ってきた旦那が
白アスパラガスを食べてきて、おいしかった!と言っていましたが
きっと、それよりももっともっとおいしいんだろうなぁ~
スープにしちゃうくらいにふんだんにアスパラガスがあるんですね。
でも、なぜわざわざ白にしちゃうんでしょう?
ま、おいしいからいいかな

野生のコウノトリって、初めて見たような。
幸福を運んでくるんですね。

おいしい空気とおいしい食べ物と、すばらしい景色と
言うことなし! 
ごちそうさまでした!! 

名前: こまちママン [Edit] 2017-05-07 15:11

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

ホワイトアスパラガスには白ワインが定番ですが、やっぱり食事の時はビールが飲みたくなってしまいます(笑)。

そうそう、日本では缶詰のひょろひょろしたものをイメージしてしまいますよね。私もそうでした。
こちらに住み始めて初めてこうやって食べましたが、それ以来ホワイトアスパラガスのファンです^^

こういう畑はうちの近郊には全くないので、やはり産地独特だと見てて感じました。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-07 18:54

コメントありがとうございます♪

★こまちママンさん
この時期にこちらにいらっしゃる方には私も絶対にこのホワイトアスパラガス料理を食べるように勧めます!
ご主人、このお食事が口に合ったのならよかったです^^
スープは、ホワイトアスパラガスは皮剥きが必要ですが、その皮で出汁をとって・・・となりますが、もちろん実も使いますので、そうですね、それだけあるってことです。
白の方が柔らかくて甘みもあって、グリーンのとは全く違う美味しさだと思います。

コウノトリは現地のパンフレットにも描かれてるくらいなのでここでは象徴的なのかも。

日本は美味しいものが一年中どこにでもありますが、ホワイトアアスパラガスだけはこちらで唯一本当に美味しいものかなあと思います^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-07 18:58

アスパラガス

○ まずは、アリのゆるキャラがちょっと不気味…。
 アメリカのもそうだけど、子どもが泣き出しそうなコワモテのが多いような…??
・ 八重桜が見事。 見るとちょっとホッとします。
・ コウノトリを見たのは、この画像が初めて…
 けっこう大きいのにビックリ!
 でも、猫を飼っていた習慣で、コウノトリさんを洗ってあげたい…^^;
・ そちらでは、アスパラガスの収穫は地元の方だけでされているのでしょうか?
 日本は、ゴボウやら山芋、キャベツといった大規模産地では、中国人を使って収穫しています。
 外国人であっても、労働基準法や最低賃金法が適用されるので、正規に雇うとコストダウンにはならず、導入のメリットがないのです。
 しかし、(自国に戻って農業技術を教えるための)”研修生”という名目にすれば、農業労働者として使えるのです。
 最低賃金法では、約700円/h以上が使用者の義務なのに、研修生は半分以下の約300円/h。
 いわゆる”労働者”ではないから、労基法も労働安全衛生法も適用外。
 労災にあっても医療給付も出ない… ≒ 使い捨て なのです。
 ヨーロッパの農業は、そういうことはあるのでしょうか…?
            <ののちゃんより>

名前: kitcat [Edit] 2017-05-08 00:06

コメントありがとうございます♪

★kitcatさん
キャラものは日本人から見ると「???」の雰囲気ですが、現地の子供はかわいいと思ってるようです^^;
このアリを見て、小さな子供が「イースターのウサギだ~♪」と言って母親が「あれはアリよ♪」などと微笑ましい(?)会話をしてました(笑)。
コウノトリは下からの煙のすすで汚れないのか気になります^^;

最低賃金のことですが、建設業界では最低賃金の法律がきちっとしてるそうですが、他ではそうでもないとありました。
白アスパラガスの収穫時は東欧からたくさんの労働者がやってきます。
最低賃金が決まっていても、それ以下でもいいから働きたい外国人がいて、それを雇用者が利用するから不法就労が多いことも確かで、アスパラガスの収穫に関わる人でもよくある話だそうです。
なので、この時期、アスパラガス農家の摘発もけっこう多いそうですよ・・・。
ドイツ人を雇うと社会保障のことをあれこれ言ってくるけど、外国人だと安くても黙って一生懸命に働く人が多いのを雇用者も利用してるそうです。

・・・どこの世界も似たような感じでしょうか(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-08 04:13

アルペン猫さん こんにちは

まだ雪、降ってるんですね。
こちらは毎日20度超えて山歩きしてると汗だくです(^^

アスパラガス、いろいろレシピあるのですね。
僕はベーコン炒めくらいしか食べたことがないのですが、
どの料理も美味しそうです!
ビールもいいけどワインとも相性良さそう~。
レポ拝見してたら急にお腹空いてきました(^^

名前: としパパ [Edit] 2017-05-08 21:43

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

先週末やっと低山を歩いてきましたが、周りの山々はまだ白いところが多かったです。
日本とこちらの状況を足して二で割ったくらいがちょうどよさそうです^^;

私もアスパラガスは日本ではベーコンで炒めるくらいでしたが、こちらは白がメインなので写真のような食べ方と、あと、スープにするのが多いです^^
白アスパラガスには白ワインが定番なんですが、食事の時は喉が渇いてやっぱりビール飲んじゃいました(笑)。
自宅でもホワイトアスパラ、たくさん食べてます!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-09 00:14

初めまして^^

pilさんのblogからお邪魔させて頂きました^^

アスパラガス!
広大な土地で生産されているのですね☆

チーズの乗ったアスパラガス
とっても美味しそうです~
ステーキもビールも皆美味しそう(笑)
(*˘︶˘*).。.:*♡

コウノトリの巣って こんなに沢山見れるんですね~(๑*౪*๑)
しかしすごいところに作るものなんですね(笑)
(*˘︶˘*).。.:*♡

名前: mauloa [Edit] 2017-05-11 14:41

コメントありがとうございます♪

★mauloaさん
初めまして&読んでくださってありがとうございます!

アスパラガスの畑、あちこちに広がってて、その広さに現地では驚きました。
うちの近郊には全くない畑の様子で、見てて興味深かったです^^

ホワイトアスパラガスにはハム、魚、お肉・・・のいずれかを付け合わせにするのが一般的ですが、こんなふうにチーズをかけたのは初めてでした。
通常、白ワインと一緒に頂くのが多いですが、私は食事時はいつもビールを注文です(笑)。

コウノトリも現地のパンフレットによく描かれてるのですが、まさかこんなにいるとは思いもしませんでした。
巣の下の煙突から煙が出てたので、火事にならないのかなど、あれこれ気になってしまいました^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-05-11 19:11

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)