FC2ブログ

典型的な尾根歩きができる、Herzogstand(ヘルツォークシュタント)とHeimgarten(ハイムガルテン)の二つの山の間の道はとても人気があります。人気がある理由のもう一つの理由は、ロープウェイで1600mの地点まで簡単に上まで行けることもありますが(^^;
今回は私もズルをして時短のため、上りだけロープウェイを利用しました。


歩いた日 2017年6月18日


電車でやってきました。降車駅はKochel am See(コッヘル・アム・ゼー)。
0_20170625185800b61.jpg
Kochelsee(コッヘル湖)という湖沿いにある駅です。



駅でバスに乗り換えます。 Bus 9608
1_201706251858352ff.jpg
降車する、ロープウェイのあるバス停までは約20分の乗車。



ロープウェイは、麓駅(809m)から山頂駅(1600m)まで約4分間の乗車です。片道7ユーロ、往復だと12.5ユーロ、他所に比べると良心的な値段です。

ロープウェイに乗るのを待ってると、私の前には、民族衣装のレダーホーゼを着たご夫婦とお子さんが。
2_20170625185834c1f.jpg
お子さんはジーンズでずがレダーホーゼで山歩きはけっこう暑いと思います(^^;



山頂駅(1600m)に到着です。
3_2017062518583689d.jpg


平坦な道を歩いて裏手に回ります。
4_20170625185840a65.jpg


左手に見えてたのはWalchensee(ヴァルヒェン湖)。バスは、Kochelsee(コッヘル湖)の湖岸から峠を通過後、この湖岸を走って来ました。
5_20170625185838b86.jpg



ブロードリーフタイム  Breitblättriger Thymian (Thymus pulegioides) シソ科
6_20170625185839441.jpg


アブラナ科の花、和名無し
Felsen-Kugelschötchen(Kernera saxatilis) アブラナ科
7_2017062518584145d.jpg


ヤマヤグルマギク   Berg-Flockenblume (Centaurea montana)  キク科
8_20170625185842c6d.jpg


オダマキの一種  Dunkle Akelei(Aquilegia atrata) キンポウゲ科
9_20170625185843afe.jpg


山小屋の横を通って行きます。 Berggasthaus Herzogstand(1575m)
10_20170625185845c8b.jpg
食事休憩、宿泊、できます。



この小屋は、ルードヴィヒ2世の狩猟小屋でもあったので、入り口には彼の胸像が置かれてます。
11_20170625185847c02.jpg


ロサ ペンデュリナ Alpen-Heckenrose(Rosa pendulina) バラ科
12_20170625185848657.jpg


フウロソウの一種
ウッドクレーンズビル Wald-Storchschnabel (Geranium sylvaticum)  フウロソウ科
13_2017062518585031c.jpg


右奥右端部分に、最初に行く山頂、Herzogstandの山頂十字架があるのですが、途中、左に折れて別の山頂があるようなのでそちらへちょっと行ってみます。
14_20170625185851673.jpg


Herzogstandへの道が見えてます。3年前にも歩いたことがあるのですが、傾斜の緩い道が作られててとても歩きやすくなってます。
15_20170625185852e3c.jpg


クロマメノキ  Rauschbeere (Vaccinium uliginosum) ツツジ科
16_201706251858548d6.jpg


アルペンローゼがやっと咲き出しました♪
アルペンローゼ Rostblättrige Alpenrose(Rhododendron ferrugineum) ツツジ科
17_201706251858558a5.jpg


曲がった所から約10分で山頂十字架が見えてきました。
18_201706251858574df.jpg


予定してなかった一つ目の山頂、お手軽に到着です♪ Martinskopf(1675m)
19_2017062518585980a.jpg


山頂からの眺め。右から4分の1くらいのところに、この後行く、Herzogstandの山頂十字架が小さく見えてます。
20_201706251859000f8.jpg


その後に歩く稜線もこの時はきれいに見えてました。
21_201706251900359fe.jpg


左から3分の1くらいのところにある山頂がHeimgartenです。
22_20170625190037d62.jpg


Walchensee(ヴァルヒェン湖)。
23_20170625190038dd7.jpg


次の山頂、Herzogstandへと向かいます。


セイヨウキンバイ  Trollblume (Trollius europaeus)  キンポウゲ科
24_2017062519004019d.jpg


さっき見えてたジグザグの道の上を歩いてます。ガスってきたけど、この後は晴れになる予報。
25_20170625190041cb2.jpg


右の山が、さっきまでいたMartinskopf。
26_2017062519004374a.jpg


山頂十字架が見えてきました。
27_20170625190044821.jpg


ジンチョウゲ属の花  Steinröschen(Daphne striata)  ジンチョウゲ科
28_20170625190046c1e.jpg


チョウノスケソウ  Weiße Silberwurz(Dryas octopetala)  バラ科
29_2017062519004770f.jpg


山頂に到着しましたが、ガスってて何も見えません!(^^;
30_2017062519004803e.jpg


ということで、さっさと尾根歩きの方へと向かいます。
31_20170625190050b6f.jpg


シオガマギク属の花  Kopfiges Läusekraut(Pedicularis rostratocapitata) ハマウツボ科
32_20170625190052761.jpg


ここから尾根歩きがスタート。”ふらふらせずしっかりとした歩きが必要”と書かれてます。
33_20170625190053e51.jpg


ここから尾根歩きの全景が見えるのですがガスってるので、山頂到着時からの眺めを期待!
34_20170625190054e4b.jpg


まずは下ります。ワイヤーロープが設置されてるので少し安心です。
35_20170625190056ecd.jpg



ドイツ語名、”アルプスの女性のコート”。
アルケミラ・アルピナ  Alpen-Frauenmantel(Alchemilla alpina) バラ科
36_20170625190058b77.jpg


ガスが時々取れかかります。
37_20170625190059571.jpg


危ないところはこうやって親切にワイヤーロープが設置されてます。
38_2017062519010151a.jpg


大学生くらいの年齢のグループが後ろでとてもうるさかったにぎやかだったので追い抜いてもらいました。
39_201706251901022c0.jpg


追い抜いてもらってもまた私の後ろからもう一グループやってきました。
40_20170625190104019.jpg


全部で10人以上くらいでにぎやかでとっても楽しそうでした(^^; 若いっていいなあ!
41_2017062519051634a.jpg


電車を降りた駅のあるKochelsee(コッヘル湖)がきれいに見えてきました♪
42_20170625190518562.jpg


↑から左にずれると、中央奥にはStarnberger See(シュタンベルガー湖)も見えてました。
43_20170625190520fa0.jpg
他のいくつかの湖も見えてて、お天気回復で眺めもよくなってきてました。



学生の皆さんも眺めを満喫中。写真撮影もたくさんやってて本当に楽しそうでした♪
44_20170625190524ccd.jpg


左奥が目指す山頂Heimgarten。その前に、右手前の山にも十字架が見えてたのでそこにも寄ってみます。
45_20170625190522d3e.jpg


撮影だけしてすぐに下りて先へと進みます。 Schlehdorfer Kreuz(1640m)。
46_201706251905249f8.jpg


ガスもだいぶ取れました。
47_201706251905278fb.jpg


フェアリー・フラックス  Purgier-Lein (Linum catharticum) アマ科
48_2017062519052753f.jpg


ロープウェイ乗り場で私の前にいたご家族が前を歩いてらっしゃいました。
49_201706251905296f4.jpg
追い抜く時にお父さんのお顔を見たら、やっぱりとても暑そうにしてらっしゃいました(^^;



オオバコ科の花  Herzblättrige Kugelblume (Globularia cordifolia)  オオバコ科
50_2017062519053052e.jpg


アルペンローゼがここにも♪
51_20170625190536ff0.jpg


クロマメノキ、とても小さいけどかわいらしいお花です♪
52_20170625190536613.jpg


チョウノスケソウがラストスパートの道沿いにたくさん!
53_20170625190539c22.jpg


そして山頂十字架が目の前に見えてきました。
54_20170625190537326.jpg


三角点と山頂十字架。
55_20170625190539389.jpg


右下に山小屋。 
56_2017062519053923a.jpg


歩いてきた稜線部分、ガスが取れて全景が見えてます♪
57_201706251905438c1.jpg


稜線の北側に、電車を降りてバスに乗ったバス停のあるKochelsee(コッヘル湖)。
58_20170625190543655.jpg


南側には、ロープウェイの麓駅もあるWalchensee(ヴァルヒェン湖)。
59_20170625190543dbb.jpg


西側の眺め。下山は、この稜線上を途中まで歩いて、往路とは別の駅へと向かいます。
60_2017062519054564f.jpg


山頂からの360度の眺め。



リンドウも数少なくなってきました。
トランペット・ゲンティアン  Clusius-Enzian (Gentiana clusii)  リンドウ科
61_2017062519072516b.jpg


山小屋で休憩です。 Heimgartenhütte (1775m)
62_20170625190726eb9.jpg
食事休憩のみ可能で、宿泊はできません。



飲み物は注文せず、エンドウ豆のスープだけ注文しました。お味は普通(^^;
63_20170625190728580.jpg


食事の後はすぐに下山開始。Ohlstadt(オールシュタット)という村の駅まで歩きます。
64_2017062519073070e.jpg


ヨーロッパリンドウ  Frühlings-Enzian (Gentiana verna)  リンドウ科
65_201706251907316b6.jpg


アルパイン・コルツフット  Alpen-Brandlattich(Homogyne alpina)  キク科
66_20170625190732f59.jpg


しばらくは稜線上歩き。
67_20170625190734cd5.jpg


途中で右に折れてどんどん下って行きます。
68_201706251907359ef.jpg


森の中を歩いて・・・、
69_20170625190737d42.jpg


沢を渡って・・・、
70_201706251907389c6.jpg


オカトラノオ属の花
イエロー・ピンパーネル  Hain-Gilbweiderich (Lysimachia nemorum) サクラソウ科
71_201706251907400b9.jpg


ハクサンチドリ属の花
メドウ・オーキッド Fleischfarbenes Knabenkraut(Dactylorhiza incarnata) ラン科
72_20170625190741af1.jpg


麓の駐車場に到着。私は駅まで歩かないといけないので、さらにもう2㎞ほどの歩き。
73_20170625190743331.jpg


子牛が放牧されてる長閑な田園風景の中を歩き、
74_201706251907459d7.jpg


やっと駅に到着です。 乗車駅の、Ohlstadt駅。
75_20170625190746eb3.jpg


この日歩いた距離は約14.39㎞。
累積標高は、上りはロープウェイ利用なのでたったの406m、下りは1361mでした。
ロープウェイ利用で上りの疲れがない分、尾根歩きをのんびりと十分に楽しめた歩きとなりました。

Soiernhaus(1616m)

Wallgauer Alm(1543m)

comment iconコメント ( 8 )

こんばんは♪

ヴァルヒェン湖に映る空、きれいですね~。
これだけくっきりと雲が映るということは、風がほとんどなかったんでしょうか。
尾根歩きはガスで視界が悪かったみたいですけど、山頂では晴れて良かったですね。
どの植物たちも、みずみずしいですね。
朝露(?)がキラキラととってもきれい♪
景色はいつの間にか夏ですね。

名前: pil [Edit] 2017-06-26 05:15

アルペン猫さん、こんにちは。

今回のお山の稜線は、ちょっと狭い感じですか?
大きな木もなく、景色が良くて、気持ちよく歩けそうな稜線ですね。
相変わらずお花もいっぱいです^^

公共交通機関を使うと、下山後すぐビールが飲めていいですね。
僕は空木岳もマイカーだったので、自宅に着くまで3時間以上はおあずけでした(笑)

名前: やまびこ [Edit] 2017-06-26 05:48

3年前のリンク記事を見たら、ヒメが写っていた。
今では朝青龍です。 (苦笑)

3年前と同じルートですよね?
全く違う印象ですね。 今回の画像だと、経験者向けというのが納得できる狭くて両側キレ落ちてる印象が強いです。
ガスってる為なのか、登山道の画像が多いからなのか。
歩きがいがありそうです。 検索したら景色が良くて人気みたいなので、ガスが晴れて良かったですね。
もしかしてこの週末もどこか登られていました?
週が明けるのが楽しみになってます。(ブログ記事アップされるから)

名前: REI [Edit] 2017-06-26 18:03

こんばんは。アルペン猫さん。
最高の稜線歩きですね!涼し気、爽快って感じです。
湖も美しいですし。
でも、あの切り立った場所は危なくはないんですか?高度感がすごくて垂直に切れているんですけど・・

ここのところ、どこのお山のレポでもトランペット・ゲンティアンを必ず拝見するんですが、見頃の期間がかなり長いんですね。そちらは夏季の気温が一定なんですかね。
美しい花がいつまでも見られるのは羨ましいです!

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2017-06-26 21:53

コメントありがとうございます♪

★pilさん
Walchensee、青さが濃くてきれいな湖なんですよ~^^
でもその分、泳ぐのには水温が他の湖よりかなり低いみたいです。
風はこの日は感じなかったです!
午前中が曇っててちょっと肌寒いくらいで、その後太陽が出てきてちょっと湿度は感じましたが。

お花が、春のお花が枯れてる状態のがたくさんあって、ああ、もう夏かあ・・・と実感しました。
本当はお目当てのお花があったのですが、それも既に枯れてました(^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-06-27 04:30

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは!

稜線、すいすい歩けるけて小さな子供たちも歩いてたので、十分な幅があったと思います。
普通の登山道でもっと細い箇所をこの記事の後に歩いてきたので、そこよりは何倍もましだと感じました(^^;
今回のここは眺めもよくていつもたくさんの人が歩いてますが、この時は午前中のガスのせいでいつもより少なかったと感じます。

ビール、車の方は確かに我慢ですね(^^;
私もこの日は、帰りの駅の周辺にお店が全くなかったので、自宅に到着まで我慢でした!

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-06-27 04:35

コメントありがとうございます♪

★REIさん
私もヒメちゃんを見て懐かしく感じてました^^
もう3年になるんですね~。

ルートは3年前と全く同じです!
本当は今回は下から歩きたかったのですが、たまにはロープウェイ利用もいいかな、と(笑)。
切れ落ちてる部分が多いですが、ここは道幅も十分にあるので、道がとても細くて横が切れ落ちてるようなところよりは安全かもと感じました←数日前に歩いた道がそんなだったので(^^;
ということで、はい、土曜日、山小屋までですが歩いてました(笑)!
写真の整理に時間がかかるのでまだアップできませんが・・・。
そして今日は、相方が休みだったので、猫がいるアルム小屋にも行ってきましたよ!←猫が目的です(笑)。
なので、あと2記事は最低書けます(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-06-27 04:40

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!

涼し気、爽快、まさにその通りの歩きになりました^^
人が多くても気持ちよく歩けました。
切れ落ちてる箇所もけっこうありますが、道幅が十分にあるので、ここはわりと問題なく歩ける場所かなと思います。
普段山歩きしないような人もけっこう歩いてるように感じました(^^;

トランペットゲンティアン、標高が2千m以上とかの場所だと7月くらいでも咲いてるところけっこうあります!
ただ、私が今の時期に歩いてる標高の山だと、先週末もそうでしたが全て枯れてました。
やはりこの濃い青のリンドウがあると山も華やかに感じます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2017-06-27 04:48

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)