FC2ブログ

昨年歩いたWank(ヴァンク)まで、同じルートで、友人と一緒に歩いてきました。


歩いた日 2018年9月8日



今回も赤い列車でガルミッシュ=パルテンキルヒェンまでの移動です。
0_201809292350551ac.jpg



ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに到着したらバス(9608)に乗り換えです。
1_201809292352015ed.jpg


約10分の乗車で降車バス停に到着です。 バス停Schlattan、約873m
2_201809292352027a6.jpg


林道をしばらく歩いて行きます。
3_201809292352056a3.jpg


可愛らしいキノコを一つ発見♪
4_20180929235205956.jpg


放牧されてる牛さんたちの横を歩きます。
5_20180929235207dfb.jpg


そして登山道へ。
6_20180929235208d96.jpg


森林の中への入り口付近にキノコがたくさん。
7_20180929235210a35.jpg


最近キノコ狩りを楽しんでますが、あらっ、これは美味しいキノコでしょうか(笑)?
8_20180929235211ada.jpg
キノコはまだまだとても難しいです。


緩い傾斜の歩きやすい道が続きます。
9_201809292352134b5.jpg


ウメバチソウ Sumpf-Herzblatt (Parnassia palustris) ウメバチソウ科
10_201809292352143d1.jpg


昨年、初夏に歩いた時はこの沢沿いの道にたくさんのお花が咲いてたのを思い出しました。
11_201809292352167e8.jpg


牛除け通過でアルム領域内に入ります。
12_20180929235218eea.jpg


木の幹のキノコ。
13_20180929235219b68.jpg


家畜は全くいませんでした。
14_2018092923522156c.jpg


眺めがよくなってきました。
15_201809292352226c3.jpg


広々としたところに出てきました。
16_201809292352234ca.jpg


山頂も前方に見えてます。
17_20180929235224722.jpg


アルパインバターカップ  Alpen-Hahnenfuß (Ranunculus alpestris)  キンポウゲ科
18_201809292352262f3.jpg


イエロー・サクシフリジ  Fetthennen-Steinbrech (Saxifraga aizoides) ユキノシタ科
19_20180929235228553.jpg


ツークシュピッツェ(Zugspitze、2962m)、雲にちょっと隠れてますが見えてます。
20_20180929235229950.jpg


リンドウの一種  Rauer Kranzenzian (Gentianella aspera) リンドウ科
21_201809292352563a3.jpg


リンドウの一種 Gewöhnliche Fransenenzian (Gentianopsis ciliata)  リンドウ科
22_201809292352578b2.jpg


アイブライト(コゴメグサ) Wiesen-Augentrost(Euphrasia officinalis) ゴマノハグサ科
23_201809292352596e9.jpg


目の前の建物はロープウェイの山頂駅とレストラン。右上が山小屋でその右横に山頂です。
24_20180929235300c9d.jpg


山小屋の横を通過して…、
25_2018092923530192b.jpg
Wankhaus、1780m 宿泊と食事休憩が可能です。


山頂に到着です。バス停からは2時間半で到着です。
26_20180929235303e9e.jpg


ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの街。向かって右の雲に隠れた山は前回記事のKramerspitz(1985m)。
27_201809292353042a5.jpg


山小屋で休憩です。下りがまだ2時間以上歩くのでビールではなくラードラーを注文。
28_2018092923530662b.jpg


ベーコン入りのクヌーデルスープを注文しました。
29_20180929235307617.jpg


下りはバス停へではなくて駅へと向かう道へ。ほとんどの方はこの道から登ってこられます。
31_201809292353114e4.jpg


チャボアザミ  Silberdistel (Carlina acaulis) キク科
30_201809292353118cf.jpg


上りの道でもたくさん咲いてたリンドウ。午後になって暖かくなってたくさん開いてました。
32_20180929235312c63.jpg


ロープウェイの中間駅が見えてます。
33_201809292353141f4.jpg


この下りの道もとても歩きやすい道です。
34_20180929235315023.jpg


この景色を眺めながら下るのもなかなかいい感じ。
35_20180929235317c4c.jpg


昨年はここでちょっと道を間違えました。アルム内の道へと曲がるのですが、分岐点には道標はなかったような気がします。
36_20180929235318aee.jpg


昨年のことを覚えてたのでちゃんと曲がれましたが…、
37_20180929235320612.jpg


道標はこのアルム内の道の最後の方にあります。分岐点にも設置してほしいです!
38_201809292353213e2.jpg


そしてまたひたすら、緩い傾斜の道を下っていきます。
39_201809292353246a7.jpg


登山道の最後の方です。
40_20180929235325693.jpg


イヌサフラン Herbstzeitlose(Colchicum autumnale) ユリ科
41_201809292353501aa.jpg


麓までやってきました。
42_201809292353515c4.jpg


駅まで15分程歩いて、待ち時間もさほどなく、列車もちょうどいい時間にやってきました。
43_20180929235352ab3.jpg


乗車前に買っておいたビールを車内で楽しみます♪
44_201809292353535dc.jpg

列車内で飲むビールも美味しいもんです^^



この日歩いた距離は約15.5㎞、累積標高は上りで約916m、下りで約1100mでした。


さて、この日以降はどの山も歩けてません…。
なので、お出かけ記事やその他もろもろ、書けることあったら書こうかなあ、です(^^;

牛下ろし祭りと渓谷歩き、in Krün

Kramerspitz(1985m)

comment iconコメント ( 4 )

こんばんは♪

今回もお友達と一緒に歩かれたんですね。
おしゃべりをしながらの山歩き、楽しそうです♪
と言いながら、私だったらゼーゼー言って、
おしゃべりどころじゃないかもしれない。(笑)
沢山生えていたキノコ、初めはハナイグチ(Gold-Röhrling)かと
思ったんですけど、柄にツバがないのでチチアワタケ(Körnchen-Röhrling)
かもしれないです。
一応食用みたいですけど(私はまだお目にかかったことがありません)、
体質によっては中毒を起こす場合があるんだそうです~。
今回のお山は、危なそうな道もなく、安心して拝見できました(*´艸`*)

名前: pil [Edit] 2018-10-01 04:31

コメントありがとうございます♪

★pilさん
こんにちは♪
このコースは滑落の危険もないので気軽に歩けます^^
でもやっぱりお喋りは最初の方にたくさんで、その後、歩いてる途中はけっこう息切れするのでお喋り無理ですよ~(;´▽`
キノコについて、ありがとうございます!
さすがだなあ…。私、本をあれこれ見たけどよく分からずで(汗)。
Körnchen-Röhrling、見てみました!確かにこれに似てる…。
私、傘の裏がスポンジ状だし、網目もないから安心して食べられるものか?とか思っちゃいましたが、中毒起こすこともあるんですね。
やはりどのキノコもちゃんと調べてからでないと食べてはいけないなと思いました。
アドバイス、ありがとうございます!
今回も勉強になりました^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2018-10-01 18:27

アルペン猫さん こんにちは

キノコ、どれも美味しそうに見えますけど、やっぱり食中毒怖いですよね。
僕の地元のハイカーさんでとてもキノコに詳しい方がいてお聞きしたらキノコって6,000種あるらしいです。その9割が毒キノコで症状が1ヶ月後にしか発症しないキノコとかもあるらしく話しを聞いてるととても手を出せないなと実感しました^^;

最後の写真、いつもはジョッキか瓶ビールだったので缶ビールは新鮮です(笑

名前: としパパ [Edit] 2018-10-05 20:33

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
こんにちは!

キノコ、種類も多いし見分けがとても難しいですね(>_<)
私は昨年からちょっと興味をもって、身近に生えてるもののなかから食べられる4~5種類がやっと分かるようになっただけで、これ以上は無理ですね~。
これらは似たような毒キノコがないから私も学べましたが、それ以外は本当に怖くて手を出せないです。

いつもは瓶ビールしか売ってないのに、この駅は観光客も多いせいか缶ビールがあったんですよ(笑)!
それでも最小サイズが500mlだから、日本とはまた違いますが(;´▽`

名前: アルペン猫 [Edit] 2018-10-06 22:06

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)