FC2ブログ

昨年10月に野生動物を見るために歩いたコースを、祝日だったこの日、今年も歩いてみることにしました。
しかし、最後の最後で雨が降り出し、雨はその後一時的にとはいえ強くなるとの予報だったので、目的地直前で引き返すこととなった一日になりました。


歩いた日 2019年8月15日


スキー場の駐車場からスタートです。Christlum Achenkirch 約940m
0_20190823004330c99.jpg




牛さんたちがいる場所を歩いてショートカットもできますが、まずは路上を歩きます。
1_201908230043575d1.jpg


のんびり休憩中。
2_20190823004400ef3.jpg


手前に見えてる白い建物、4,5星のホテルの敷地内を通ってきました。
3_2019082300440192c.jpg


時々ゲレンデ内をショートカット。踏み跡もあるので分かりやすいです。
4_2019082300440228b.jpg


ウメバチソウ Sumpf-Herzblatt (Parnassia palustris) ウメバチソウ科
5_20190823004403230.jpg


アイブライト(コゴメグサ) Wiesen-Augentrost(Euphrasia officinalis) ゴマノハグサ科
6_20190823004405dee.jpg


チャボアザミ  Silberdistel (Carlina acaulis) キク科
7_20190823004406340.jpg


リンドウの一種  Rauer Kranzenzian (Gentianella aspera) リンドウ科
8_20190823004408d96.jpg


冬はスキー客でにぎわう山は、夏の間は放牧中の牛たちでにぎわいます。
9_20190823004409617.jpg


昨年は右奥に見えてるリフトの下を歩いてショートカットしましたが、
10_20190823004411587.jpg


今回は林道の上に留まって先へ進みます。
11_20190823004412b75.jpg


小屋が立ち並んだ後方から登山道が始まります。林道経由だけでも行けます。
12_20190823004414735.jpg


ここから登山道。
13_20190823004415da9.jpg


ゲレンデ内を横切るように登山道ができてます。
14_20190823004417a5f.jpg


眺めもだいぶよくなってきて、
15_201908230044183d7.jpg


また先へと進みますが、この登山道では昨年も今回も誰ともすれ違わず。
16_20190823004420640.jpg


林道経由だけの方がちょっとだけ早く到着できるようだけど、この登山道も眺めが良くて好きです。
17_2019082300442130f.jpg


イエロー・サクシフリジ  Fetthennen-Steinbrech (Saxifraga aizoides) ユキノシタ科
18_2019082300442551a.jpg


ブルーグリーン・サクシフリジ Blaugrüner Steinbrech (Saxifraga caesia) ユキノシタ科
19_20190823004425d6c.jpg


フェアリー・シンブルズ  Kleine Glockenblume(Campanula cochleariifolia) キキョウ科
20_20190823004426a15.jpg


ちょうど正面にアルム小屋が見えてきましたが、雲行きが怪しい…。
21_20190823004453818.jpg


林道に合流。ここでポツポツと降ってきました。
22_201908230044548df.jpg


Moosenalmの小屋に到着。雨が降ってきたので、マウンテンバイクで先に到着して既に歩き始めてた相方も引き返してきてました。
23_20190823004456dbc.jpg


相方が引き返す時に、放牧中のヤギ4頭が一緒についてきたそうです(笑)。
24_201908230044583c7.jpg


私にも寄ってきて、私が歩けばついてきてとてもかわいかったです^^
25_201908230045000c7.jpg


向かって左側の子だけがオスで、残り3頭はメスだそうです。
26_20190823004503579.jpg


アルム小屋のおじさんが車でやってきたので相方が話をしたら、この様子では雨も強くなるから鞍部(野生動物が見られる場所)へ行くことは勧められないと仰ってました。
27_201908230045032af.jpg


ということで、相方がすぐ近くでアルプスマーモットを見たというので、とりあえず途中まで歩いてそれだけ見てみることに。
29_201908230604264b5.jpg


アルプスマーモット、すごく遠くにいたのでぶれぶれですが、なんとか一匹撮影。
31_20190823060429a43.jpg


ゲムゼ(シャモア)もものすごく遠くにいるのが見えました。
30_20190823060429d5c.jpg
全部で10頭写ってます。


放牧中の牛さんたちはたくさん見ました。
32_20190823060433dcd.jpg
その後、私は歩いて下らなければいけないのですぐに引き返しました。相方はアルム小屋の中で飲み物休憩をしてアルム小屋のおじさんとお喋り(笑)。


上りは2時間ちょっとかけてアルム小屋まで歩きましたが、雨量が増えてきたので急いで歩いてショートカットもしまくりで、駐車場までは1時間で下ることができました。
28_20190823004504df6.jpg
下山終了時には雨も止みましたが、寒かった…。


その後相方もマウンテンバイクで下ってきて、温まるために近くのレストランで食事をして帰ることにしました。
私は手前の、ポルチーニ入りのパスタ、相方は奥の串刺しの魚。
00.png
どちらもとても美味で、やはりチロル(オーストリア)のレストランのレベルはドイツよりも高いと実感しました。




この日歩いた距離は約10,7㎞、累積標高は上りで約614mでした。
この祝日の二日後が土曜日でお天気もまあまあよかったので、またまた同じ場所を歩くこととなりました。

Moosenalm(1530m)、再挑戦

Wendelstein(1838m)

comment iconコメント ( 2 )

こんばんは♪

このスキーをするウサギさん、前回登場してたのを覚えてます~。(笑) 
冬はスキー客、夏は牛さんで賑わうゲレンデ(*´艸`*)
この日は雨で引き返されたけど、2日後はお天気にも恵まれ、
登頂できてよかったですね。
ポルチーニ入りのパスタ、魚料理、どちらかを選ぶなんてできないわぁ。
両方食べたい!(笑)

そうそう、雪渓の残る山を、別ルートで2度挑戦されてましたけど、
同じ山でも、登るルートによって、コンディションが全く違ったりするものなんですね。
雪渓...怖すぎます💦

名前: pil [Edit] 2019-08-30 06:07

コメントありがとうございます♪

★pilさん
このウサギさん、一度見たら忘れられないような容姿ですよね(笑)!
冬は麓のお散歩ならあるのですが、私はスキーをやったことない(できない、笑)ので、スキーやってる方々の姿は遠くから豆粒程度の姿で見ただけです(^^;
ポルチーニのパスタは、地元で採れたというSteinpilzが大きくカットされてゴロゴロと入ってて感動ものでした!←だから二日後の再挑戦の後は相方がこれを注文してます(笑)。
パスタもお店の手作りで本当に美味しかったです。

雪渓は深くなければそのまま上を歩けるけど、あの時のは中の融けた部分がとても深くなってて、その上を歩いて崩壊したら…と想像しただけで超ドキドキでした(汗)。
2年前同じ時期に歩いた時は雪は完全に融けてた場所だったのでまさかまだ雪が…とはで、やはり山はいつも油断ならないと実感しました。

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-08-30 21:05

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)