FC2ブログ

6月末に友人と一緒に歩いてきたRotwandロートヴァンド)へ、お天気が抜群によくなった平日に歩いてきました。この山へ歩くのは今回で5回目。いつも下りでだけ歩いてた林道を今回は往復共に歩きました。


歩いた日 2019年9月4日


今回は車で現地へと移動。Spitzingsee(シュピッツィング湖)の駐車場からスタートです。
0_20190912013914e18.jpg
約1088m、駐車料金一日5ユーロ



いつも下りてるバス停の側にある駐車場は満杯でした。
1_2019091201393964d.jpg


山小屋Rotwandhaus(1737m)までは林道のみです。
2_20190912013941324.jpg


日影になった林道沿いにはお花よりもキノコが多く見えてきました。
3.png


陽当たりがいい場所に来ると、
4_201909120139518fd.jpg


かわいらしいお花も咲いてました。
オオアカバナ Zottiges Weidenröschen(Epilobium hirsutum) アカバナ科
5_20190912013951661.jpg


山小屋までは林道のみということで、ベビーカー押して歩いてる人も何人か見かけました。
6_20190912013959665.jpg
山小屋とスタート地点との標高差は約650m。この標高差をベビーカー押して歩くのは私には無理かも…。


登山口から約1時間ちょっとで、
7_201909120139541dc.jpg


眺めがだいぶよくなってきました。
8_2019091201395451a.jpg


平日ですが、歩いてる人もたくさんです。
9_20190912013958ce8.jpg
途中までロープウェイで上って下りだけ歩きで…の方も多かったようです。


ウーリーシスル  Wollkopf-Kratzdistel (Cirsium eriophorum) キク科
10_20190912014000685.jpg


中央奥の方に山小屋が見えてきました。
11_20190912013959fe2.jpg


登山口から1時間45分程で、右奥に見えてる山小屋に到着。
12_20190912013959e19.jpg
マウンテンバイクの相方よりちょっとだけ早く到着してしまいました。ショートカットしてる時に私が追い抜いたみたいでした。


相方到着後、残り約15分で到着の山頂へ歩く準備をしてたら山小屋に住んでるらしい猫ちゃんが私の方へと来てくれました♪
13_201909120140018d0.jpg


猫ちゃんが見つめる方向へと歩きます。
14_20190912014001b4b.jpg


山頂へ先に行って、あとから山小屋で食事休憩です。
15_20190912014001c26.jpg


シオン連の花  Einköpfiges Berufkraut (Erigeron uniflorus) キク科
16_20190912014002913.jpg


リンドウの一種 Gewöhnliche Fransenenzian (Gentianopsis ciliata) リンドウ科
17_20190912014004ebb.jpg


チャボアザミ  Silberdistel (Carlina acaulis) キク科
18_20190912014005dfe.jpg


ギョリュウモド Besenheide (Calluna vulgaris) ツツジ科
19_20190912014007bc8.jpg


ハコベの一種  Sumpf-Sternmiere (Stellaria palustris) ナデシコ科
20_20190912014008353.jpg


山頂は目の前。
21_20190912014217363.jpg


最後、ちょっとだけこうやって登って、
22_2019091201421918f.jpg


すぐに到着です♪
23_20190912014220e2f.jpg


翌日からはしばらくずっと雨が続く予報になってたので、この日またこの山に登ってよかったと思えた眺めでした。
西の方には相変わらず、
24_20190912014222ba8.jpg


ドイツの最高峰のZugspitze(ツークシュピッツェ、2962m)が見えてます。
25_201909120142238f4.jpg


南東、山小屋方面を見ると、
26_20190912014225207.jpg


オーストリアで4番目に高いGroßvenediger(グロースヴェネディガー、3657m)。
27_201909120142268e5.jpg


オーストリア最高峰のGroßglockner(グロースグロックナー、3798m)ももちろん見えてます。
28_20190912014228e9f.jpg


山頂からの眺めは360度、
29_20190912014230f13.jpg


とても素晴らしい景色です。
30_201909120142315c6.jpg


山小屋へと戻ります。
31_20190912014233c86.jpg


いつもは大混雑のこの山小屋も平日の午後3時頃だとさすがにガラガラです。
32_20190912014234c06.jpg


まずはビール♪
33_20190912014235496.jpg


私は左の牛舌料理。右は相方のクヌーデル添えのサラダ。
34_20190912014237091.jpg


食べ終わって下山前に撮影。夕方4時頃で全部で10人もいたかなあといった状況でした。
35_201909120142393ba.jpg


下山は登って来た道と同じで、一番左側の道を歩きます。
36_20190912014240be6.jpg


途中、休憩してる牛さんたちを撮影してたら、ものすごく近くでアルプスマーモットが動くのを発見しました。
37_2019091201424211a.jpg


まずは一匹目。かわいいなあ♪
38_20190912014243ae2.jpg


二匹目。
39_201909120142456c4.jpg


この位置にいました。中央、一番下です。
40_2019091201424640e.jpg


ごそごそと移動してる3匹目の姿も見ることができました。
41_2019091201430332e.jpg


その後はひたすらと林道を歩いて下山。湖沿いを歩いて駐車場まで進みます。
42_20190912014305f41.jpg


ガマの穂、久しぶりに見ました。懐かしいです。イナバの白兎を思い出しますね。
ガマ Breitblättriger Rohrkolben(Typha latifolia) ガマ科
43_20190912014306309.jpg


そして駐車場に到着です。
44_20190912014308e4c.jpg

この日歩いた距離は約16.4km、累積標高は上りで約818mでした。
雲一つないお天気でまたまた素晴らしい眺めを堪能できましたが、この日は、バイエルン内の山歩きでは初めてアルプスマーモットの姿を見ることができてさらにいい歩きができたと感じた一日となりました。過去、チロルの山では何度も見たことありますが、バイエルン内では鳴き声しか聞いたことがありませんでした。

Bodenschneid (1669 m)

Hochgern(1748m)

comment iconコメント ( 10 )

こんばんは。お久し振りですアルペン猫さん
そちらは、涼しくなりましたか?
こちらもようやく秋の気配が訪れました。今晩はエアコン無で寝れそうです!
お写真のオーストリア最高峰 グロースグロックナー、カッコいい山稜です。マッターホルンにフォルムが似てるんですね!!
アルプスマーモットって人懐っこい動物なんですか?愛嬌があってかわいいですよね。見どころいっぱいの山登り、楽しそう!

今週末はいい風吹きそうです!琵琶湖の風に乗りますよー

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2019-09-12 22:24

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
こんにちは!お久しぶりです^^
こちらはかなり秋らしい気候になってきて朝夕は寒いほどです。
日本ではまだまだ猛暑のようで申し訳ないくらいの過ごしやすさですが、ようやくそちらも秋の気配を感じられるようになったのですね、よかった~。
グロースグロックナーはガイド無しでは登れない山となってるようです(無しで上る人もいるようだけど、いい話聞きません…)。
山小屋で一泊して登頂アタックとなるようですが、山小屋までなら歩いたことあります(^^;
アルプスマーモットはとても怖がりで、すぐに隠れちゃうのが通常です。でもとてつもなく大きな警戒の鳴き声を聞かせてくれるのでそれで逆に姿が見つけやすいです(笑)。

まだまだ水の遊びをできるんですね!山と湖、両方趣味がおありになるっていいなあ。
どうぞ楽しんできてくださいね!^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-13 01:18

16kmですか、標高は大したことなくてもけっこうな距離ですよね。
さらに眺めが素晴らしいです、さすがアルプスですね。
ヨーロッパの山なんて歩く機会も無いでしょう..若い時にモンブランとユングフラウヨッホに観光で登ったのみです。これも次は無いでしょうね(笑)。

名前: 野付ウシ [Edit] 2019-09-16 17:38

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
標高差がそんなにないのと、難しい道も皆無なのでレベルは一番下の初心者コースになってますが、眺めが抜群にいいためにバイエルン内では多分一番人気の山だと思います^^
私も独身時代、ツアーでユングフラウヨッホ方面へ行きました!
私は山岳鉄道みたいなのに乗って上から山を眺める…だけでしたが、なかなか素晴らしい景色で感動したのを覚えてます^^
こちらにいても行く機会ないですよ、スイスはありえないほどに物価が高いので(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-16 21:16

こんにちは~。
雲ひとつない素敵なお天気!
綺麗な景色~、かわいい動物たち~
こんなところで猫ちゃんに会えるなんてうれしいね~(´ω`*)
春とは違うお花たちを見て、秋を感じます♪
うちの散歩コースにもガマの穂があって私も見るたびイナバの白兎を想い出します( *´艸`)
採って帰りたくなるけど、写真だけで我慢してます(笑)。

名前: komomo姉 [Edit] 2019-09-16 23:00

コメントありがとうございます♪

★komomo姉さん
こんにちは!
雲一つないお天気になる予報だったので、あえて眺めがよい山を選びました^^
既に5回目になる山なので特別何か新しいものは期待してなかったけど、猫ちゃんに出逢えて、マーモットも見ることができて大満足でした♪
ガマの穂、お散歩コースにあるっていいですね~!
やっぱり日本人はこれを見ると因幡の白兎なのかな(笑)。
本を見たら保護種ではないのでもし採ったとしても問題はなさそうだけど、私もこういう場所のを採る勇気はないです(;´▽`
もっともさもさというか、草ボーボーの場所だったら切って持って帰るかもだけど(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-17 00:51

おはようございます(*^-^*)

この空の色!
頂上からの眺めはもちろんですけど、
途中の景色も素敵ですね~。
そしてお料理のおいしそうなこと!←そっち(笑)
この景色を見ながら、牛タン料理をいただいて、
ビールをぐび~っと(#^.^#) いいなぁ~。
牛さんに猫ちゃん、そしてアルプスマーモット、かわいい~♡
アルプスマーモットって、結構大きいんですね?

名前: pil [Edit] 2019-09-18 15:33

景色抜群!

○ ぉぉぉ…素晴らしい景色…。 日本と違って草丈が短く、カラッとしているのですね~
 日本では見慣れない花もあれば、日本らしいガマの穂もあって、歩いていても楽しそう…♪
 マーモットがコロコロ体型でユーモラス。 牛さんものんびり…
 山小屋猫さんも、ちょっと優雅…!
 山小屋といっても、小屋とは言えない立派なもの。
 こんな景色を見ながらビールが飲めれば、最高のリラックス~
 素晴らしい場所なのですねー
      <ののちゃんより>

名前: kitcat [Edit] 2019-09-18 18:12

コメントありがとうございます♪

★pilさん
こんばんは♪^^

この日は奇跡的に雲一つないお天気になる予報だったので、この眺めを楽しむため、
相方が休みを取ってまでこの山に行くこととなりました(笑)。
ドイツの山小屋のお料理はいまいちなことが多いけど、ここのは評判いいのです^^
牛タン料理も普段食べられるものではないですが、すごく美味しかったです!
下りも林道だけの簡単な道なので、ビール楽しんじゃいました♪
マーモット、でかいですよ(笑)。
今は冬を前にたくさん食べないといけないのでよけいでかいです(^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-19 06:17

コメントありがとうございます♪

★kitcatさん
この山は360度の素晴らしい眺めがあるけど簡単に上って来れる初心者コースの山なのでバイエルンではたぶん一番人気なのではと思える山です^^
上の方は放牧地になってるので草丈も短く、牛さんたちがの~んびりしてることが多いです。
マーモットは冬を前にたくさん食べないといけないので今はよけいにコロコロです(笑)。
山小屋も一年中営業してて宿泊もできるのでなかなか立派ですよ^^
この日は遠くまでの山々を見ながらビールが飲めて最高でした!

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-19 06:20

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)