FC2ブログ

このブログを始めたのが5年前で、ご挨拶の後の初めての山歩きの記事は今回登ったLamsenjochhütte(ラムゼンヨッホヒュッテ)という山小屋までの歩きについてでした。
今回はその山小屋まで、5年ぶりに歩いてきました。


歩いた日 2019年9月18日


Großer Ahornboden(大きいカエデの地)と呼ばれるこの場所。まだまだ緑でいっぱいで紅葉はこれからといったところでした。
0_201909240627313fa.jpg



レストランの前にある、Engalm(エングアルム)への入り口からスタート。Alpengasthof Eng 1203m
1_201909240627570aa.jpg


まっすぐそのまま進めばアルムの中心部経由で林道へも行けますが、
2_20190924062758ce5.jpg


すぐ左に曲がってショートカットできます。
3_20190924062800bee.jpg
写真の犬、8月に、これから先のコースを歩いてる途中にいなくなったとのことでした。リード無しではやっぱり危ないですね。


まずは登山道をしばらく歩きます。
4_201909240628026b4.jpg


キノコがあれこれ目立ちますね~。
5_2019092406280363b.jpg


これは本に載ってる毒キノコに似てるような…。
6_20190924062805b43.jpg


これもそっくりなのが本に載ってるけど同じものかどうか、よく分かりません。
7_201909240628065dd.jpg
キノコはやっぱり難しいですね。


20分程で林道に合流します。
000_201909241602044df.jpg


リンドウの一種 Gewöhnliche Fransenenzian (Gentianopsis ciliata) リンドウ科
9_201909240628094be.jpg
アイブライト(コゴメグサ) Wiesen-Augentrost(Euphrasia officinalis) ゴマノハグサ科


昨年10月に休憩をしたアルム小屋が見えてきました。
10_20190924062811200.jpg


牛さんたち、のんびり休憩中。
11_201909240628126ee.jpg


アルム小屋の前を通過です。ここまで約50分弱。Binsalm(1500m)
12_20190924062813ee3.jpg


チャペルの前を通って、
13_20190924062815e23.jpg


すぐ左へ曲がってショートカット。道標はここでは林道のみに出てるので、5年前は林道を歩いてます。
14_2019092406281656d.jpg


またすぐに林道に合流ですが、
15_2019092406281856d.jpg


すぐに登山道が始まります。奥の、牛さんたちが集まってる方向へと道が続いてますが、
16_20190924062820d4d.jpg


有刺鉄線が張られてるので、牛さんたちの間を通らないことには先へ進めません(^^;
17_20190924062822109.jpg


こちらが派手なリアクションさえしなければ何も問題ありません。
18_201909240628237ad.jpg
左の板の上に上って柵を超えます。


緩い傾斜の登山道が続きます。
19_20190924062824f13.jpg


すれ違った女性のハイカーさん。彼女が歩いてる場所を私も歩きました。
20_20190924062826276.jpg


季節外れのリンドウが一輪。
トランペット・ゲンティアン Clusius-Enzian (Gentiana clusii)  リンドウ科
21_20190924062851eb7.jpg


ウメバチソウ Sumpf-Herzblatt (Parnassia palustris) ウメバチソウ科
22_201909240628528e7.jpg


リンドウの一種 Rauer Kranzenzian(Gentianella aspera) リンドウ科
23_20190924062854a10.jpg


アルパインバターカップ  Alpen-Hahnenfuß (Ranunculus alpestris)  キンポウゲ科
24_20190924062856190.jpg


平日だし、この日を除いてはとてもよいお天気が続いてたので、
25_201909240628577f2.jpg


歩いてる人もほとんどいない水曜日の午後です。
26_201909240628589ee.jpg


鞍部がだいぶ近づいてきました。
27_20190924062900494.jpg


お天気悪いし気温も低かったので(麓で13度くらいの予報)お花も閉じたままのが多かったです。
28_20190924062902619.jpg


鞍部まで約2時間弱。晴れてれば山小屋が既にここから見えるんですがこの日は全く見えません。
29_20190924062903887.jpg


トラバース道に入ります。
30_20190924062905196.jpg


アザミ  Alpen-Distel (Carduus defloratus)  キク科
31_201909240629060b8.jpg


イワガスミ;ハナイトナデシコ  Kriechende Gipskraut (Gypsophila repens) ナデシコ科
32_20190924062908395.jpg


ちょっぴり秋の雰囲気。
33_201909240629096c6.jpg


だんだんとガスってきましたが、道幅はあるし、ある程度の範囲は見えてるので大丈夫です。
35_20190924062910933.jpg


道が崩壊してたようです。
36_201909240629121dd.jpg


トラバース道も終わり山小屋も近いはずなんですが、全く見えてきません。
37_201909240629139a0.jpg


岩と岩の間を通ります。
38_20190924062915cda.jpg


タカネカラクサナズナ Gämskresse (Hornungia alpina) アブラナ科
39_2019092406291641f.jpg


旗が見えてきました。山小屋、すぐ側かも?
40_20190924062918227.jpg


山小屋、やっと見えました!後ろにはクライマーさんに人気の山があるのですが、全く見えません。
41_20190924063053e41.jpg
写真撮影に時間をかけながら歩いて、道標通り約2時間半で到着です。


山小屋の前に植えられてたエーデルワイス。
42_20190924063055bef.jpg


自生してるものは長いこと見てませんが、標高のある場所だと鉢植えでも十分に綺麗に咲いてくれるんですね。
43_20190924063056ef9.jpg


山小屋の中にはそこそこの数のハイカーさんがいらっしゃいました。宿泊もできます。
44_20190924063100a32.jpg


いつもならビールだけど、この日は寒かったのでホットココアを飲みました。
45_20190924063100f35.jpg


山小屋の裏にあるチャペル。
46_20190924063101e27.jpg


チャペルから見た山小屋。
47_20190924063102109.jpg


下山は同じ道を歩きます。
48_2019092406310499b.jpg


ガスも往路よりはだいぶ取れて、谷の下の方も見えてました。
49_20190924063105c8c.jpg


ゲムゼが10頭弱、遠くにいるのが見えました。
50_20190924063107c6e.jpg


鞍部を通り過ぎれば、
51_2019092406310840c.jpg


あとはひたすら下るのみです。
52_201909240631105ef.jpg


エングアルム、見えてきました。
53_20190924063111ecf.jpg


少しだけ始まってた紅葉。
54_20190924063113cc8.jpg


アルム内の店でチーズとサラミを買って帰ります。
55_201909240631149db.jpg


買い物を終えて外に出ると、放牧されてた牛たちが牛舎へ帰っている最中でした。
56_2019092406311655a.jpg


牛舎はいくつかあるのですが、ちゃんと自分の牛舎が分かってるようで、自主的に入って行ってました。
57_201909240631179d9.jpg


駐車場へと戻ります。
58_20190924063119530.jpg


自宅に戻る途中のレストランで夕食を食べて帰ることにしました。
ワイン発酵の途中段階のSturm(シュトゥルム)を飲みました。今の季節にしか飲めません。
59_201909240631201a2.jpg


狩猟シーズンで、野生動物のお料理が提供されてる時期だったので、そういう料理が好きな相方はノロジカのステーキ、私は野生動物のお肉を使ったソーセージを注文しました。
60_201909240631223e1.jpg
野生動物のステーキなどは私は苦手なのでソーセージにしたけど、味見させてもらった相方注文のステーキが超美味でした!私のソーセージの2.5倍のお値段のお料理、でも私もこれにすればよかったかな~なお味でした。


この日歩いた距離は約12.3㎞、累積標高は上りで約795mでした。
ガスってて眺めはいまいちでしたが、暑さがないし、いつもは大勢の人で混みあってる場所なので、ほとんど人が歩いてない中を気持ちよく歩けた一日となりました。

Höllentalangerhütte(1381m)

Bodenschneid (1669 m)

comment iconコメント ( 2 )

こんにちわ。さすがにアルプス! 山小屋もお洒落で大きいですよね。
日本だと全国さがしても、これだけのものは無いでしょうね。トラバースの道がかなりの傾斜地ですが、怖そうな感じです。2000mほどの山で標高差795mでしたら手頃な登山とも言えそうですね。麓の牧場もいい雰囲気です。

名前: 野付ウシ [Edit] 2019-09-25 16:04

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
こんにちは!
ここはスタート地点が既に標高1200mほどあるので、簡単な歩きでもなかなかの眺めを楽しめるコースが多いです^^
トラバース道は、写真で見ると私も最初は怖く感じましたが、実際は道幅も十分にあって人とすれ違うのにも十分で普通に歩けました。
この周辺の山の山小屋はハイカーさんに人気の山小屋、多いです。
お天気のせいもありますが人が少ないおかげで中に入れたのは奇跡的でした(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-09-25 23:07

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)