FC2ブログ

昨年の9月末に、Grasköpfl(1753m)という山頂までの周回コース歩きをしました。その下り時に、発情期のアカシカのオスの雄叫びが聞こえ、近くの別の山をマウンテンバイクで走ってた相方もその声を聞いてました。
今回は、その雄叫びをもう一度聞くため(笑)、周回コースで歩くにはちょっと時間も足りないので、Moosenbachという川に沿った道で、昨年その雄叫びを聞くことができた場所まで、周回コースの一部を歩いてきました。


歩いた日 2019年9月29日


Fall(ファル)村の近くの駐車場からスタート。
0_20191010000341263.jpg
全部でたぶん10台くらいしか停められない駐車場ですが、駐車場を表す”P”の標識も出てない場所なので、遅く到着したわりにはまだスペースがありました。




最初30分ほど、傾斜のかなりある林道を歩きます。
1_20191010000404df0.jpg


キノコがいろいろと目に入ってきます。
2_20191010000405114.jpg


ブレブレですが…。
カンムリガラ  Haubenmeise(Lophophanes cristatus) シジュウカラ科
00_20191010000650449.jpg


スタートして約30分で分岐点に。昨年、周回コースで歩いた時は右へ進んで下りは正面から戻ってきましたが、この日はそのまままっすぐ正面の道へ進みます。
4_201910100004080d2.jpg


秋の雰囲気が始まってます。
5_20191010000409d14.jpg


既にアカシカの雄叫びの声が聞こえてましたが(昨年私が聞いた場所とは別のところから)、そこまで大きな音ではないので予定通り先に進みます。
6_20191010000411990.jpg


林道は正面で終わり。スタートから約一時間半弱で登山道へと入ります。
7_20191010000412367.jpg
相方はマウンテンバイクでここまで到着済みで、ここにマウンテンバイクを置いてここから先は一緒に歩きました。


登山道スタートの場所にマーキングはあります。
8_20191010000415959.jpg


そして、道標があったので、”道標はなかったはずなのに?”と思いながらも、よく確かめもせずに道標が指す方向へと進んでしまいます(汗)。
9_20191010000418f8f.jpg


そして、この川を横切るように道ができてるんですが、”去年はこんなところ歩いてない!”と思って、そこで間違いに気づきます(汗)。
10_20191010000419243.jpg
今回歩くコースは公式の道ではないため道標はなくて、マーキングもほとんどありません。でもここには道標もマーキングもしっかりとあったので、それで”あれ?”となったわけです(汗)。


そして道を修正して、やっと本来の道を見つけることができました。
11_201910100004202b6.jpg


川の流れを横に見ながら歩きます。
12_20191010000420ba0.jpg


公式の道ではないということで、今年多かった、豪雪による倒木が心配ではあったのですが、ちゃんと通られるように整備されてました。
13_2019101000042216c.jpg


ここでは下を潜れるように。
14_20191010000423e12.jpg


水の流れがだいぶ近くなってきて、
15_201910100004258ba.jpg


ここで向こう側へと渡ります。ここはちゃんとマーキングあり。
16_20191010000426571.jpg
水の流れもそれなりにあるし、水が流れてる部分はぬるぬるで滑りやすいので注意しながら歩きます。


前日が雨だったので、けっこうな量が流れてたと思います。
17_201910100004282ea.jpg


キノコがやはり目立ちますね~。
18_20191010000429d75.jpg


沢を渡ってすぐの場所で、アカシカの鳴き声が大きめに聞こえるようになり、そこでしばらくその声を聞くことにしました。
19_20191010000433911.jpg


ちなみにアカシカとはこういう見た目。
37_2019101000051820f.jpg
2017年の年末、この近辺でアカシカの餌付けを見学した時の撮影です。


その時のアカシカの声です。沢の音がちょっと大きいですが聞き取れると思います。18秒

この声がずっと聞こえてました。


渡って来た沢の向こう側の山から聞こえてきてました。姿はもちろんですが全く見えません。
20_20191010000433ad0.jpg
ここで相方はギブアップ。引き返して、沢を渡った場所で私を待つことに。


私はもうちょっと先まで歩いてみます。
21_20191010000455e35.jpg


が、前日の雨で道がとても滑りやすく危険に感じる箇所もあったので、一人になって20分ほど歩いた後、私も引き返すことにしました。
22_20191010000456606.jpg


昨年歩いた時は晴天続きの後だったので特に危ないと感じることはなかったのですが、
23_20191010000457a02.jpg


道が濡れてると、こういう箇所ではちょっと緊張しました。
24_2019101000045997d.jpg


落ち葉で道が見えにくいので、いくら歩いてきた道とはいえ違った方向に進まないように気をつけながら下ります。
25_20191010000500231.jpg


アカシカの鳴き声を撮影してた辺りにきて、またちょっと立ち止まってその声を聞いてたら、奥にあったこの石が、
26_20191010000502460.jpg


右目に眼帯をした男性の顔に見えて、気になって気になってしょうがありませんでした(笑)。
27_201910100005045bb.jpg


相方が待ってる場所まで戻ってきたので、ここからは一緒に下ります。
28_20191010000505e79.jpg


水が流れてる部分はぬるぬると滑りやすいので気をつけながら渡ります。
29_20191010000506fda.jpg
しかし相方が滑って手を打ってしまいました(汗)。


そしてまたひたすら下って林道が始まる部分に到着しました。
30_20191010000507d06.jpg
ここから相方はマウンテンバイクで駐車場まで戻ります。


私は駐車場へではなく、ご飯を食べて行く予定にしてた店方面へと直接向かうことにしました。
31_20191010000509130.jpg
途中、林道の横にあったマウンテンバイク。鍵もされてないし、ここに停めたからといって特別な道もなく、捨てられてる雰囲気でした。


平らな道になり、レストランのある村まであと少し。
32_20191010000510ea3.jpg


村が見えてきました。
33_20191010000512704.jpg


レストランです。相方は既に到着済み。
34_2019101000051341f.jpg


たくさん歩いた後はまずはビール♪
35_201910100005155d3.jpg


私はサーモン料理、相方は鹿料理です。鹿は地元で獲れたものだそうです。
36_201910100005168c3.jpg
食事をしてる時、ここではもちろんアカシカの鳴き声は聞こえてないのですが、お店の方の話によると、今のこの季節は夜になると雄叫びが近くで聞こえるそうで、窓を開けてたらうるさくて眠れないほどの音量だということでした。



この日歩いた距離は約17.1㎞、累積標高は上りで約735mでした。

Lamsenjochhütte(1953m)

Höllentalangerhütte(1381m)

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは~。
動画でアカシカの雄叫び、聞こえました~!
これがうるさくて眠れない音量になるなんて(笑)。
右目に眼帯をした男性の顔に見える!見える!
暫く笑いが止まらなかった~( *´艸`)
それにしても捨てられたマウンテンバイクが気になる(笑)。

名前: komomo姉 [Edit] 2019-10-18 20:12

コメントありがとうございます♪

★komomo姉さん
こんにちは♪
雄叫び、聞こえたようでよかったです(笑)!
昨年初めて聞いた時は何の声か分からなくて、ちょっとビクビクしながらこの道を歩いたのを思い出します(^^;
男性の顔、見えますよねっ!?
私、歩いてると岩や木がこうやって顔やら動物やらに見えてくることがよくあるのだけど、これが今までで一番のヒットでした(笑)。
マウンテンバイクがあった場所、道は広くて傾斜もあまりないところだったけど、横側は谷底で、まさか事故で誰も落ちてないよね…と、今、別のことが気になり始めました(( ;゚Д゚))ブルブル

名前: アルペン猫 [Edit] 2019-10-19 03:42

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)