FC2ブログ

ベルヒテスガーデンでの山歩きの翌日は、ケーニヒス湖(Königssee)を船で渡って、そこからさらに奥にあるObersee(オーバー湖)という湖まで歩き、さらにその先にあるドイツで一番高い滝、Röthbachwasserfall(ロスバッハ滝)を見てきました。
緩やかな傾斜ばかりの道で全体の標高差も150mちょっとなので、滝が見える場所までは、山歩きというよりは散策コースといった感じの道でした。


歩いた日 2020年8月26日


滞在したホテルの朝食会場からの眺め。ヴァッツマン(Watzmann、2713m)がきれいに見えてました。
00_20200905224026e74.jpg



前日と同じく、バスでケーニヒス湖のバス停までやってきました。
バスから降りてすぐ、行列ができてたんです。え、これってもしかして…と思いながら、とりあえず友人と一緒にそこに並びました。
0_20200905224027002.jpg
なんと、チケット購入のための行列で、その長さは後からGooglemapで確かめたら、300mほどありました(汗)。10年ちょっと前に同じようにここで船のチケットを購入したことがありますが、その時はチケット売り場がちゃんと見える場所に並びました。今年はコロナの影響で国内旅行が大人気のためにこうなってしまったようでした(-_-;)


やっとチケット売り場(右奥)が見えてきました。
1_20200905224105dcd.jpg
並び始めて約一時間後にチケット購入となりました(^^;朝早い時間だったのでまだ暑くなかったことだけは幸いしました。


チケット購入から船への乗船まではあっという間でそんなに待つ必要はなかったです。
2_20200905224107e95.jpg
時刻表には関係なく、次から次に船が走ってました。


これが私たちの船。
3_20200905224108c61.jpg


乗船後の中はこんな状態。座席の数だけのチケットが販売されてます。
4_202009052241106b3.jpg


途中、この辺りで、係の人が船の外に出てトランペットの演奏を行います。その音がこの壁からこだまで返ってくる、それがこの演奏の”売り”になってます。
5_20200905224111c1c.jpg
演奏後はチップ回収にやってくるので、小銭を準備しておく必要があります(-∀-;)


約8㎞の長さの湖の途中の船着き場、St. Bartholomä (聖バルトロメー)が奥に小さく見えてきました。
6_20200905224113ab9.jpg


乗船場所からは約35分でこの船着き場に到着。半分以上の方はここで下船されますが私たちは次の最後の船着き場まで乗船です。
7_2020090522411451d.jpg


また船が出発して…、
8_20200905224116733.jpg


St. Bartholomäからは約20分で、湖の一番南に位置する最後の船着き場Salet(サレート)に到着です。
9_20200905224117b52.jpg


下船後。次から次に船がやってきます。
10_20200905224119481.jpg


ここからもう一つの湖に向けて歩きます。
11_2020090522412015c.jpg


ほぼ平らな道が続くのでここはサンダル姿の人もちらほらいらっしゃいました。
12_20200905224122a77.jpg


↑の門のところから約20分でObersee(オーバー湖)の前までやってきました。
13_202009052241233ac.jpg
奥に見えてるのはFischunkelalm(フィッシュウンケルアルム)で、その右奥の方に滝があることになります。


まずはアルム方面へと歩きます。
14_20200905224125555.jpg


こういう道がしばらく続くので、ここはやっぱりサンダルでは歩かない方がいいかも…。
15_20200905224126ea1.jpg
が、すれ違う人でたまにサンダルの方もいました(-∀-;)


団体さんとも何度もすれ違います。
16_20200905224128c4e.jpg


アルムの近くまでやってきました。
17_20200905224130cd6.jpg


最初に滝を見に行くので、まずは湖を逸れて右へと曲がります。
18_20200905224131c81.jpg


振り返っての景色。右に見えてるアルムは帰りに寄ります。
19_20200905224133c7f.jpg


この日の最高気温は27度まで上がる予報だったので、正午過ぎのこの時間はけっこう暑く感じました。
20_20200905224134b34.jpg


牛さん達ももう既にのんびりと休憩中でした。
21_202009052241497de.jpg
この周辺に放牧されてる牛たちは、放牧シーズンが終わると、船で麓へ帰ってきます。その時の様子を8年前に見に行きました。第1グループ第2グループ。それぞれクリックでジャンプします。


滝が見えてきました!中央よりちょっと右側。
22_20200905224150743.jpg


ドイツで一番高い滝というだけあって、高過ぎてその様子がいまいちよく分かりません(^^;
23_20200905224152adc.jpg


とりあえず奥の方へと進んでみましたが、
24_20200905224153788.jpg


進んだからといって滝がちゃんと見えるかも分からないし、これ以降は他の場所へと進む新たな登山道が始まるようだったので、ここでちょっと涼んだ後に引き返すことにしました。
25_20200905224155ceb.jpg


アルム方面へと向かいます。
26_20200905224156d3c.jpg


この眺めもよいですね~。
27_20200905224158eed.jpg


が、もちろんアルム小屋ではまた行列です(汗)。日陰でゆっくり食べられる場所もなさそうだったので飲み物だけ注文しました。
28_20200905224159088.jpg


この眺めを見ながら、
29_20200905224201162.jpg


ラードラー♪この日のこれはちゃんと冷えてたのでよかったです(笑)。
30_20200905224202874.jpg


チケット売り場での混雑ぶりを思うと、ここでゆっくりしてたら帰りの船に乗るのも遅れそうということで、またすぐに船着き場に戻ることにしました。
31_2020090522420458f.jpg
透明度がすごいです。


オーバー湖を後にして、船着き場のあるケーニヒス湖の南端まで戻ってきました。これから散策の人も多そうです。
32_20200905224205d42.jpg


そしてまた行列に並んで船を待ってたんですが、後ろを見ると行列がさらに伸びてた!
33_202009052242072c0.jpg
私たちは見えてる建物のところから並び始めて、船は一つ逃しましたがその次のには乗ることができました。この行列の一番後ろの人たちはどれだけの数の船を見送ることになったのかしら…(汗)。


乗船後、最初の船着き場、聖バルトロメーでいったん下りてみることにしました。
34_202009052242081f8.jpg


浅いので水遊びしてる人たちが多かったです。
35_202009052242100b4.jpg


湖岸をお散歩しました。
36_2020090522421198d.jpg


ボートを漕いでる人たちの姿も時々見えてました。
37_20200905224213765.jpg


船着き場の近くのレストランではお魚料理を楽しむこともできます。
38_202009052242143f7.jpg
私たちはここでも食べず、とりあえず船に乗って戻ることにしました。


そして下船後はまたバスに乗って宿のある街へ。
夕食は宿の周辺でまたレストランを探して、このビアガーデンで食べることにしました。
39_202009052242163a0.jpg


この日のビールも美味しかったです♪
40_20200905224217755.jpg


豚のステーキ料理を注文しました。これも美味しかったです♪奥は友人のスモークサーモンサラダ。
41_20200905224231573.jpg


そして宿に戻ると、この日もヴァッツマン(Watzmann、2713m)がきれいに見えてました。
42_202009052242324e6.jpg
左端の山は前日ロープウェイで上って歩いたイェンナー(Jenner、1874m)です。


この日歩いた距離は約11㎞(2回目の湖岸でのお散歩時含む)、累積標高は、そこまで標高差はない場所を歩いてるので上りで約200mくらいだとは思うのですが、記録では約300mとなってました。たまに計測がおかしいことがあります(汗)。

山歩きというよりは散策といった感じでしたが、美しい湖の眺めを見ながらの歩きはなかなか楽しく、目の保養にもなりました。
この翌日は帰宅日ですが、軽い散策をやってるので、現地での記事はもう一回続きます。

Hintersee周辺散策

Jenner(1874m)

comment iconコメント ( 6 )

アルペン猫さん、こんにちは。

船でのんびりもいいですね。
景色もいいし、いい歩きになりましたね。

今年の日本はなかなか涼しくなりません。近場の山は、暑すぎてのんびり散歩という感じにはなりません(笑)

名前: やまびこ [Edit] 2020-09-06 15:23

コメントありがとうございます♪

★やまびこさん
こんにちは~。

たまにはゆっくりした歩きもいいかなと思ってこのコースを選びました。
足の裏の痛みがあるので二日続けてたくさんも歩けなくなってるので(汗)。

こちらはもうすっかり秋の気候で涼しくなりました。
日本は台風が大変そうで心配です(>_<)

名前: アルペン猫 [Edit] 2020-09-07 03:49

こんにちわ。湖と山を見ていると北欧フィヨルドみたいな感覚を覚えますね。急な登山道を歩くことは無かったようで、他の人達は半ズボンにサンダル履き?
ちょっとした避暑地みたいな感じですね。それにしても人の多いこと。ピクニック感覚でノンビリしてますね。今年は日本でも街を避けて山などへ出る人が徐々に増えています。それとキャンプ用品がめちゃ売れだとか。コロナで生活が少し変化しているようです。幸いにも中国などからの観光客がいないので、まだ救われてます。

名前: 野付ウシ [Edit] 2020-09-07 17:36

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
こんにちは~。
この湖はどうも”ドイツで一番美しい湖”として宣伝されてるようです。
それで人も多くなってしまう…。
だからお散歩感覚で歩いてる人がほとんどだと思います。
あまりの人の多さに驚愕しましたが、同じく、中国からの団体さんがいないから
それでまだなんとかマナーも守られてるような気がしてこちらも救われてます(^^;
普段は中国や韓国からの団体さんが多いところは、今年は、ドイツや現地からの
観光客の方でいっぱいのようですが、その方が私にはまだいいように感じてしまいます。

名前: アルペン猫 [Edit] 2020-09-07 21:54

船の上から見る景色というのもいいですね。
水がきれいだからなおさら素敵!
人気スポットなのも頷けますね。
ラードラーが、めっちゃ美味しそうで、喉がなりましたよ(*´艸`*)
過去記事も拝見しました。
牛さん達が船に揺られて帰ってくるなんて、驚きました。
今年ももうすぐですね(*^-^*)

名前: pil [Edit] 2020-09-15 17:08

コメントありがとうございます♪

★pilさん
一応”ドイツで一番きれいな湖”という、”宣伝文句”になってるようです!
(ただし、本当に一番きれいなのかどうかは分かりません、笑)。
以前訪れた時はとにかく中国人の方が多くてびっくりしたのを思い出します。
そういえば今年の牛下ろし祭り、ほとんどの場所で中止になってます(-_-;)
もちろん、家畜は麓へは帰ってくるので、見ることはできると思いますが、
観光行事としては行わないとのことで…。
ビール祭りも中止だし、本当に変な年です…。

名前: アルペン猫 [Edit] 2020-09-15 22:46

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)