FC2ブログ

春になって雪が融け始めると、クロッカスが一斉に咲き始める草原が山の近くではあちこちにあるようです。
今回は、うちからも行きやすい、ミッテンヴァルトの近くにある村の草原をお散歩してきました。今の季節は山方面はまだまだ雪に覆われてますが、ここだと、普通のお散歩コースで山の雰囲気も味わえる、楽々コースになります。




・スタート地点  【ドイツ鉄道のKlaisという駅】 海抜933mに位置する駅です。駅の横と、西側にちょっと進んだ部分にも駐車場があります。3つの湖を歩く周遊コースをここから歩きます。
歩いた日 2015年4月11日





駅から線路沿いに西方面へ歩き、車道の下を潜ると、ゲロルド(Gerold)という小さな村に着きます。
この湧き水がある場所の道路の向かい側がクロッカスの撮影場所として有名です。周辺はあちこちにたくさんのクロッカスが咲いてる場所がありますが、この向かい側の草原がKarwendelの山々も一緒に撮影できるので人気スポットとなってます。
a1_2015041407065815b.jpg



こちらがその草原。昨年もここに来ましたが、昨年に比べるとクロッカスの咲き具合がいまいちというか、咲き終わりのものもたくさん見えました。
a2_20150414070700adf.jpg

a3_20150414070701027.jpg

a4_20150414070703839.jpg

a5_201504140707047c9.jpg


ミツバチが忙しそうでした。足の花粉団子がかわいい♪
a6_20150414070716beb.jpg


この道をまっすぐ進み、そして奥の方で右へ、湖方面へと曲がります。
a7_201504140707189a4.jpg


・Huflattich(Tussilago farfara) フキタンポポ  キク科 
a8_201504140707197d4.jpg


最初の湖が見えてきました。この周辺もクロッカスが咲いてます。
a9_20150414070720708.jpg

a10_2015041407072218f.jpg


柵がありますが、中へは自由に入れます。夏は泳ぐ人たちでにぎわう場所です。
a11_2015041407074188d.jpg


これは人が植えたものかな・・・?
a12_20150414070743ae0.jpg


・Buschwindröschen(Anemone nemorosa) ヤブイチゲ  キンポウゲ科
a13_2015041407074428b.jpg


ゲロルドゼー(Geroldsee)  Wagenbrüchseeという名前でも呼ばれてる湖です。
a14_20150414070746c5a.jpg

a15_2015041407074766b.jpg

a16_20150414070800cdc.jpg


花粉まみれのミツバチ(笑)。これを集めて花粉団子にするんでしょうね。
a17_20150414070802d79.jpg


先へ進みます。
a18_20150414070803cf5.jpg


日陰の部分にはまだ雪が残ってました。
a19_201504140708059dc.jpg


そしてしばらく歩くと、次の湖、バームゼー(Barmsee)が見えてきます。
a20_20150414070806cbc.jpg


さるのこしかけ
a21_20150414070820f78.jpg


お天気がいまいちだったので、さっさと次の湖方面へ・・・。
a22_20150414070822873.jpg


途中、一本だけピンクの花で目立ってた木が見えました。セイヨウオニシバリという植物のようです。
a23_20150414070823e96.jpg
Echter Seidelbast(Daphne mezereum) ジンチョウゲ科



この白いもこもこしたのもたくさん生えてました。
a24_20150414070825648.jpg
追記:Weiße Pestwurz(Petasites albus) キク科の植物で、フキだそうです。食べられるそうです!



そして、三つめの湖が見えてきた・・・と思ったら、その反対方向にクロッカスが見えました!
a25_20150414070826607.jpg


ここには濃い色のクロッカスも咲いてました。
a26_20150414070840218.jpg


そして三つめの湖、グルプゼー(Grubsee)です。両岸に道がありますが、向かって右側の方が日当たりもよく、雪も融けて道も乾いてるだろうと思い、そちらの道を選びました。
a27_201504140708417d6.jpg


・Raues Veilchen(Viola hirta) ヘアリー・バイオレット  スミレ科
a28_20150414070842833.jpg



a29_20150414070844921.jpg


コースには番号がつけられてるので、簡単なコースではありますが、最初に確認しておくと安心かもです。
a30_20150414070845be9.jpg


コースの最後の方で、ヤブイチゲ、ミスミソウ、サクラソウが咲いてました。
a31_201504140714278cc.jpg

a32_20150414071428dda.jpg


道路の向こう側の一番右端がスタート地点のKlais駅になります。
a33.jpg


Klaisからは、今年G8が開催されるエルマウ(Elmau)方面へと行くことができます。昨年、マウンテンバイクでエルマウ方面へと走りました。途中から有料道路になります。
a34.jpg


こちらは現地に設置してあった看板です。私が歩いた順に番号をつけてみました。④の部分だけがコース番号405になり、それ以外は406になります。時間に余裕があるのなら、もっと大廻りコースで歩いてもいいと思います。
a35_20150414071503167.jpg

写真の撮影に時間をかけなければ、今回のコースは2時間半くらいで歩けると思います。人もそこまで多くないし、年配者の方々もけっこう歩いているお気軽コースで、体力がそこまでないけどきれいな景色を楽しみたい方々にはお勧めのコースです。途中、ほんの少しだけ勾配のきつい坂道もあります。



帰り、別の村でご飯を食べました。
a36.jpg


お腹いっぱい!ごちそうさまでした♪
a37.jpg

湖一周のお散歩コース

Steinermandl(2213m)からNeualplseen(2438m)へ

comment iconコメント ( 6 )

凄いボリューム! ま、まさかお一人で・・・?

アルペン猫さん、雪があっても平気で歩けるようになったんですね。
けっこう日影は歩き難そうなのに。
白い山々はKarwendelですか? Engはまだ雪の中なのでしょうか。

クロッカスが自然に咲いてるって不思議。
日本では庭でしか見ない花なのに。
白いのはショウジョウバカマの仲間かなあ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9E

名前: REI [Edit] 2015-04-16 19:57

うわぁ~!良い景色ですね~。うらやましいです。
PCの前で深呼吸しちゃいました。
ミッテンバルトの近くということで、夏に行ったミッテンバルトを思い出しました。いつか再訪できたらいいなと思います。

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-04-16 20:03

頭の中に地図が似状態で読んでたら、スタートに戻った???
地図を見てぐるっと回ったのねーって初めて分かったわー
こんな風に道に番号がついてると迷わなくていいですね、これは道の途中途中にも表示があるのかな~?
雪も溶けてきて本格的にwandernの季節到来ですね

名前: ししゅうねこ [Edit] 2015-04-16 22:02

コメントありがとうございます♪

★REIさん
いえいえ、二人分ですー^^;
奥のレバークヌーデルがめちゃくちゃでかかったんですよ!←普通のクヌーデルほどぎっしり詰まった感がなかったので、それでこの大きさなのかも。
雪のところは、ゆっくり、ゆっくりと歩きました^^;
傾斜がさほどなくって、横も滑落するような道ではなかったので、気分的には楽でした(笑)。
山は、はい、Karwendelです!Engは5月7日からアルム開き(?)ですよ~。今はまだ雪がかなり積もってるみたいです。
お花のリンク、ありがとうございます!あぜ道にこんなきれいなのが咲いてたんですね。今だったら注意して見るけど、昔は気にかけてなかったもんなあ・・・。
白いの、調べて追記で書きました!フキでした^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-04-16 23:24

コメントありがとうございます♪

★ぼぬーるさん
ここは意外と知られてない場所なのか、いつ来ても人が少ないんですよ~^^
スタート地点のKlaisという駅は、ミッテンヴァルトの一つ手前の駅になりますよ。
自転車でも走れる距離です^^
2枚目の写真の奥の山の右側の方の山が、ちょうどミッテンヴァルトの東側にそびえてる山になります。
ミッテンヴァルト周辺は本当に素敵な場所がたくさんです。
いつか再訪できるといいですね^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-04-16 23:27

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
往復で同じコースを歩くよりも、こういう周遊コースだと同じ景色は見ないことになるから、往復よりは楽しく歩ける私です^^
番号は、道の途中途中にあります!ほとんどが木にこうやって小さく表示ですが、ハイキングコースにある黄色の道標みたいなのもあってそれにも番号がついてるので、目的地だけでなく番号も見ておくと安心です(目的地だけだと、違うルートでの行き方もあって迷うことが多々あるので)。
今年はそれなりに雪が降ったので高い所へはまだ行けませんが、雪が少なそうなところをまずはお散歩から始めたいと思ってます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-04-16 23:31

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)