FC2ブログ

久々にお天気がよくなり、時間が一日中たっぷりある日があったので、電車とバスに乗ってチロルのEngalm(エングアルム、1227m)まで行ってきました。ただ、ここへの交通アクセスは、平日は11時半頃にEngalmに到着し、帰りのバスは16時35分発が最後のため(平日は一日2往復のみ運行)、距離や高さのある山歩きはできません。
ということで、今回は、簡単にお散歩気分で歩ける、Enger Grund方面へ歩いてみました。標高差は200mもないし、往復で6km、2時間以内のコースとなってるので、年配の方もたくさん歩かれてるコースです。

Enger Grundの”Grund”は、ドイツ語で”土地、谷”などの意味があります。以前、マイヤーホーフェンからのSundergrundというコースのことを少しだけ書きましたが、そこも谷の間に傾斜の緩やかな道が続いてました。今回の場所も、距離こそはとても短いものの、コースの雰囲気は似た様な感じでした。

歩いた日 2015年6月30日




さて、出発は、このブログでも何度か書いたことのある、”BOB”という列車でです。
途中で3方向に切り離されるこの列車、行き先はどこも山方面のため、この列車に乗る人たちはほとんどがこんな格好です。
a1_20150702212325e7c.jpg

a2_20150702212327715.jpg




約一時間でLenggriesに到着。そこでバスに乗り換えですが、Eng行きのバスに乗ってるのは年配の方ばかり。週末の早朝のバスは若者もたくさんでかなりの乗車率でしたが、この日は平日なのでガラガラでした。
a3_2015070221232832e.jpg


途中、Sylvensteinsee(スィルヴェンシュタイン湖)というダム湖の上を走ります。
a4_201507022123309c3.jpg


Großer Ahornboden (大きいカエデの地)が見えてきました。バスももうすぐ到着です。
a5_201507022123316c9.jpg


Lenggrieの駅から約一時間で、Alpengasthof Engの前にあるバス停に到着です。右の赤と黄色のバスに乗ってきました。
a6_201507022123475ca.jpg
左の高い山はGumpenspitze(2170m)。その手前の鞍部、Gumpenjöchlを経由して、右側のGamsjoch(2452m)の手前くらいまでを2年前に歩きました。



さて、ここからがEngalmへの入り口です。 Engalm 1227m
a7_20150702212349304.jpg
奥に見えてる一番高い山はSpritzkarspitze(2606m)


宿泊可能な部屋のある小屋、牛舎、チーズ工房、お土産屋・・・などなどが並んでます。
a8_20150702212350b6f.jpg


左の柵を過ぎ、そのまま真っ直ぐに進みます。右上に伸びてる道へ進めば、Falkenhütte、Gamsjochなどの方面へ登ることができます。
a9_20150702212352117.jpg
Falkenhütteへも、2年前に行きました。


今回もこの時計を身に着けてきたのですが、GPSはオンになってたのに標高がなかなか表示されませんでした。設定の仕方が悪かったのかなと、あれこれと触ってたらますますおかしくなったので、計測を止めて最初からやりなおしました(汗)。
再設定後も標高が出なかったので、おかしいなあと思ってたら、その後やっと標高が表示されました。少し時間がかかるんですね。
a10_2015070221235319a.jpg


川沿いをずっと歩くことになります。
a11_201507022125061da.jpg


Wald-Storchschnabel(Geranium sylvaticum)  ウッドクレーンズビル  フウロソウ科
a12_20150702212508ee7.jpg


Gefleckte Knabenkraut (Dactylorhiza maculata)  ヒース・スポッテッド・オーキッド  ラン科
a13_201507022125097ff.jpg


この橋を渡ると、道も細くなり、坂道も増えてきます。橋の手前までなら、サンダルでも軽いお散歩ができる道です。
a14_20150702212510d6c.jpg


Bach-Nelkenwurz(Geum rivale) ウォーター・アヴィンズ  バラ科
a15_201507022125121c9.jpg


こういう白いお花はうちの近所にも咲いてそうなんですが、山で見るとかわいさが増すような気がします(笑)。
a16_20150702212529554.jpg



a17_201507022125316d5.jpg


時々、道がこうやって二つに分かれてることがありましたが、どれもまたすぐに一緒になってました。どう進むべきか、最初はすごく迷いました(笑)。
a18_201507022125326cc.jpg


Gemeine Akelei(Aquilegia vulgaris)  セイヨウオダマキ  キンポウゲ科
a19_20150702212533e53.jpg



a20_20150702212535e0e.jpg


コースの終点は目の前です。
a21_20150702212638354.jpg


Weiße Silberwurz(Dryas octopetala)  チョウノスケソウ  バラ科
a22_201507022126402d1.jpg


リンドウはもうかなり咲き終わりに近かったです。

Clusius-Enzian (Gentiana clusii)  トランペット・ゲンティアン  リンドウ科
a23_20150702212640ed5.jpg


アルペンローゼもいまいちの咲き具合でした。

Bewimperte Alpenrose (Rhododendron hirsutum)  アルパイン・ローズ  ツツジ科
a24_20150702212642cc4.jpg


手前の川を超えた先に道が見えてますが、このコースはそこで終了です。右上の鞍部はHohljoch(1794m)。先に進むと、Falkenhütteという山小屋へ続く、Laliderer Wandの前の壁沿いの道に出ます。
a25_20150702212644de7.jpg


左側の眺め。滝が見えてます。
a26_2015070221265667e.jpg


川を渡り、道が終わっての眺めです。
a27_201507022126585de.jpg


Gold-Pippau (Crepis aurea)  フタマタタンポポ  キク科
a28_201507022127002d8.jpg


滝の少し手前まで道が続いてました。
a29_20150702212701248.jpg


水が澄んでてきれいでした!
a30_20150702212703c2f.jpg

a31_201507022129275b8.jpg

a32_20150702212928bc4.jpg



a33_20150702212929242.jpg


a34_20150702212930624.jpg


Karwendelの山々というと、私にはこの花(トロールブルーメ)のイメージがあって、これがたくさん咲いてるのを見たかったのですが、残念ながら既に咲き終わりに近い状態でした。
a35_20150702212932f5e.jpg


そしてまたEngalmへと戻ります。
a36_20150702212944d32.jpg


復路はあっという間・・・。
a37_2015070221294570b.jpg


Gelber Enzian(Gentiana lutea)  イエロー・ゲンティアン  リンドウ科
a38_2015070221294781b.jpg

a39_2015070221294835c.jpg


Engalmに戻ってきました。
a40_20150702212950f8b.jpg


ここで遅めのランチをしました。
a41_201507022130481e9.jpg


焼きソーセージとザウアークラウトとポテトの盛り合わせ。歩き終えたので、飲み物はラードラーではなくビール♪
a42_201507022130497f0.jpg


バスの時間までまだちょっと余裕があったので周辺を少しお散歩しました。
a43_20150702213051c50.jpg


自分用のお土産に、蜂蜜、チーズ、パンを買って帰りました。
a44_20150702213052a52.jpg

翌日からもいいお天気が続いてますが、気温はもっともっと上がる予報になってます。この日は最高気温は30度弱でしたが、今日からは30度越えで、来週は35度になる日もあるようです。雨の日もいやだけど、あんまり暑い日も歩く気分にならないので、この日、思い切って出て行ってよかったです。

SeebenseeとDrachensee、2つの湖を見る山歩き

Lermoosへのパノラマ道のお散歩

comment iconコメント ( 4 )

うわあ、ここもとっても美しいところですね~。入口からしてわくわくします。時計のお写真の上下にあるお写真がまた素敵。お天気が良かったのもよくわかります。緑と山が良い雰囲気、と思ったら、川沿いを歩くんですね。山の川、気持ちよくて大好きです。
googleマップで調べちゃいました。いつか歩けたらいいな~、と思います!

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-07-03 22:38

コメントありがとうございます♪

★ぼぬーるさん
ここはまた他の山やアルムとは違った独特の雰囲気のある、いいところですよ~。
本格的な山歩きのコースもいくつかあるし、こうやって軽い歩き、それから普通にお散歩だけでも楽しい場所です^^
私も、山では川のある風景が好きなんで、こういう場所はよけいに気持ちよく歩けちゃいます。
googlemapでも見れたかもですが、車などはドイツ側からしか入れない場所です。
夏の間限定で、ミッテンヴァルトからもバスが出てますよ^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-07-04 00:29

おお、ぶたさんの所はここだったのですか!
ぶたさんの画像で気がつきませんでした。
アルペンさんに教えてもらって行ってよかったです。
このコースの方に進んでいる人達がかなりいましたけど、こうなっているんですね。 Hohljochへはそこからでも上がれるのですか?
Lenggriesも時間潰しにぶらついて、入ったケーキ屋さんが面白かったです。
ケーキは普通だけど奥にStube?があって、村の男性達が朝食していたみたいなんですけど、何かの団体で結社?みたいで興味深かったです。

私はGarminのGPSなんですけど、衛星補足するのに少し時間がかかります。(5個位補足しないと余り正確ではない)
Polarは日本では多分心拍計としてしられていて、同じ機種でも日本のサイトの画像でも心拍が表示されていませんか?
同じ機能なのかしら?
Suntoの心拍計+高度計も持っていましたが、心拍計は結局殆ど使わず電池切れになりました。 (単体ではPolarが最初に買ったものでしたが)
PC側は付属のソフトになるのですか? それとも別の地図ソフトを利用するのでしょうか?

名前: REI [Edit] 2015-07-04 20:01

コメントありがとうございます♪

★REIさん
はいっ、ここでした!^^
私、ここは大好きだし、山好きの方にはここは自信を持ってお勧めできる場所かな?と思ってます(交通の便が悪いのがちょっとあれですが・・・)。
Hohljoch、ここからは道もないし、傾斜もけっこうありそうでたぶん無理かも・・・。
私もテレビで、マウンテンバイクか何かのグループのメンバーがLenggriesの駅のすぐ側の店で働いてるのを見ました。その人たちだったりして(笑)。

私、こういう機器は初めてで、相方もよく知らなかったからあれこれネットで調べてもらってこの機種に決めたんですが、Garminをググッたら、これも候補に挙がってました!
Polar、日本ではA300が人気なのはその理由からなのかしら。
ただ、私と同じ様に、山歩きで使ってる人もいるみたいで、その人たちの記録をPolarのサイトで見ることができました(公開にしてる人だけ)。
PCでは、Polarのサイトでメルアドなどを登録するだけです。私の場合、山歩きが終わった日、サイトでログイン→機器をケーブルでPCに繋げる・・・とやると、自動的にサイトにあれこれと保存され、その日の動きを確認できます。
スマホにアプリを入れると、スマホと時計で同期できて、スマホでも確認できます。
私の方だと、PCサイトではドイツ語のページが出てきますが、前回記事のコメント欄のURLのページの上に、”Polar Flow”ってのがありますが、そこをクリックすると、ログインページ(ドイツ語)が出てきます。
充電もPCから直接になります。山歩きの最中などは、10時間くらい使えるそうです。
相方のも私と同じM400なんですが、心拍数が計れるので、私のより40ユーロくらい高かったです。私は心拍数は興味ないので(笑)、自分が使ってる分に満足してます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-07-04 21:54

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)