FC2ブログ

週末、イタリアは南チロルのアルペ・ディ・シウジ(独:サイサー・アルム)へ一人で行ってきました!たったの2泊の旅でしたが、一度行ってみたいなあと思ってたので、満足の2泊の旅となりました。
元々はオーストリアだったこの地、南チロルと呼ぶのはドイツ語圏の住民だけでしょうか。イタリアでは、この地を”チロル”と呼ぶことを禁じた時もあったようですね。
ドイツ語も普通に通じる土地なので、ドイツ語圏に住んでる私には旅はしやすかったです。

さて、私は公共の交通機関を利用して現地へ行ったのですが、ちょっとあれこれ分かりにくい部分もあったのと、ネットでの情報が古くて違う部分もあったので、記録のためにもまずは現地への行き方を今回はまとめておこうと思います。

旅した日 2015年7月23日~25日


ドイツからは列車で、まずはボルツァーノ(独:ボーツェン)へと走りました。こちらがボルツァーノ駅です。
q1_20150727020809f72.jpg



その後はバスに乗り換えです。ボルツァーノからシウジ(独:サイス)へはバスが、30分に1本の間隔で走ってます。バスの番号は170番。
駅を出て、右側方向(↑の写真の向かって左側方向)にあるバス停にも170番のバスは停まりましたが、私は近くのバスセンターまで行って、そこから乗車しました。
バスセンターは、駅の前の公園を突き抜けて歩いて行った左側にあります。ドイツ語では、”Autobahnhof”の文字が出ています。

あと、これは帰りでのことですが、スーツケースを預けて市内観光をするのに、荷物の預かり場所は駅にはなくそのバスセンターにあるとネットの情報にあったのですが、今はボルツァーノの駅に荷物の預かり場所がありました。1番ホームのF付近にあります。18時までの営業です。


バスセンターでは、インフォメーションで、”Seiser Almへのロープウエイ乗り場まで行きたい”と言うと、「170番のバスで、7番乗り場から14時10分発。サイス(伊:シウジ)の近くの”Umlaufbahn”で下りて、そこからちょっと歩くと乗り場がありますよ」と教えてくれて、説明の時に書いた紙切れをくれました。
q2_20150727020811378.jpg

予約してた宿の人からは、「ボルツァーノからはバスの170番に乗って、Seiser Alm Bahnで降りてそこからロープウェイに乗ってきてください」とメールで言われてたので、バスはてっきりロープウェイ駅の真横で停まるのかと思ってたら、どうもそうではなさそうでした。
でも、どうせバスに乗るのはツーリストばかりで下りる人も多いはずだからすぐに分かるかな?と思ってあまり気にしませんでした。


バスのチケットは運転手からも買うことができますが、私はインフォメで買っておきました。3ユーロ50セントでした。
q3_20150727020812135.jpg


バスの乗り場です。170番のバスが来ました。
q4_201507270208131f5.jpg

乗ってみると、周りはほとんど地元の方ばかりのようで、荷物を抱えた乗客は私だけでした。バスの中では次のバス停のアナウンスなど一切なく、表示もありません。これじゃあ、どこで降りていいのかよく分からないかも・・・と思い、バスがバス停に停まるたびにバス停の表示を見ようとしたのですが、行き先は表示があるものの、バス停の名前はありません(汗)。
あらあ、どうしよう、今から運転手にこの紙切れを見せようかなあ、でも前の席は埋まってるし・・・と思ってたら、通路を挟んで隣側に座ってた年配の女性が私を気にしてずっと見てるので、「Seiser Alm Bahnのところまで行ってSeiser Almに行きたい」と言って、紙切れを見せました。

そしてこの親切な女性のおかげで、無事にバスを降車することができました。乗車時間は約40分。


こちらの写真は、ボルツァーノ行きのバス停からの撮影ですが、降車したバス停はこの道路沿いにあります。ロープウェイ乗り場にもバス停はありますが、他方面へのバス停です。
q5_20150727020815c45.jpg
やはりバスに乗る時は、きちんと運転手に行き先を告げて、そこに着いたら停まってくれるよう言っておいた方がいいですね(汗)。私も、女性の助けがなかったら乗り過ごしてたかも・・・。



バスを降りて、右上の建物の所へと移動です。チケットは片道10ユーロでした。往復は15ユーロでした。
q6_20150727020829b80.jpg


これに乗って、アルムの中心地、コンパス(Compatsch)まで約15分です。
q7_20150727020831e76.jpg


中は広々。こういう、丸い形(席)になったロープウェイは初めてかも。
q8_20150727020831257.jpg


q9_20150727020834afd.jpg


下車直前に、宿泊する宿が見えました。
q10_201507270208361b5.jpg


そして到着です。
q11_20150727020947435.jpg


宿の人に迎えを頼むために電話をした途端いきなりの雨でびっくりでしたが、30分ほどで止みました。
q12_2015072702094928d.jpg


こちらが宿泊した部屋。
q13_20150727020949779.jpg


部屋のベランダからの眺めです。
q14_2015072702095168b.jpg


ロープウェイの駅までは約1kmの場所にあります。
q15_2015072702095376e.jpg

チェックイン後、宿の人に、「夕食まで時間があるから周辺をお散歩したいのだけど」と言って勧められた道を歩いたら、そこはお散歩というよりは山歩きの道でした^^;
といっても、30分ちょっとしか歩いてませんが・・・。でもそれくらいなら、地元の方には”お散歩”の部類になるのかもしれません(笑)。

その時のことはまた次回アップします。

勧められた”お散歩道”を歩く

ビアガーデン目的散歩

comment iconコメント ( 7 )

こちらに回答があった! 南チロルですか。
ドイツ語も普通に通じるんですね。 しかし手書きは読めんよ。
ホテルも標高の高い所にあるんですね。 そこに行くにもゴンドラ乗らないといけないのですね。 バス乗り過ごしていたら大変。
私も先日の「お散歩」で中国系の家族がバスに乗っていて、ちゃんと運転手にどこで降りるのか片言の日本語で質問していたのに、バス停で運転手が教えてあげなかったの。 気になって家族の姿を探したけど、どの人達か判らなかったのだけど、別の人が気がついて教えてあげて無事に下車して行きました。 運転手は忘れていたみたい。
その点はそちらの運転手の方が親切です。 バスはとても心配なので、いつも乗る時に降りる場所を聞いて、運転手さんに覚えてもらえる様にしています。
時々、さっさと乗れという感じの人もいますけどね。

名前: REI [Edit] 2015-07-27 19:18

わー!!これまた素敵なところへ出かけられましたね!!
ロープウェイの形がまるっこくて可愛いですね。
そしてホテルがまた素敵!!バルコニーから眺めているだけでも癒されそう。どちらのホテルにお泊りになられたのか、こっそり教えて頂けませんか?

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-07-27 19:23

google mapで見つけたのですが、ホテルは"Pensione Schmung"でしょうか。外観が似てました。素敵なホテル!!
次の旅行をどこにしようか、alpenkatzeさんの毎回の記事で夢が膨らみます~(^O^)

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-07-27 19:33

コメントありがとうございます♪

★REIさん
忘れないうちに書いておきたいこととかあったので、とりあえず行き方だけささっとアップしました(笑)。
現地の人、普段の会話はイタリア語のようですが、皆さん、普通にドイツ語話します。両方話せて普通なのかも?
バスの中で助けてくれた年配女性はもう70歳近かったような気がしますが、最初はイタリア語で話してて、途中からドイツ語で話してくれました。
現地へはバスもあるんですが、かなり遠回り、プラス、本数がないので、ロープウェイ利用になるようです。
バスは、そうそう、運転手さんが忘れる可能性もありますよね!だから伝えたとしても後ろの席を確保しないと確実ではないなあと思ったり。
今回は一番最後にバスに乗ったので、運転手からはちょっと離れた席に座ってしまいました。でも隣のおばさんが私のことを本当に何度も何度も心配そうに見てくれてたので、それがありがたかったです^^;
バスは私は日本でもすごく苦手です。乗り方がバスによって違うし。
今はネットであれこれ調べられるとはいっても、やっぱり現地ではドキドキしちゃいますね・・・。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-07-27 22:51

コメントありがとうございます♪

★ぼぬーるさん
ホテル!よく見つけられましたねー!!そこですよっ(笑)!
旅行のことを決めたのがわりと直前で現地の宿はBooking.comでは8割の宿が予約済みだったんです。
その中で、一人部屋の空きがあって値段的にもOKなのがここでした。
予約は、サイトは使わず、ホテルに直接電話して眺めがいい方のダブルの部屋を少し追加料金出して予約しました(booking.comでだと、ダブルは一室分というか、二人分の値段になってるので、こういうのは宿に直接連絡して予約がいいかも。眺めがいい部屋に泊まりたかったのでそれで宿に直接聞いてみたら、シングル部屋は反対側、ダブルは一日プラス15ユーロで使えると言われたので、それで眺めのよいダブルの部屋を予約しました)。
目の前がメインの道路なんでけっこう車の音もうるさいんですが、日中は出てるから問題なし、そして夜は静かでした。もっと早い時期に予約できてたら、道路沿いでない場所に宿もとれてたのかもですが・・・。
でもご飯もすごく美味しかったし、宿の方も親切でよかったです(プラス、子供の遊ぶ施設が宿になく、子供の宿泊者がいなかったのでそれもよかった、^^;)。

たったの2泊でしたが、きれいな景色も満喫できて、満足の旅になりました♪

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-07-27 23:03

alpenkatzeさん、ご返信ありがとうございます!
やはりあのホテルだったのですね。でも、ベストなホテルではなかったのですね… 確かに、大きな通りがありましたものね。
今まで泊まられた、オーストリア・ドイツ・イタリアあたりのホテルでalpenkatzeさんのお気に入りの場所があれば教えてください!

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-07-28 19:30

コメントありがとうございます♪

★ぼぬーるさん
ホテル自体は全てよかったんですが、目の前の道路のことだけが気になりました。
もちろん、これくらい気にしない人もたくさんだとは思いますが・・・。
booking.comでの評価もいいですし。そんなにうるさいほどではないので、このホテルもお勧めではあります。
私は、子供(家族単位)の宿泊客が少ないこと、これにもけっこう重点置いてます。なので、予約前は必ずホテルのサイトを見て、子供の遊ぶ施設や、キンダープログラムがないことを確認してます^^;

私の場合、相方と一緒だとやはりペンションタイプに泊まることが多く、日本からの旅行客の方にはどうかな?と感じることも多いです。ペンションだと、ドライヤーなんてついてるところなかったし。
ホテルも、安いところばかり泊まってます^^;
なので、ホテルではこれといって”ここがお気に入り”・・・というのもなく、ただ、ペンションだったら、3回泊まったカルスのペンションがお気に入りです~。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-07-28 22:40

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)