FC2ブログ

前回記事から続いてます。


滞在した宿の朝食は7時半からでした。朝食に行く前の部屋からの外の風景。この時はまだ日が差してました。
q1_201508022335483e7.jpg




そして朝食へ行くと、私のテーブルにだけこんな飾りが・・・。
q2_201508022335501cd.jpg


私が席に着くと、給仕の人が蝋燭に火を灯して、他の客の迷惑にならないように、小声で「おめでとうございます!」と言ってくれました。
q3_201508022336284f6.jpg
はい、この日は私の誕生日でした♪チェックイン時にパスポートを一時的に預かられたので、それで分かったようでした。



朝食を終え、準備をすませてレセプションへ。「軽いハイキングをしたいのだけど」と言って、お勧めのコースを教えてもらいました。

この日は午後の遅い時間から雷雨の予報になってました。出発する時には既に曇り空に・・・。
q4_201508022336291c8.jpg
でも数日前までの暑さがいったん引いて、歩きやすい気温になってたのはよかったです。



宿の方に言われたように、とりあえず中心地のCompatsch(コンパス)方面へ来ました。ここはお土産屋やスポーツショップなどが並びます。
q5_20150802233631eb1.jpg


コンパス村のバス停もここです。
q6_20150802233642766.jpg


観光客用の馬車もここから出ています。
q7_20150802233644697.jpg


「教会の後ろから左に曲がってスタートですよ」と言われてました。これがその教会です。
q8_20150802233645714.jpg
ちなみにその後ろの建物は山岳救助隊の建物です。


「30番の道をずっと歩いてくださいね」と言われてました。
q9_20150802233647998.jpg
30番の道であちこちに行けそうですが、途中どこかで引き返せば大丈夫でしょう。


なだらかな道がずっと続きます。
q10_20150802233649d6f.jpg


いろんな色の牛が遠くに見えました。
q11_20150802233751be6.jpg


けっこうたくさんの方がこの道を歩いてたので、皆さん、たぶん私みたいに宿の方に勧められて歩いてるのかなと思いました。
q12_20150802233753959.jpg


どっちかというと、前日の夕方の道より、今回のこの道の方が私には”お散歩コース”のような気分でした^^;
q13_20150802233753247.jpg
”wandern(ハイキング)”ではなく、この日が”Spaziergang(散歩)”みたいな道だと感じました。



木にも印があって、コース番号もちゃんと表示されてます。
q14_2015080223375589e.jpg


最初は遠くに見えてた山々が段々と近くなってきました。
q15_20150802233756cce.jpg


q16_20150802233814017.jpg


q17_20150802233816d1a.jpg


左下にバスが停まってますが、私は復路はSaltria(サルトリア)の村からはこのバスに乗ってコンパスに戻りました。
q18_201508022338177c2.jpg


ここが↑で見えてたバス停。Saltriaへはまだまだ歩きます。小さな小屋の建物は、屋根部分が開くようにできてましたが、中身は空っぽ。何のためにそうなってるのかは分からず・・・。
q19_20150802233819026.jpg


往路は歩行者用の道のみを歩きます。バスは違う道を走ります。
q20_201508022338217a5.jpg


q21_201508022339240ee.jpg


”道から離れないように”の意味の看板です。
q22_20150802233926a57.jpg


q23_20150802233927507.jpg


Saltriaの村が見えてきました。
q24_20150802233929f02.jpg

約7kmの道を、約2時間かけて歩きました。標高差は、300m程を歩いてました。
さて、ここからどうしようかと迷いました。この先のどこか近い山小屋へ行ってランチ休憩でもするか、それともリフトに乗って上へ行くか・・・。
でもその前に、午後の遅い時間からとはいえ、雷雨の予報が気になります。周りの人はどんどんどこかへ歩いて行ってますが、私は一人で何かあったらやだなあと思って、とりあえずここはバスでコンパスまで戻って、そしてまだお天気がよかったら、そこにあるロープウェイでもっと上に登ってそこからの景色を楽しもうと決めました。


バス停はすぐ近くにありました。コンパスまで片道2ユーロでした。
q25_2015080223393004b.jpg

2時間かけて歩いて来た道のりを、バスはたったの15分弱でコンパスに到着です(笑)。

そしてまだお天気は大丈夫そうだったので、ロープウェイに乗って上まで行き、もうちょっと歩いて山小屋でランチをしました。
そのことはまた次回に・・・。

ロープウェイに乗ってアルム小屋へ

勧められた”お散歩道”を歩く

comment iconコメント ( 4 )

うん、これはspazeieren。(笑)でも標高差は300mあるんですね。
景色が全くチロルやザルツブルクと違いますね。 緩やかな丘とギザギザした岩山。 ミュンヘンからオーストリアに向かうと広々として牧草地からだんだん岩山が見えてくるでしょう。 それとちょっと似た感じだけど、起伏と山の形が違う。 アルプスの南西の端のアヌシーに行った事がありますが、そこともまた違う。 こういう広々とした景色が好きです。

最後になりましたが、お誕生日おめでとうございます。
嬉しい驚きで、 宿選び正解でしたね。
朝食はお馴染みのスタイルなのね。 ここはゼンメルとかは無しですか?

名前: REI [Edit] 2015-08-03 12:12

お宿の朝食での粋な計らい、素敵ですね。良いお宿。
周りの山の圧迫感がない、広々とした感じが素晴らしいですね。
お写真から本当に癒されます。この場所に行ってみたいです。
看板のドイツ語がスラスラ読めるアルペン猫さん、良いなあ。
私は読めず、そのまま通り過ぎると思います・・・

名前: ぼぬーる [Edit] 2015-08-03 19:35

コメントありがとうございます♪

★REIさん
距離はあったけど、全くのお散歩コースでした(笑)。
緩やかなアップダウンがあるんで、それで合計では300m程の上り、下りになってたようです(時計、こういう時に便利です、笑)。
山の眺めが私が今まで見たのとは全然違ってて全く新しい雰囲気で見てて興味深かったです。
ここ、広々とした景色が好きな方にはお勧めかもです。

ありがとうございます!
何も期待せず、たまたまその日が・・・になったので、朝、テーブル見た時はびっくりでしたが、素直に嬉しかったです^^
Semmel、何種類か置いてあって、それも美味しかったですよ!私は一個だけ食べましたが、ケーキとクロワッサンがものすごく美味しそうだったので、二日間ともそれ中心にたくさん食べてしまいました(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-08-04 00:28

コメントありがとうございます♪

★ぼぬーるさん
こういう小さな心遣いが嬉しいですよね^^
アルペ・ディ・シウジはドイツ語で”アルム”の名の場所なんで、名前の通り広大なアルムが広がってるところでした。
とにかく広々で、圧迫感は全くなしです。
私みたいに車無しでも行けたので、お勧めですよ~。
他所ではなかなか味わえない景色だと思います。
ドイツ語は、住んでる長さを思うと、恥ずかしいレベルです(汗)。
相方一緒だと観光の要所、要所は任せてるんですが、その点今回は私のドイツ語力のなさで、あれこれ見落としてる部分がありました(汗)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-08-04 00:36

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)