FC2ブログ

前回記事の続きです。 Brecherspitz(ブレッヒャーシュピッツ)の山頂に到着です。


頂上周辺には思ったよりもたくさんの方がいました。30人近くいたかも?
a1_20150902000411ef3.jpg




周辺の眺めです。登ってきた方向、北側の眺めです。見えてる湖はSchliersee(シュリアゼー・シュリア湖)。
a2_20150902000413a6e.jpg


南側の眺め。Spitzingsee(シュピッツィングゼー・シュピッツィング湖)も見えてます。画像左から5分の1くらいにある一番高い山が、昨年5月に登ったRotwand(1884m)。
a3_201509020004148d0.jpg


↑の画像の中央からちょっと左寄りの奥の方に、オーストリアの最高峰のグロースグロックナー(3798m)が見えてました。
a4_20150902000415f74.jpg


こちらは西の景色。下って行ってる人が左の方に見えますが、私もこの方向に下って行き、その先は稜線沿いに画像右側方向へ歩いて行きます。右端にTegernsee(テーガンゼー・テーガン湖)も見えてます。
a5_201509020004174ef.jpg


そして私も下山です。
a6_20150902000438928.jpg


歩いてきた方向を振り返って・・・。
a7_20150902000440405.jpg


a8_2015090200044110b.jpg


ここから何箇所か、ワイヤーが張られてる場所になります。
a9_20150902000443baf.jpg


こういう箇所には必ずこの看板があります。”ふらふらせずにしっかりとした歩きが必要”みたいな注意書きです。
a10_20150902000444386.jpg


前方に歩いてる人はしっかりつかまってますね。でも、つかまらなくてもなんとか歩けるかな?くらいの道でした。
a11_20150902000717c86.jpg


↑のワイヤーの所を歩き終えて振り返って撮影です。安全のために私も一応つかまって歩きましたが、予想してたよりは普通に歩けてホッとしました^^;
a12_201509020007192eb.jpg


ワイヤー2箇所目。ここも大丈夫でした。
a13_20150902000721ea8.jpg


そして3箇所目。ちょうど前方の二人が歩いてる箇所辺りにワイヤーが張られてましたが、これはあって助かりました(笑)!
a14_20150902000721b07.jpg


その3箇所目を歩き終えて振り返っての撮影。ストックも持ってましたが、特に仕舞うことなくそのまま歩けました。
a15_20150902000722b77.jpg


反対方向から来る人用に、ここにも、注意書きの看板があります。
a16_201509020007375ce.jpg


そしてすぐにまた歩きやすい道が始まります。
a17_201509020007382c1.jpg


a18_20150902000740031.jpg


頂上への眺め。
a19_201509020007424a1.jpg


時々、こういう煙突みたいなのがありました。下のアルムにも、頂上にもありましたが、これ、何なのかしら。
a20_201509020007436cb.jpg


木の根っこが邪魔して歩きにくい箇所がいくつかありました。
a21_20150902000845727.jpg


そしてまたほんのちょっと急な上りがありました。
a22_2015090200084704b.jpg


ここの道が、砂と石でざらざらしてて滑りやすくて、ここにワイヤーを張って欲しいなあと思いました^^;
a23_201509020008488a0.jpg


そしてまた歩きやすい道。
a24_20150902000850943.jpg


左側(西側)の景色です。
a25_2015090200085113c.jpg


チャペルの横を真っ直ぐに進みます。
a26_201509020009057ce.jpg


↑で見えてる道標です。上から二つ目の、登り時に通過してきた”Ankl-Alm”方面へと下るわけですが、これが黒丸印(上級者コース、難しいコース)になってるのがちょっと気になりましたが、この時はそこまで深く考えず先に進みました^^;
a27_20150902000906366.jpg


a28_20150902000908df8.jpg


チャペルを過ぎても普通の道で、ホッとしてました。
a29_20150902000910546.jpg


しかしその後、岩場が始まり、この場所からストックを持ったままでは下りれなくなったので、ストックは畳んでリュックの中へと仕舞いました。
a30_20150902000911888.jpg


その箇所を下りて、振り返っての撮影。こういう道がしばらく続きました(汗)。
a31_20150902001021cdf.jpg


分かりにくいかもですが、所々ほぼ垂直でした(汗)。
a32_20150902001022d19.jpg

これらの道を歩いたせいか、翌日は太ももの付け根辺りがけっこう痛くなりましたー^^;



やっと普通の道に出てきました!
a33_201509020010255b4.jpg


ホッとしたけど、気を緩ませると私はたまに転ぶので、まだまだ気を引き締めて歩かないといけません^^;
a34_2015090200102510e.jpg


アルムが見えてきました。登った道も奥に見えてます。
a35_20150902001026d24.jpg


”濡れている時は危険、しっかりした歩きが必要”の看板。もちろん、私が下ったところをこれから歩く人たち用のためです。
a36_20150902001039128.jpg


a37_2015090200104114e.jpg


そしてアルム小屋はもう目の前です。
a38_20150902001042d6b.jpg


まだまだ後一時間ほど駅まで歩かないといけないので、ラードラーで休憩です。山頂からここまで約1時間40分かかりました。
a39_201509020010433bf.jpg


登りも下りも2時間40分ほどかかりました。距離は全体で約12.5km。
けっこう暑い一日でしたが、いい汗をかいた一日となりました。

Baumgartenschneid(1449m)とRiederstein(1207m)

Brecherspitz(1683m)・前編(上り)

comment iconコメント ( 2 )

http://shishuneko.blog51.fc2.com/

12.5Km!!!
平地でも歩けないです~~~
最近は体が椅子にくっついちゃうんじゃないかと心配になります(笑)
上級者コースっていうのはこういう箇所が出てくるからなんですね~
確かにこれで濡れてたりしたら絶対に滑りそう
上りより下りの方が足に来ません?
私が初心者だからかな・・・?

名前: ししゅうねこ [Edit] 2015-09-03 21:56

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
平地だったら私も歩けないと思います^^;
一駅先のスーパーに買い物に行くのも面倒だし(汗)。
なんだか、山だから歩ける?、景色を楽しんだり、いろんな発見もあるし、普段歩いてる時とは全然違う気分で歩けてます^^
前日が雨だったりすると、道のことも考えてコース選びしてるんですが、この日は数日前から雨は降ってなかったのでなんとか大丈夫でした!
下りの方がけっこうつらいです!下りの方がイヤと言う人、けっこう多いですよ~。うちの相方もそれがあるんで今は歩くのより自転車の方になりました。
下りの方が事故が多いから、下りでの方が何倍も気を遣います・・・。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-09-04 04:18

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)