FC2ブログ

前回記事から続いてます。



草を食べて寄り道してた牛たちですが、先頭の牛飼いのお兄さんの合図の声でようやく動き出しました。
q1_20150923022249212.jpg




しかし、歩いた先にまた草があると、またまた寄り道してしまう牛たちです(笑)。
q2_201509230222510b0.jpg


待ってる間、その場でチーッとやってた子牛^^;
q3_20150923022252e8b.jpg
牛たちはもちろん所かまわず大小やってましたが、最後に道は清掃されてました。



牛飼いさんの合図で、またスタートです。
q4_20150923022253019.jpg


こちらが祭り会場。お土産屋さんがたくさん並んでます。
q5_20150923022255c08.jpg


テントの前はこの賑わい!この中を歩くのも一苦労でした。
q6_20150923022306e6e.jpg


ということで、食事は後回しにすることにしました。
まずは、牛たちが集められてるところをちょっと見てきました。いくつかのアルムの牛たちは、既に帰宅済みでした。
q7_20150923022307586.jpg


q8_20150923022309cfc.jpg


近くに、渓谷沿いをお散歩できる場所があるとネットに載ってたので、その方面へ歩くことにしました。
まずは、Isar(イザール)川沿いを歩きます。
q9_20150923022310ae8.jpg


氷河時代からの石が展示されてました。
q10_20150923022312b31.jpg


エピドート(緑簾石)、クォーツ(石英)、片麻岩、花崗岩・・・などの説明です。石のことは(も)よく分かりません・・・(汗)。
q11_20150923022408801.jpg


橋を渡ります。
q12_20150923022409425.jpg


橋を渡って5分くらい歩いたら、一番上の3つ目表示の、30分で行けるとなってる”Hüttlebachklamm(ヒュットルバッハ渓谷)”への入り口まで来ましたが・・・、
q13_20150923022411507.jpg


通行止めとなってました(涙)。
q14_20150923022412b36.jpg


工事の最中のようでした。この日は土曜日でもちろん工事はお休み。
q15_2015092302241391f.jpg
”Lebensgefahr=生命の危険”・・・ということで、”危険注意”になります。うーん、これは予定変更せざるを得ません・・・。



ということで、クリュンの村を見渡せる場所へ行くことにしました。これも下調べを一応してました^^;
q16_20150923022427fa6.jpg


道の分かれ目にきましたが、右へ進めば、渓谷への最後部分への入り口になります。
q17_20150923022428a18.jpg


もちろんこちら側も通行止めになってましたが、渓谷をちょっとだけ見られる場所はまだ歩けたので、ちょっと覗いてみることに。
ちょうど中央部分の階段部分が工事中になってたので、このせいですかね~。
q18_20150923022429a9d.jpg


拡大して・・・。これじゃあ歩けませんね・・・。
q19_201509230224312cc.jpg


ということで、渓谷へ行くのは完全にあきらめて、別方向へさらに進みます。
q20_201509230224327e9.jpg


クリュンの村からは300m程上の場所まで歩いてるのですが、途中から道がずっとこうやって階段状になってて、私にはちょっと歩きにくかったです。
q21_201509230225417b2.jpg


奥に見えてるあの山の向こうには絶景が広がってるようなので私もいつか登ってみたいけど、駐車場からは片道5時間くらいかかりそうです。私の体力では到底無理・・・^^;
q22_20150923022542834.jpg


そして、村が見渡せる場所に到着~。
q23_20150923022544a93.jpg


一応、Schwarzkopf(シュヴァルツコプフ、1190m)という山の頂上付近ではあるようでした。でも、頂上に何かあるというわけでもなさそうだったので、登りはここで終了。
q24_20150923022545b46.jpg


お祭りが行われてるKrün(クリュン)の村が見えてます。左奥の湖はBarmsee(バームゼー、バーム湖)、4月にクロッカスの草原を見て周辺を歩いた時に見た、二つ目の湖です。
q25_201509230225589c9.jpg


南の方向。左奥に見えてるのはMittenwald(ミッテンヴァルト)の街。
q26_2015092302263944b.jpg


そしてまた下まで降りて、川沿いまで来ました。
q27_20150923022641556.jpg


お祭り会場へ行ったら、人もだいぶ少なくなってました。テントの中も空席がけっこうあったので、ここで食事をすることに。
q28_2015092302264280c.jpg


こういった、バイエルンのお祭り会場では典型的なメニュー、シュヴァイネブラーテン(豚肉のロースト)の黒ビールソースかけを食べました。付け合せは、ポテトサラダ、キャラウェイ入りキャベツサラダです。
q29_201509230226449ea.jpg


食事の後は、また駐車場へ・・・。途中、ツーリストインフォメーションの前を通りました。
q30_20150923022645afa.jpg


ここに、普通のテーブルと椅子が”展示”されてます。
q31_20150923022746116.jpg

今年の6月の始めに、Krünの近く、エルマウ城でG7が行われたわけですが、それに合わせて、この村で、オバマ大統領とメルケル首相、そして村の皆さんが招待されてこの場所でお食事会が行われました。その時、オバマ大統領とメルケル首相が座った椅子、テーブルが展示されてるというわけでした(笑)。


テーブルの上には写真とその説明が(笑)。
q32_2015092302274875b.jpg


q33_20150923022749504.jpg


雨もちょうど降り出したので、この後、駐車場へと急ぎました。
今週、急に寒くなって、一定の高さの山の上ではもう雪も降ってるようです。秋の山歩き、今後も楽しめるかなあ^^;

収穫祭見学&ミッテンヴァルト周辺散策

Almabtrieb in Krün、その1

comment iconコメント ( 4 )

一度見てみたいなあ。 でも今年もアルペン猫さんの記事で見せてもらったので、それで満足します。
ここのは大人気なんですね。 出店もテントも立派。
私は事故があると村全部の牛飾りがなくなるとかと思ってたけど、
何かあったグループだけ飾り無しなんですね。
でないと村の人達も盛り上がらないし、観光客はもっとがっかりですものね。

普通の椅子とテーブル。 (笑)

名前: REI [Edit] 2015-09-24 19:03

これはlebensgefahrですねー
歩けたらステキそうなところですね
キャラウェー!
結構なんにでも入ってません?パンとか・・・
私苦手で、キャラウェー入りのパンなんてうっかりかっちゃったら涙ものでしたー
確かに普通のイスとテーブルですね(笑)

名前: ししゅうねこ [Edit] 2015-09-24 23:20

コメントありがとうございます♪

★REIさん
アルゴイ地方以外ではどこでも9月の週末にやってるし、特にチロルはかなりあちこちでこの行事が行われてるみたいなので、9月、週末に合わせてチロル方面にいらしたら見られる機会あると思いますよ!^^
ここのは牛の数自体はそれほど多くないけど、すぐ近くにミッテンヴァルトという観光客に大人気の町があるから、それで訪問客もそれなりに多いようです。
今回は3~4つのアルムからの牛たちが戻ってきてました。以前他の場所で見た時もそうだったんですが、事故があったアルムの牛だけ飾り無しになるみたいです。

椅子とテーブル、ビアガーデン用の普通のでしょう(笑)。

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-09-25 03:48

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
肉眼で見た時は、”端につかまってれば歩けるかな??”と思ったんですが、拡大してみて、あー、無理だわ~・・・と思いました^^;
またいつか機会があったら歩いてみたいです!
キャラウェー、いろんなものに入ってます、入ってます!私も苦手(>_<)
相方がこれが入ったパンが好きでよく買ってくるんですが、私は食べられません(汗)。
ドイツ人、これ、好きな人多いけど、私は未だにダメです・・・。
椅子とテーブル、ビアガーデンにあるのと一緒だけど、一つ違いを今発見!
椅子に背もたれ、こんなの経験ないですー^^;

↓レスに後で付け足しで書きましたが、ヤギと羊のことを、私、勘違いしてレスしてましたm(__)m

名前: アルペン猫 [Edit] 2015-09-25 03:53

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)