FC2ブログ

皆様、あけましておめでとうございます!
昨年中、当ブログにご訪問いただいた方々、ありがとうございました。
今年もぼちぼちと更新を続けていきたいと思ってますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、前回記事の山歩きの後も好天気が続いてたので、その後二回ほど山歩きをしました。今回は、クリスマスの祝日の日の山歩きについてです。この日もいつもの列車、BOBに乗って現地へと行きました。
Seebergkopf(ゼーベルクコプフ)という山へのコースは列車を下りてすぐに駅から歩きをスタートできること、コース全体としては休憩を含めても5時間以内で歩けそうということで、ここを選びました。





・目的の山 【Seebergkopf 1538m】  ”簡単”となってるコースです。所要時間は、登りは2時間~2時間半、下りは1時間半くらいのコースとなってます。周回コースもありますが、私は今回は、所要時間のことも考えて往復同じ道を歩きました。


・スタート地点 【Bayrischzell駅 800m】  Bayrischzell(バイリッシュツェル)駅は、いつも利用してる列車BOBが走る路線の、最終駅のうちのひとつです。この駅から山歩きをするのは今回初めてです。

歩いた日 2015年12月26日







こちらが到着の、Bayrischzell(バイリッシュツェル)駅です。
a1_201601020732587af.jpg


続きは↓に畳んでアップしてます。



列車を下りると、今日の目的の山、Seebergkopf(ゼーベルクコプフ)の山頂が南方向に既に見えてました。
a2_201601020733204bc.jpg


そして駅から歩き始めたら、ああ、道草の原因となるものがそこに・・・^^;
a3_2016010207332223f.jpg


もう一匹いました!川の前で何してたんだろう・・・。 どちらも飼い猫ですよ。
a4_20160102073323941.jpg


ずっと見ていたい気持ちを抑え、先へと進みます・・・。
a5_20160102073324711.jpg


ちょっと大きめの道路を渡るとミニゴルフ場があって、その横から登山道が始まります。
a6_20160102073336b14.jpg


ここが登山口。
a7_201601020733388ee.jpg


Seebergkopfへは青丸印(=簡単コース)で、2時間15分となってます。
a8_2016010207333951d.jpg


なかなか歩きやすい道からスタート。
a9_20160102073340ad3.jpg


今回のコース上の木々や石には、青いペンキが塗られてました。
a10_20160102073342271.jpg


道がきちんと整備されてて、すごく歩きやすかったです。
a11_20160102073444333.jpg


眺めもいいので、最初からワクワク気分で歩きました。
a12_201601020734469cb.jpg


a13_20160102073447b85.jpg


スタート地点のバイリッシュツェルの村で、左の一番高い山はWendelstein(ヴェンデルシュタイン、1838m)です。
a14_201601020734486b5.jpg


頂上付近をズームで。下の建物はケーブルカーの山頂駅で、その右少し斜め上に、ドイツで一番高い場所にある教会があります。山頂にあるのは天文台などです。
a15_20160102073450b94.jpg
教会よりもっと小さい”チャペル”だと、もっと高い位置にあるものもあります。”教会”としては、ここが一番高い場所だそうです。



ずっと眺めのいいコースなので、歩いてて退屈しません。
a16_20160102073500e09.jpg


所々ベンチも設置されてるので、休憩もしやすいです。
a17_20160102073502f7e.jpg


朝日が気持ちよかったです!
a18_201601020735032df.jpg


ヒメハギ科の花をいくつか見かけました。 Buchs-Kreuzblume(Polygala chamaebuxus)
a19_20160102073505867.jpg


道の横に、水がちょろちょろと出てて、小さな標識がそこに。
a20_2016010207350678d.jpg


”聖ヨーゼフのデリシャス水源”とあるのですが・・・、水、あまりきれいに見えなかったので飲む勇気はなかったです^^;
a21_20160102073614c19.jpg


牛避けの場所まで来ました。
a22_20160102073616c07.jpg


こういう道、大好きです♪
a23_2016010207361681f.jpg


Ursprungtal(ウアシュプルング谷)がきれいに見えてました。約5km先はチロル(オーストリア)領域になります。左側に山頂が見えてる山は、7月に登ったTrainsjoch(トラインスヨッホ、1707m)で、尾根沿いに国境が走ってます。
a24_20160102073618d0b.jpg


グループの人たちに追い抜かれました。 私は写真撮影で時間がかかるので、いつも追い抜かれます・・・。
a25_201601020736190be.jpg


Neuhütte(ノイヒュッテ、1232m)に到着です。
a26_201601020736315f7.jpg


1678年に建てられたアルム小屋だそうです。夏のシーズンの間だけ営業しています。
a27_20160102073633aad.jpg
チャボアザミでできた十字架がかわいい♪


アルム小屋の後ろには林道がありますが、山頂へは右の細い登山道へと進みます。
a28_20160102073634e07.jpg


営業はしてないけど、小屋の方はこの日はいらっしゃるようでした。
a29_201601020736362e0.jpg


この道からの眺めもよかったです♪
a30_20160102073637bf3.jpg


夏に咲くリンドウの花を2輪見つけました。狂い咲きですねぇ。
a31_201601020737392f0.jpg


a32_20160102073742970.jpg


簡単コースとはいえ、道もいろいろで、眺めもいいし、本当に退屈しません。
a33_20160102073743d9b.jpg


次のアルム、Seebergalm(ゼーベルクアルム、1360m)が見えてきました。
a34_201601020737449c8.jpg


このアルム小屋からは右に折れるように進みます。山頂まではここから20分の距離。
a35_20160102073745762.jpg


ずっと追い抜かれてばかりです・・・。
a36_20160102073801856.jpg


そして最後はちょっとだけ勾配がきつくなります。
a37_20160102073802e3a.jpg


山頂の十字架が見えてきました!
a38_20160102073804b8a.jpg


到着です!約2時間半かかりました。
a39_20160102073805084.jpg


スタート地点のバイリッシュツェルの村もよく見えます。影になってる山の山頂部分にいます。
a40_20160102073807e01.jpg


↑から左にずれて西の方向の眺め。列車はここを走ってきました。
a41_20160102073907591.jpg


遠く南の方向にはアルプスもきれいに見えてました。
a42_20160102073908ff6.jpg


↑から右にずれた方向の眺め。
a43_20160102073910233.jpg


お天気がいいので、皆さん、日光浴を楽しんでらっしゃいました。
a44_20160102073911048.jpg


冷凍保存してたよもぎアンパンを持ってきました♪
a45_20160102073913fb5.jpg

休憩した後は下山です。同じルートを戻りました。


下りは約1時間半かけてまた駅へ。列車の時間まで30分以上あったので、近くの店でビールを1杯飲みました♪
a46_20160102073924238.jpg
窓の向こうに写ってる山は、今回登った山の山頂です。


山頂の上に、飛行機雲の十字架ができてました。
a47_201601020739253bc.jpg


そしてまた列車で帰宅の途へ。
a48_2016010207392789e.jpg


往路2時間半、復路1時間半、休憩時間などを含めて全体で4時間半、歩いた距離は約10.5kmほどで、今回のこのコース、お気に入りのコースのひとつとなりました。今度はアルム小屋が営業してる夏にまた歩きたいと思います。

Zwiesel(Blomberg)、1348m

Baumgartenschneid(1449m)とRiederstein(1207m)

comment iconコメント ( 10 )

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

なかなか精力的に歩いていらっしゃるようで。それにしても山頂の十字架に、飛行機雲の十字架なんて珍しいコントラストですよね!
ところで、もしかして年始も山歩き行かれたのですか?

名前: 居酒屋与太郎 [Edit] 2016-01-02 16:10

あけましておめでとうございます。
あつかましくコメント欄にお邪魔しちゃいました。
バイエルンの山歩き、良いですね。
写真で一緒に行った気分にさせてもらっています(^^)

私の住む辺りは山というよりワイン用のブドウ畑の散策コースがたくさんありますが、なにせ夫が出不精で一緒に歩く人がいないので行けずにいます。
それに一番心配なのがトイレで。
歩いてる途中で行きたくなって困ること、ありませんか?

名前: かみーれ [Edit] 2016-01-02 21:59

今年もよろしくです♪
なんだかハイキングって言葉がぴったりな感じですね~
alpenさんの楽しい感じ、写真から伝わってきます!
冬の空気は澄んでいて、遠くまできれいに見えますね
暖冬すぎて気持ち悪いけど、ちょこっと感謝ですねww

名前: ししゅうねこ [Edit] 2016-01-02 22:18

コメントありがとうございます♪

★居酒屋与太郎さん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

12月に山歩きだなんて通常私には無理なことなので、雪がないのをいいことに精力的に歩きました^^
飛行機雲は、最初は意図的にやってるのかと思ったんですが、民間機も同じ高度でたくさん飛んでる場所なので、見てるとどうもたまたまそうなったようにも見えて、かなり気になりました。
こちらは年末年始はぐっと冷え込んで久々の雨模様になったので、年明けてからは自宅でゴロゴロです^^;

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-01-03 00:25

コメントありがとうございます♪

★かみーれさん
あけましておめでとうございます!
訪問してくださるだけでもすごく嬉しいし、もちろんコメントも大歓迎です^^
山歩きは最初はいやいやながらやってたんですが、今ではすっかり趣味になってしまいました←友人に、「そういう年齢になったのよ」と言われました(爆)。
ブドウ畑はこちらにはないので、別の地域に出かけるとついつい見てしまいますね~。そういう場所を散策もやってみたいです。
私は最近はもっぱら一人でばかり歩いてます。慣れると、一人が楽でして^^;
相方(夫)は夏に一緒に出かけても彼はマウンテンバイクなので、結局いつも別行動です。
基本、電車で出かけてる時は全行動いつも一人です。
トイレは、はい、仰るように難しいことですが、道中でも要領よくやれる技を身につけました(笑)←視界の悪い山の中限定ですが^^;
それでもやっぱり道中では無理なことがほとんどなので、そういうのも含めて、山歩き中は自分自身のコントロールも大事だなといつも感じます。

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-01-03 00:33

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
こちらでもまたよろしくお願いします!^^
今回の場所は、仰るようにハイキングって言葉が似合うコースでした!
本当は別のコースを予定してましたが、前日にこのコースを本で見つけて、それで急遽予定変更したんですが、これが大正解の楽しい歩きになりました♪
寒い時期は汗だくにならなくて歩きやすいし、眺めもいいし、雪がなければもっと歩きたいなあと思いました。
毎年暖冬だと心配ですが、たぶん今年だけと思うので、いい方に考えて楽しもうと思ってます^^

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-01-03 00:38

アルペン猫さん、あけましておめでとうございます。

なるほど~・・・スタート地点の駅から山頂までどの写真も景色や眺めがいいし、特にこの日のような晴天だと最高のハイクができそうな素敵なお山ですね。
300年以上前に建てられた小屋、結構大きいですね。
夏だけ営業って、食事したり宿泊できたりするんでしょうか?

山頂、広ーい!皆さん、気持ちよさそう。。。
スタート地点の村と奥の山々の眺望、羨ましいです(^^

いつもキレイな写真と詳しいレポ・・・感心して読んでいます。
アルペン猫さん、今年もよろしくお願いいたします!

名前: としパパ [Edit] 2016-01-05 21:02

コメントありがとうございます♪

★としパパさん
改めましてあけましておめでとうございます!

今回の駅方面へは過去には車で一度だけしか来たことなかったのですが、駅からスタートできるコースがいろいろとあるようなので、今年の夏はこの周辺の他の山も歩いてみたいなと思ってる最中です^^
夏だけ営業の小屋は、宿泊はできなくて、食事も飲み物とあとはパン、ソーセージ、チーズのような簡単なもの、プラス、ケーキ類だけでしょうか。でも暑い夏だと、飲み物が提供されてるだけでもとても助かります。
山頂周辺は全部は写しきれなかったけどもっともっと広くて、夏だったらお昼寝したいくらいでしたよ(笑)。

私は本当に素人の山歩きをやってて専門用語とかも分からずかなり適当に書いちゃってるので、そんなブログを訪問して読んでくださる方々には感謝、感謝です^^
こちらこそ今年もよろしくお願いします!

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-01-06 03:22

アルペン猫さん、こんにちは。

やっぱりそちらのお山は頂上に十字架があるんですね。
日本の山に、祠があるのと同じ感じなんでしょうね(^-^

12月末でも雪はないんですね。今年は特に暖冬みたいですから。

先週から日本でも寒波が押し寄せていまして、低山でも雪がありそうです。

登山の後のビール・・・・いいですね(^-^)

ことしもよろしくお願いします

名前: やまびこ [Edit] 2016-01-21 20:33

コメントありがとうございます♪

やまびこさん、こんばんは!

こちらの十字架といい、日本の祠といい、やはり山には信仰心的なものがあるんだなと感じますね。
十字架も、シンプルな木の板だけのものだったり、立派な金属製のものだったり、いろいろありますよ^^
こちらは先週末からすっかり冬らしくなりまして、私が住んでる場所でも雪が積もってて、最高気温も氷点下のままです。
でも日暮れもかなり遅くなったので、今はもう、山に花が咲き出す春の季節が待ち遠しいです^^

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

名前: アルペン猫 [Edit] 2016-01-22 01:45

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)